Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第4戦もてぎGTA定例会見1 2022年シーズンも国内8戦で

GTA定例記者会見: スターティンググリッド

スーパーGTを運営するGTアソシエイション(GTA)は7月18日、スーパーGT第4戦が開催されているツインリンクもてぎで定例会見を行った。

会見には坂東正明会長が出席。第3戦鈴鹿の延期の経緯や来年のカレンダー、カーボンフリーに向けての将来の取り組みなどについてコメントした。

5月に予定されていた第3戦鈴鹿大会については、関係者へのPCR検査の実施やドクターヘリの確保など、昨年から行ってきた感染防止対策の徹底により、当初は開催が可能と考えていたが、三重県の感染状況ががステージ4に入ったことや、鈴鹿市が蔓延防止措置の対象区域となったことでやむを得ず延期に至ったとのこと。

当初は鈴鹿以外での開催や、最終戦としての開催など、さまざまな可能性を模索していたが、8月に予定されていた鈴鹿10Hが海外チームの入国の問題、ロジスティクス面などを考慮した結果、中止となったことで、この時期がベストではないかと判断したという。

また、今後ワクチンパスポートの運用などを予定しているかとの質問に対しては、全員が2回のワクチン接種を終えている、という前提があれば考慮するが、現状は接種を済ませた人、済ませていない人が混在している状況であり、従来通りのガイドラインに従って感染防止措置を継続する方が現実的であると判断しているという。

今後ワクチン接種が進んでいけば、そうした方法でのパスコントロールも考えていくとのことだ。

また2022のカレンダーについては、現在各サーキットを通じてJAFに申請を出している段階とのことだが、GTAとしては国内のみでの8戦開催を要望しているとのこと。

詳細な日程はJAFの決定を待つ段階だが、開幕戦を岡山で行い、富士と鈴鹿で各2戦、そしてSUGO、もてぎ、オートポリスが各1戦で考えているという。

マレーシアやタイでの海外戦については、2022年での開催はまだ難しいということで、2023年にウィンターレースとして開催できないか、これから検討していきたいとしている。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース