Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第5戦SUGOポールポジション会見 野尻智紀「とにかく勝ちたい、その一言に尽きる」

予選記者会見: 両クラスのポールシッター

GT500クラスポールポジション #8ARTA NSX-GT

野尻智紀(ARTA)

「今週走り出してからずっと調子も良かったですし、チームがここまですごく頑張ってくれたことを僕たちも知っていたので、なんとかこの菅生大会で結果を出したいと強く思っていましたので、この予選では福住選手が素晴らしいアタックをしてくれてポールを取れたことを非常に良かったなと思います。自分たちで作ったこの波を逃さないように、明日も力強く戦いたいです」

「セットアップについては一から全部洗いざらいやってきました。セッションの進め方やコミニュケーションの取り方も話し合ってきましたが、まだまだ伸び代はあると思っています。」

「とにかく勝ちたい、その一言に尽きるかなと思います。東北のSUGOでやるのも久々ですし、このサーキットしか来れない方もいらっしゃるでしょうから、その方達の前でいい走りをしたい、と強く思います」

福住仁嶺(ARTA)

「鈴鹿大会の成績が良くなかったので、チームと細かいミーティングをやりました。普段も真剣にやっていますけど、いつも以上に真剣に考えて、『このままじゃだめだ』と。野尻さんやいろんな人に協力してもらって、その結果ポールが取れたので、一安心しています。でもやはり本番は明日ですので。前回も決勝は良くなかったですが、ポイントのことを考えると今回はなんとしても優勝したいと思うので、明日のことをチームと考えていきたいです」

「こういう難しい時期ですが、お客さんに来ていただいていますし、僕らも力を発揮できればと思います。とにかく勝ちたいですね。この一戦は今シーズンの中で重要な一戦になると思います。頑張ります」

GT300クラスポールポジション #61SUBARU BRZ R&D SPORT

井口卓人(R&D SPORT)

「山内選手が練習走行で非常にいいタイムを出してくれて。予選に向けて不安もありながら、クルマのセッティングもチームが色々変えてくれたので、アタック中はすごく気持ちよく走れました。山内選手もQ2でトラフィックがありながらも素晴らしいタイムで帰ってきてくれて、ポールポジションが取れたのは非常に嬉しいですが、やはり決勝レースのことを考えるとなかなか喜べないというのもあります。でも本当はめちゃくちゃ嬉しいです」

「予選に関しては充分な速さがあるので、常に同じことを考えていますが、決勝でなかなか思うように走りきれません。クルマが新型に変わって少しピーキーな方向に行っている部分もあるので、決勝ではいかにしなやかに乗るか、というのを考えています。オートポリスでのメーカーテストではその点を課題にしてやってきて、雨の中ではありましたが、色々トライして改善してきた部分がすごくあります。それを決勝で確かめるレースになると思いますが、なんとかぶっちぎってBRZの勝ちパターンに嵌め込めるようにしたいです」

山内英輝(R&D SPORT)

「チームがすごくいいクルマを作ってきてくれたおかげで気持ちよく走れましたし、トラフィックはあったんですけど、みんなきっと退いてくれるだろうと信じ切って踏んでったので、そんなに影響はなかったかなと思います。鈴鹿と同じで予選のパフォーマンスに関してはすごくいいクルマをチームが持ってきてくれているので、それを出し切った結果がこれだと思うので、チームのみんなで取ったポールだと思います。ただ井口選手も言ったように鈴鹿の悔しい気持ちとうまく行かなかった思いがあるので、明日も記者会見場に戻って来れるように頑張りたいなと思います」

「本当にたくさんの方が応援してくださっていると思うので、その声援に応えられるように頑張りたいと思います。明日必ずここに戻ってきます」

Text & Photo: Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース