Archives

  • [—]2021 (257)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス決勝会見 舘信秀「一貴には悪いけど、すぐにレギュラーにしてもいいんじゃないかと思えてきた(笑)」

第3戦優勝 ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

「良いスタートができて、そこからもグリップが上がって来なくて大変でしたが、少しずつリードを広げてました。セーフティーカーが入ってリスタートになってからも簡単じゃなかったけど、安定して走ることができました」

「雨のスタートはGP3やF2で経験したけど、スーパーフォーミュラでも良いスタートができて本当に嬉しかった。鈴鹿ではスタートがうまくいきませんでしたから」

「中断中に待っているのはレースより辛かったです。ちょっと腰が痛くなりました」

(2戦目で優勝したことについて)「優勝のための勉強はしてるけど、優勝することは難しいことなので、どうやって速く走るかしか意識していませんでした」

「今はサーキットを学ぶことと、どうやって速く走るかだけを考えています。ポジションのことは今は考えていません」

第3戦決勝2位 松下信治(B-MAX RACING TEAM)

「今日のレースに関しては、ちょっと残念な終わり方ではあります。みんな走りたかったと思いますけど、しょうがない決断だったと思います。いろんな方の協力があって僕は今走れています。特別な思いを持って走っているので、どうしても結果が出したかったです。雨でも良いポジションで走れているので、良かったと思います」

「スタートでは3つぐらいポジションをあげたと思いますが、その後の1コーナーの飛び込みでいいポジションを取ることができました。その後関口選手のコースアウトがあってさらにポジションをあげられました。チームにとってもモチベーションをあげられる結果だったと思います」

「チーム体制の構築がドタバタで、4月にゼロから立ち上げたので、鈴鹿ではドタバタでした。田坂さんとはリアルでF3をやってた頃から顔見知りではありましたが、担当してもらうのは初めてです。1台体制で不利だとは思いますけど、その分僕の声がチームに届くので、いい面もあります」

「いろんな方の助けがあって走れているので、これからもいい結果を出してお返ししたいです。今回はハーフポイントですけど、今後もチャンピオンシップポイントを積み重ねたいです」

第3戦決勝3位 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

「フル参戦初年度で表彰台に上がれたのは良かったですし、チームに感謝しています」

「スタートではグリップの感触が思わしくなくて、1コーナーの出口で飛び出してしまいました。そこから一つボジションを戻したところでセーフティーカーが入りました」

「スタート直後のチームメイトのクラッシュについては何も聞いていませんでしたが、コース状況が変わることは無線で知らされていました。そういう意味ではいい状態で走れていたと思います」

「最後にレースを再開してもらって、もうひと勝負したい気持ちはありましたが、あの状況では仕方なかったと思います」

「ウェットはいい状態でしたが、ドライではまだ考えていくことが残っていると思うので、次はドライで戦って、いい結果を残したいと思います」

優勝チーム監督 舘信秀(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

「大変荒れたレースで、最後まで走ることはできませんでしたが、素直に嬉しいです」

「昨日も降ったり止んだりの荒れたコンディションの中で、チーム全体が落ち着いていたし、ジュリアーノ・アレジくんが落ち着いてて、良いタイミングでタイムを出しました。彼は非常に落ち着いていましたね」

「昨日のオペレーションは本当に上手だったと思いますね。チームチャンピオンなのでピット位置が一番前だったのも良かったと思いますが、まさかワンツーだとは思いませんでした。昨日からチームとしてはよくやったと思います」

「ちょっと今までにない、なんというか自分の息子が走ってるような感じでしたね。実はジュリアーノはまだまだだと思っていたので、あんなに完璧なレースをするとは思ってもいませんでした」

「これからがすごく楽しみになってきましたね。もっと時間がかかると思っていて、時間をかけて育てていきたいと思っていたんですけど、すぐにレギュラーでも良いんじゃないかと思えてきました。中嶋一貴には悪いんですけど」

「アレジはとても21歳とは思えないというか、社会人としてちゃんとしてるなという印象です。今までの選手が悪かったのかも知れませんけど」

「宮田もレースペースは良かったので、うまくスタートできていればワンツーもあり得たかなと思います」

「SUGOでは一貴をどうしようかなと思っていますが(笑)次戦も優勝を目指して頑張っていきます」

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース