Archives

  • [—]2021 (2)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第8戦富士公式予選 スープラ勢が上位独占!! ポールポジションは#37KeePer #17 KEIHIN NSXはまさかのQ1敗退」

2020オートバックス スーパーGT第8戦「たかのこのホテル富士GT300kmレース」の公式予選が11月28日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、GT500クラスは#37平川亮/山下健太組(KeePer TOM'S GR Supra)、GT300クラスは#52吉田広樹/川合孝汰組(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)と両クラスでスープラがポールポジションを獲得。GT500クラスで上位4台をスープラが占めた。

公式予選は午後1時15分よりノックアウト方式で行われた。天候は晴れ。コースはドライ。しかし雲が多くなった影響からは開始時の気温は13℃、路面温度は17℃と公式練習よりも下がってきていた。

予選Q1

GT500クラスの予選Q1は午後1時48分にコースオープン。10分間の走行で上位8台が次のQ2に駒を進める。

公式練習より路面温度が下がったことで、タイヤへの熱入れを入念に行う必要があるためか、いつもより早めにコースインしていく各車。ここでウォームアップ走行を2周するか、3周するか、アタックを1周で終えるか、2周継続するかなど、ドライバーごとに判断が分かれた。

ウォームアップ2周でアタックに入った中で最も速かったのは#38石浦宏明(ZENT GR Supra)で1'27.046。#39中山雄一(DENSO KOBELCO SARD GR Supra)が1'27.071でこれに続く。

これに対しトムス勢の2台はウォームアップ走行を3周行ってからアタックに入る作戦を採り、#36サッシャ・フェネストラズ(au TOM'S GR Supra)が1'26.790を叩き出す。

さらに#37平川亮(KeePer TOM'S GR Supra)は3周のウォームアップの後に2周連続でタイムアタックを行い、1周目に1'27.608、2周目には1'26.722までタイムを縮めてトップでQ2進出を果たした。

2番手は#36フェネストラズ、#38石浦が3番手で続き、#39中山が4番手と、公式練習に続いてトヨタスープラ勢が上位を独占した。

#64大津弘樹(Modulo NSX-GT)はホンダNSX勢最上位の5番手。#23松田次生(MOTUL AUTECH GT-R)がニッサンGT-R勢最上位の6番手でQ2に進出した。

その一方で前戦もてぎで優勝した#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)は11番手、ドライバーズランキングトップの#17ベルトラン・バゲット(KEIHIN NSX-GT)が12番手に終わり、ここで予選を終えることになった。

GT300クラスは今回もA、B二つのグループ位分かれてQ1を行った。

A組では#48田中勝輝(植毛ケーズフロンティアGT-R)がコースイン直後にコカコーラコーナーを飛び出し、フロント部分にダメージを負ってしまったため、ノータイムで出走嘆願を出すことに。また#55大湯都史樹/松下信治組(ARTA NSX GT3)も公式練習中にエンジントラブルが発生したため、やむをえず予選への出走を取り止めている。

トップタイムを記録したのは#11平中克幸(GAINER TANAX GT-R)。チェッカー提示直後に1'36.131を叩き出した。

2番手は#52吉田広樹(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)で1'36.156。#96新田守男(K-tunes RC F GT3)が3番手。ポイントリーダーの#56藤波清斗(リアライズ 日産自動車大学校GT-R)も4番手でQ2進出を果たした。

B組は#6阪口良平(ADVICS muta MC86)がトップで1'35.776。56号車とチャンピオンを争う#65菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG)は1'35.914と僅差の2番手。#61井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)が1'36.248で3番手だった。

予選Q2

8人のドライバーがポールポジションを争う、GT500クラスの予選Q2は午後2時26分にコースオープン。ここでもウォームアップ走行を2周してアタックに入るか、3周行うかで判断が分かれることになった。

#38立川祐路(ZENT GR Supra)、#39ヘイッキ・コバライネン(DENSO KOBELCO SARD GR Supra)、#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)、#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)らはウォームアップを2周してアタックに入る作戦を取り、#39コバライネンが1'26.753を記録して一時トップに立つ。

しかし#37 KeePer TOM'S GR SupraはQ1に続いてウォームアップ3周、アタック2周という作戦を採り、山下が2周めのアタックで1'26.386を叩き出した。これは今季第1戦の予選Q1で#8福住仁嶺(ARTA NSX-GT)が記録した1'26.433を上回るコースレコードだ。これにより37号車が見事ポールポジションを獲得した。

フォーミュラEへの参戦準備のためにチームを離脱したニック・キャシディに代わって前回の第7戦もてぎからチームに加入した山下は、その最初の予選で屈辱のQ1落ちを経験。そのことがトラウマになっていたのでチームに頼み込んでQ2を走らせてもらった、と予選後のテレビインタビューで語っていたが、今回の予選では見事に雪辱を果たしたばかりか、チームメイトの平川に貴重な1ポイントをもたらすことになった。その平川は「Q1無理です、とか言っておいてポールを取るって、ズルくないですか?」と嬉しいような、悔しいような、複雑な気持ちを口にした。

しかしこれにより平川のドライバーズポイントは52となり、#17塚越広大/ベルトラン・バゲット組(KEIHIN NSX-GT)を1ポイント上回り単独トップに躍り出て明日の決勝に臨むこととなった。

予選2番手は#39ヘイッキ・コバライネン/中山雄一組(DENSO KOBELCO SARD GR Supra)、3番手には37号車と同じく3周ウォームアップ作戦を採った#36関口雄飛/サッシャ・フェネストラズ組(au TOM'S GR Supra)が続き、#38立川祐路/石浦宏明組(ZENT GR Supra)が4番手と、Q1に続いてスープラ勢がトップ4を独占する結果となった。

ホンダNSX勢最上位は#64伊沢拓也/大津弘樹組(Modulo NSX-GT)の5番手。ニッサンGT-R勢の最上位は#23松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)の6番手だった。

GT300クラスは午後2時8分にコースオープン。各車続々とコースインする中、ポイントリーダーの#56ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(リアライズ 日産自動車大学校GT-R)は少し遅れてピットアウト。

ここでいきなりコースレコードを叩き出したのがルーキーの#52川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)だ。タイムは1'35.068。2016年に小林崇志(#55ARTA BMW M6GT3)が記録した1'35.707を大きく上回った。

残り時間1分を切ったところで#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)が1'35.009と川合のタイムを上回るが、川合は次のアタックで1'34.665とさらにタイムを上げ、2番手以下を突き放して自身初のポールポジションを獲得した。

2番手は#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)、今季2回のPPをこの富士で獲得している#6小高一斗(ADVICS muta MC86)が3番手だった。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース