Archives

  • [—]2021 (1)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第7戦もてぎ決勝 接戦を制し、#35平良が6連勝を達成

FIA-F4選手権第7戦の決勝が11月7日、栃木県のツインリンクもてぎで行われ、ポールポジションからスタートした#35平良響(TGR-DC RSトムススピリットF4)がそのまま逃げ切って連勝記録を6に伸ばした。

第7戦決勝は午前11時40分より13周で行われた。天候は晴れ。路面はドライだ。

13周の決勝がスタートした レースは途中セーフティーカーが導入された 優勝は平良響(TGR-DC RSトムススピリットF4) 決勝2位は平木玲次(HELM MOTORSPORTS F110) 決勝3位は野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4) インディペンデントカップ優勝は佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ)

スタートを制したのはポールの#35平良。予選4番手の#80伊東黎明(OTG DL F4 CHALLENGE)が2位にジャンプアップし、予選2番手の#62平木玲次(HELM MOTORSPORTS F110)は3位に後退するが、90度コーナーで#80伊東のインをついて2位を奪い返した。

しかし2周目の1コーナーで#56YUTAKA TORIBA(BIRD)、#4佐々木祐一(Sendai Day Dream F110)が接触、#4佐々木がコース脇でストップしたためにセーフティーカーが導入されることになった。

車両回収ののち、レースは4周めから一旦再開されたが、6周目の90度コーナーで#18堀田誠(アドヴィクスムータレーシング)と#98IKARI(BJ Racing F110)が接触、#18堀田がコース上にストップしたために7周目から再びSCが導入される。予選ではインディペンデントカップのトップだった#98IKARIだが、決勝では1周目にも#39中村賢明(SACCESS RACING ES)するアクシデントを起こしており、散々な結果に終わった。

レースは10周目に再びリスタート。ところがその直前の最終コーナーで3位を走行していた#80伊東がまさかのスピン。#77小川颯太(WARMTECH Skill Speed)が3位でコントロールラインを通過するが、続く1-2コーナーで#36野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4)が#77小川を抜いて3位に浮上する。

一方、#35平良と#62平木は序盤から接戦を展開。コンマ6秒からコンマ8秒差でトップに食い下がる#62平木だったが、#35平良は最後まで付け入る隙を与えずに13周を走り切り、第2戦から続く連勝記録を6に伸ばした。2位は#62平木、3位には#36野中が入った。

インディペンデントカップは、予選トップの#98IKARIが相次ぐアクシデントで後退を余儀なくされるなか、#2仲尾恵史(TCS Racing Team)が代わってトップに浮上するが、11周目の5コーナーで#3佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ)が#2仲尾をパスしてトップに立ち、今季3勝目を獲得している。

優勝した平良響(TGR-DC Racing School) インディペンデントカップで優勝した佐藤セルゲイビッチ(フィールドモータースポーツ) 表彰式 インディペンデントカップの表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース