Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第4戦もてぎGTA定例会見2 2022シーズンからレース距離が延長に

GTA定例記者会見: レース距離が伸びればタイヤのスペックも変わるか?

7月18日にツインリンクもてぎで行われたGTAの定例会見では、今後のカーボンフリーを見据えた取り組みや、コストダウンについての考えも現在スーパーGTに参戦しているマニファクチャラーと話し合いを進めていると坂東正明会長はコメントした。

現在F1やWRCなどでも検討を進めているe-Fuelについても、現在様々な方式が模索されているが、マニファクチャラーの協力を得て入手可能なものからテストしていきたいとのこと。

また、レースでのCO2排出にとどまらず、製造工程における排出削減を達成するために、タイヤの持ち込み本数の制限や、エンジンの燃費改善にも取り組んでいく。

そのため、2022年からは決勝のレース距離を延長することを考えているという。

現行の燃料タンク容量のままレース距離を延長することで、現在のように規定周回の1/3を消化してすぐに給油とドライバー交代を行うといった作戦は出来なくなる。それでは最後まで燃料がもたないからだ。

これにより、予選からライフの長いタイヤを使用する必要が生じ、併せてエンジン自体の効率向上が求められるようにもなる。

具体的には燃費の計算を踏まえて設定することになるが、おそらく350km〜360kmになるのではないかとのことだ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース