Archives

  • [—]2020 (358)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第4戦オートポリス予選会見 「ずっとGTでは仁嶺の方が速かったので、今日は勝てて嬉しいです(笑)」(野尻智紀)

第4戦ポールポジション #16野尻智紀(TEAM MUGEN)
いろいろ波乱のある中、自分たちのやってきたことを信じて、動じることなく進められたのが良かったです。中断の間にいろいろリクエストして、チームにハードワークを強いてしまった部分もあったので、感謝しています。そういう意味でも結果を残せてよかったです。僕らのクルマはフロントタイヤの暖まりが悪かったので、フロントだけ皮剥きをしました。決勝では有利なポジションなので、スタートをしっかり決めて、自分の力を出し切りたいですう。ずっとGTでは仁嶺の方が速かったので、今日は勝てて嬉しいです(笑)
第4戦予選2位 #6福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
昨日から調子良かったので予選は自信がありましたが。このところQ1落ちすることが多かったので不安はあったんですがQ1もQ2も無難にまとめられました。Q3も自信がありましたが、あと一歩足りずに2位なのは悔しいです。でもQ1落ちから脱出できたのは良かったです。先週のGTで優勝できたことで悪い流れを立ち切れたのかも知れません。そういう意味では野尻さんのおかげですね。
第4戦予選3位 #5山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
悔しいがまあいい予選ができました。昨日の終盤にトラブルが出てニュータイヤを履けなかったのは痛手でしたが、福住選手のデータを生かすことができました。速いチームメイトがいて助かりました。開幕3戦トヨタエンジンユーザーに負けているので、トップ3をホンダで占めることができたのは良かったです。決勝もこの流れを維持したいです。(スーパーGTの)8号車のドライバーが1-2位なのは100号車のドライバーとして悔しい面もありますが、決勝で結果を出したいです。オートポリスは今年のどのサーキットよりもタイヤに厳しいと思ったので、昨日はロングランに専念しました。今はそれが良かったと思っているので、決勝ではこの2台の前に立ちたいです。自分のレースができれば勝てると思うので、しっかり準備したいですね。
まとめ:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース