Archives

  • [—]2021 (2)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第8戦富士予選会見 「何が起きるかわかりませんが、自分たちは油断することなく最後の1周まできっちり走り切る」(平川亮)

GT500 Class #37 KeePer TOM'S GR Supra

平川亮
走り出しとなった朝の公式練習から、クルマの調子はとても良かったですね。予選が終わったから話せることなんですが自分たちはタイヤ選択が違っているんです。タイヤ的には少し硬くて、予選では上手く温めるのはちょっと大変でしたが、温めたらちゃんとグリップしてくれました。予選では比較的路面温度も高かったのですが明日は寒くなるようで、慎重にウォームアップしようと思います。僕たちは開幕戦でポール・トゥ・ウインを飾っているんですが、それから1シーズンをかけてチームがより速いクルマに仕上げてくれました。だから今回はチームにとっても集大成のレース。Q2でアタックしたヤマケンの走りも凄かったんですが、第6戦の鈴鹿までチャンピオンを目指して一緒に戦ってきたニックからのメッセージにも力をもらいました。一緒にチャンピオンを目指していたので、自分がチャンピオンを獲ることができれば、彼もチャンピオンを獲ったことになるんじゃないか。そう思ってがんばってきました。今日に関しては完璧な1日になりました。ただし大事なのは決勝レース。何が起きるかわかりませんが、自分たちは油断することなく最後の1周まできっちり走り切る。そして、できれば開幕戦と同じようにポール・トゥ・ウインを飾りたいですね。あと、セーフティカーには出てきて欲しくないですね(苦笑)。
山下健太
ポールポジションを獲れて嬉しいというよりも、ホッとしたという気持ちが正直なところです。クルマもタイヤも仕上がりはとてもいい状態で。速い上に乗りやすかったです。自分のアタックもうまく決めることができました。といっても平川選手や小枝エンジニアが1年掛けて仕上げてきたクルマに、自分はただ乗せてもらっているだけです。前戦のもてぎからニックの代役として乗せてもらっているのですが、そのもてぎでは公式練習では調子良かったのですが、Q1落ちとなってしまって…。このクルマに乗って、しかも平川選手がチャンピオン争いしている状況でのQ1落ちで、自分の中ではもう最悪。普段はあまりへこむことはないのですが、今回はずいぶんと落ち込んでしまいました。でも、気持ちを切り替えるにしても、自分で結果を出して切り替えるしかないです。だから今日のポールで、少しですが切り替えることができると思います。明日の決勝は優勝しか考えていません。ポールポジションからのスタートなので、そのまま逃げ切って勝てれば、そう思っています。

GT300クラス #52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT

吉田広樹
ポールポジションを獲れてとても嬉しいです。開幕戦では勝つことができましたが、ポールを獲ってはいませんでした。今年デビューしたクルマをチームのメカニックたちが1年かけて良いクルマに仕上げてくれ、もちろんブリヂストンさんもいいタイヤを用意してくれました。そしてずっと応援してくれたファンの皆さん。すべての人に感謝しています。予選で自分はQ1を担当したのですが、まずは孝汰に繋ぐことが大事だと思っていました。自分のアタックは小さなミスもあって完璧なアタックにはできませんでしたが、そのミスも含めてクルマのインフォメーションをチームや孝汰に伝えました。そうしたらコータが完璧なアタックを見せてくれました。彼にも感謝したいです。GT300クラスはタイヤも多く、クルマも多種多様で決勝レースの展開はまったく想像できません。タイヤは、今日の予選ではベストマッチでしたが、明日の決勝レースでは、路面温度も気温も低くなるそうで、どうなのかは見えてきていない部分もあります。それにポイントランキングの上位が自分たちの後方にいます。今日のポールポジションで1ポイントを獲れましたが、彼らとのポイント差を気にしても仕方ないです。まずは自分たちが、いつも通りやってきたことを100%出し切る。そうすればタイトル争いは後からついてくる。そう考えて、まずは自分たちでできること、優勝を目指すだけです。
川合孝汰
ポールポジションを獲ることができて、とても嬉しいです。チームオーナーの平沼さんから、緊張を和らげてくれるトレーナーさんまで、もうチームの全員に応援してもらったおかげでポールを獲ることができました。予選ではQ1でアタックした吉田選手からアイデアをもらい、ちょっとしたセット変更をしてQ2に臨んだのですが、クルマのバランスなどが一層良くなり、またいい位置取りができたこともあって、完璧なアタックができました。ポールを獲ったことで1ポイントを稼ぐことができましたが、タイトル争いがシビアなだけに大きな1ポイントになると思います。明日の決勝レースについては、いつもできている以上のことは望んでも無理だと思っています。それでも初のポールポジションからスタートするからには優勝で終われればいいと思っています。だからいつも通りをミスなくやり遂げる。そのために楽なレースができるよう、きちんと準備をして明日の決勝に臨みたいと思います。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース