Archives

  • [—]2020 (381)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第9戦オートポリス決勝 ポールの#36宮田が独走で今季7勝目

2020全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第9戦の決勝が11月14日、大分県のオートポリスで行われ、#36宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)がポール・トゥ・フィニッシュで今季7勝目を挙げた。

21周の決勝がスタートした 優勝は宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) 決勝2位は阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX) 決勝3位は名取鉄平(TODA FIGHTEX ) マスタークラス優勝は 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)

第9戦決勝は午後1時45分より21周で行われた。天候は晴れ。気温は16℃まで上昇してきた。

ポールポジションの#36宮田は予選2番手の#50阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)の牽制にも怯まず、トップで1周目の1コーナーに飛び込むと、レース中盤まではただ一人1分37秒台のハイペースで周回を重ねて後続を突き放しにかかる。10周終了時点での2位#50坂口との差は4.729秒にまで広がった。

その後ろでは#2名取鉄平(TODA FIGHTEX )と#37小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が3位争いを展開。スタートでアウトから並びかける#37小高を退けた#2名取がやや先行する形で走っていたが、14周目に入ったところで37号車からラジエタークーラントのようなものが漏れ始めたため、小高は惜しくもコース脇にクルマを止めてレースを終えることになった。

代わって#35河野駿佑(RS FINE K&N 320)が4位に浮上。これを今回から参戦した#13石坂瑞基(B-MAX ENGINEERING)が僅差で追い上げる展開となったが、#35河野は最後までポジションを守り切った。

一方、トップの#36宮田は終盤こそ1分38秒台までペースを落としたものの、それでも2位阪口との差を着実に広げ、最後は8.355秒もの大差をつけてゴール。第8戦SUGOに続いて今季通算7勝目を挙げた。

2位は#50阪口、3位には#2名取が入った。

またマスタークラスは#10植田正幸(Rnsports320)が18周目の12コーナーでコースオフしてガードレールに突っ込み、そのままレースを終えることに。#30DRAGONが唯一の完走者となっている。

表彰式 マスタークラスの表彰式

第10戦決勝は明日の朝8時25分より14周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース