Archives

  • [—]2020 (49)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:第2戦岡山決勝 上村優太が開幕2連勝 プロアマクラスは浜崎大が、アマクラスは高田匠が優勝

決勝のスタートシーン

 6月28日、岡山国際サーキットでPCCJ第2戦が開催された。

 前夜から降った雨も上がり、コースインとなる時刻にはドライコンディションとなった。

 昨日行われた予選での2ndラップタイムによりスターティンググリッドは決定されている。

 #31上村優太がPPを獲得。2番手に#60小川諒、3番手に#20石坂瑞基、4番手は#24近藤翼とオーバーオールの4台が先頭グループにつける。5番手にプロアマクラストップの#98IKARI、6番手にクラス2位の#77浜崎大、7番手にクラス3位の#25内山清士、8番手はアマクラストップの#21高田匠、9位にクラス2位のSKY Chen、10位にクラス3位の#15神取彦一郎、11位はクラス4位の#51春山次男ときれいに3クラスが分かれたグリッドとなった。

総合優勝の上村優太 プロアマクラス優勝の浜崎大 アマクラス優勝の高田巧

 11:35にフォーメーションラップがスタートし、15周の決勝レースがスタート。

 グリッドどおりのきれいなスタートから、プロアマクラスは#98IKARIをとらえた#77浜崎が先行する。#98IKARIは序盤にスピンし#25内山がプロアマクラスの2位に浮上する。

 11周終了時点では、#31上村の0.7秒後方に#60小河がせまり、13周目には0.3秒差までつめよる。14周目の攻防で#60小河が後退し#31の1.1秒差に#24近藤がつける展開になり、#60小河が3位となった。

 15周のレースのチェッカーは#31上村が連勝。#24近藤も2戦続いての2位。3位表彰台には#60小河が入った。プロアマクラスは#77浜崎が優勝。2位に#25内山、3位には#98IKARI,アマクラスは#21高田が連勝。#36Chen,#15神取までが表彰台に上がることとなった。

 次戦の第3戦と4戦は7月25-26日に宮城県スポーツランドSUGOで開催される予定だ。

総合の表彰式 プロアマクラスの表彰式 アマクラスの表彰式

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース