Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JAF F4選手権

JAF-F4:第7戦もてぎ公式予選 徳升広平がハンマー伊澤を押さえてポールポジション獲得

 JAF-F4地方選手権シリーズ第7戦公式予選は9月5日(日)にツインリンクもてぎで行われた。

ポールポジションは徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大) 予選2位はハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ) 予選2位は三井優介(ecobest☆ハンマーR疾風) 予選2位は黒沼聖那(ファーストガレージ&Sウインズ) 予選2位は金井亮忠(チームNATS・正義・001) Hパターンクラス予選トップは川原悠生(ファーストガレージ&Sウインズ)

 前日の練習走行は小雨で路面はややウエット、スリックとウエットが入り混じる走行だった。それに対して本日は薄日が差していてトンネル内などにウエットパッチが残っているもののラインはほぼドライな状態で、各車この週末初めて走るコンディション。

 午前10時50分から20分間の予選が開始され、現在JAF選手権のポイントランキング1位の47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)を先頭に15台全車がスリックタイヤでコースイン。

 まずは徳升が、1分58秒367→1分56秒707とトップタイムを出しペースセッターになる。徳升に続くのはJAF-F4ルーキーながら4月のもてぎでの第2戦でデビューウインを飾った92号車・黒沼聖那(ファーストガレージ&Sウインズ)の1分57秒360、鈴鹿の開幕戦以来の出場となる20号車・三井優介(ecobest☆ハンマーR疾風)が1分57秒423で続く。

 徳升はさらにタイムを更新し、残り11分で1分56秒346をマーク。黒沼も1分56秒999と56秒台に入れるが、続いてコントロールラインを通過した三井が1分56秒377を出して2番手に浮上し黒沼は3番手。4番手にジェントルマンクラスながら毎回総合でトップを争う19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)。さらに菅生の第3戦で優勝の戦う先生、72号車・金井亮忠(チームNATS・正義・001)が5番手に上がってきたが、すかさず55号車・河野靖喜(CMS★RN2000)が上に来る、とめまぐるしく順位が入れ替わる。

 残り8分で三井が1分56秒162を出してトップ、今年度SRS-Fのスカラシップ候補生が初のもてぎでも速さを見せはじめる。すかざず徳升が1分55秒954と55秒台に入れてトップを奪回、3番手には金井が1分56秒620で上がってくる。

 徳升のタイムを上回る者はその後現れなかったが2位以下の争いがここから激化。まず残り6分でハンマー伊澤が1分56秒484で3番手に浮上するが金井はすかざず1分56秒483と0.001秒上回る。続いて残り3分で黒沼が1分56秒413で3番手へ。しかし金井も1分56秒392で再び3番手を取り戻し、さらに残り2分を切ったところでハンマー伊澤が1分56秒228で金井の上に行く。

 チェッカードフラッグが振られる中各車は最後のタイムアタックに挑み、ハンマー伊澤が第2セクターでトップタイムを出すと1分56秒002でコントロールラインを通過。徳升には0.048秒及ばなかったものの、三井を0.160秒上回って2番グリッドを獲得し、師匠の貫禄を見せた。4番手黒沼も最後のアタックで1分56秒219の自己ベストを出したが三井に0.057秒及ばず4位でセカンドロウを分け合った。

 ハンマー伊澤に続くジェントルマンクラス2番手は全体6位の河野が獲得した。またHパターンミッションのHクラスは86号車・川原悠生(ファーストガレージ&Sウインズ)が全体10番手でトップとなった。

■予選後のコメント

ポールポジション 47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大) 1分55秒954
ポールポジションの徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)  「何とかポールポジションを取れた。(2番手とは僅差だったが?)マシンにいろいろあって最後まで走れなかった。走れればもっとタイム出たと思うのだが、(トラブル?)ちょっとマシンに問題あってピットに戻った。それでも心配はしてなくて、マシンさえ直れば、あとは自分の走りさえできれば勝てると思う。序盤はいいけど終盤苦しくなりそうなので、それに負けずに、あきらめずに頑張る」
2位 19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ) 1分56秒002 トップと0.048秒差
予選2位のハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)  「(狙ってたタイムは出た?)本来なら1分55秒は当たり前、54秒も狙えるところなのだが、昨日の雨で路面の状態が悪くて55秒も無理だった。昨日までマシンの調子が悪くて、人間は調子よかったのだが全然まともに走らなくて、今回は駄目かなぁと思っていたが、最後の最後でなんとか2位に入れて、多少は面目が保てたかな(笑)。決勝では三井選手がスタートダッシュ早いので、逆に自分もそれについて行けるように走れればいいと思う。そんな弱気じゃいかんか(笑)」
3位 20号車・三井優介(ecobest☆ハンマーR疾風) 1分56秒162 トップと0.208秒差
予選3位の三井優介(ecobest☆ハンマーR疾風)  「(長らく2番手を守っていたが?)先頭でコースインしてクリアラップを取ることを狙っていたのだが、自分のミスでエンジン始動に失敗して後から出て行くことになった。前半はクリアな状態でアタックできていて、最初はトップや2番手にいたが、後半は前のマシンに引っかかって、間隔を空けたりしてアタックのタイミングを狙っているうちに時間がなくなってしまって3番手で終わった。3番手も悔しいが師匠(ハンマー伊澤)に負けたことが悔しい(笑)」

 決勝は午後2時40分開始予定。上位5台が0.5秒以内にいるだけに接近戦が予想される。その中で三井、黒沼という両ルーキーがどんな戦いぶりを見せるか注目される。

Text: Junichi SEKINE
Photo: Kazuhiro NOINE
Asako SHIMA
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース