Archives

  • [—]2021 (172)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第2戦富士決勝会見 佐藤蓮「プレッシャーをかけ続けました」

決勝記者会見: トップ3のドライバーたち

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)

決勝記者会見: 優勝した佐藤蓮(TODA RACING) 「昨日の反省を生かしてプレッシャーをかけられるところではかけていくようにしました。単独で抜くのは難しいので、名取選手のミス待ちという状況でプレッシャーをかけ続け、後半で何とか隙きを突いて抜くという組み立てを考えていました。その展開どおりになり初優勝することができて嬉しいです」

「セットアップに関しては序盤から詰めて行けるようなものにして、それが上手くハマったと思います」

「セクター3は昨日からあまりペースが良くなかったのですが、ドライビングでも少しずつ改善して、それがレース後半に向けてどんどん成熟していったのかなと思います。(名取選手を)パスすることができファステストも記録してフルポイント獲得できました。(シリーズの)スタートダッシュとしてはいい感じです。第3戦も前を目指していきたいと思います」

2位 名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)

決勝記者会見: 2位の名取鉄平(B-MAX RACING TEAM) 「良いスタートが切れて、1周目、2周目はマージンを築くことができたのですが、その後は厳しい状況でした。追われる極限状態の中で自分がフロントをロックさせてしまうというミスがあり、そこで抜かれてしまいました。(ミスは)自分の弱さかなと思います」

「昨日より辛いところも良いところもあって、すべてが良くなったわけではありませんでしたが、自分としてはもっと(マシンに)合わせるべきだと思いますし、午後、路面が変わっても再び優勝できるように気を入れ直して頑張りたいです」

「去年は菅生の予選で雨が1回あったと思いますが、正直、(雨のレースを)確実に100パーセント分かっているわけではありません。雨は比較的得意な方なので、もし雨が降っても、どんなコンディションでも自分と戦いながら優勝を目指していきたいです」

3位 野中誠太(TOM'S)

決勝記者会見: 3位の野中誠太(TOM\'S) 「まずはスタート、昨日はすごく失敗してしまったので、エンジニアさんともミーティングをして細かいところまで分析しました。今日は普通のスタートを切ることができ、ペース的にはあまり良くはなかったのですが、その中でもできる限りミスなくペースを保てるように頑張りました」

「展開にも恵まれて、表彰台に登ることができましたが、正直トップ2の選手に比べたらタイムも良くないですし、課題もたくさんあるので、そこはこの結果に満足せずにもっともっと上を目指していきたいと思います」

「今回スポット参戦という形でチャンスを頂いて、本当にに多くのことを学ぶことができました。3位は良い結果だと思いますので、自信を持ってFIA-F4もチャンピオンを確実に取るという気持ちで頑張りたいと思います」

まとめ & Photo: Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース