Archives

  • [—]2020 (381)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第7戦もてぎ公式予選 ダンロップタイヤ勢が両クラスを制覇 GT500は#64Modulo NSX-GTが今季2度目のPP獲得

2020オートバックス スーパーGT第7戦「藤巻グループもてぎGT300kmレース」の公式予選が11月7日、栃木県のツインリンクもてぎで行われ、GT500クラスは#64伊沢拓也/大津弘樹組(Modulo NSX-GT)、GT300クラスは#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)がポールポジションを獲得した。

公式予選は午後1時30分よりノックアウト方式で行われた。開始時のツインリンクもてぎ上空は曇り。しかし雨を心配するほどではない。気温は19℃、路面温度は24℃と、この時期としてはやや暖かいコンディションでの戦いとなった。

予選Q1
GT500クラスの予選Q1は午後2時3分からの10分間。ここでの上位8台が次の予選Q2へ出走する権利を得る。

各チームとも残り時間8分を前に続々とコースイン、最後に#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)がコントロールラインを通過して、全車計測を開始した。

今回は多くのドライバーがアウトラップのあとに計測1周目、2周目をウォームアップに充て、計測3周目からタイムアタックを行ったのに対し、#8野尻だけは計測2周目に全開走行に入り、1'36.861で一時トップに立つ。

しかし#64 大津弘樹(Modulo NSX-GT)が計測3周目に1'36.368を記録して野尻を上回り、予選Q1をトップで通過した。

続いて#19宮田莉朋(WedsSport ADVAN GR Supra)が1'36.714で2番手に浮上する。

第6戦終了時点でドライバーズランキングトップの#14坪井翔(WAKO'S 4CR GR Supra)が記録したタイムは1'37.304。チェッカーフラッグ提示直前まで8番手とQ1突破ラインすれすれにいたが、最後の最後に#100山本尚貴(RAYBRIG NSX-GT)が1'36.825を叩き出して3番手に食い込んできたため、#14WAKO'S 4CR GR Supraは惜しくも9番手に後退、ここで予選を終えることになった。

このほか、平川がドライバーズランキング2位に位置している#37 KeePer TOM'S GR Supraも、Q1を担当した山下健太が1'37.572を出すにとどまり、13番手と残念な結果に終わっている。

一方、第6戦鈴鹿で勝利してドライバーズランキング3位に浮上した#23 松田次生(MOTUL AUTECH GT-R)は1'37.233で7番手。見事にQ2進出を果たした。

23号車と同ポイントでランキング4位の#17ベルトラン・バゲット(KEIHIN NSX-GT)は1'37.328で10番手だった。

GT300クラスは今回もA、Bの2グループに分かれてQ1を走り、各クラスの上位7台がQ2に進むこととなった。

Aグループでは#61井口卓人(R&D SPORT)が1'46.973でトップタイム。2番手には今回から#48植毛ケーズフロンティアGT-Rをドライブすることになった富田竜一郎が1'47.082で続き、#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が3番手。

一方、ドライバーズランキングトップの#65菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG)は9番手、開幕戦優勝の#52川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)も8番手で惜しくも敗退となっている。

Bグループは公式練習トップの#11安田裕信(GAINER TANAX GT-R)が1'46.157でトップタイム。#30織戸学(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)が2番手に続く。

その一方で第6戦優勝の#21近藤翼(Hitotsuyama Audi R8 LMS)は11番手、第2戦優勝の#2柳田真孝(シンティアム・アップル・ロータス)は終盤まで8番手にいたが、最後に#18小林崇志(UPGARAGE NSX GT3)が3番手タイムを叩き出したために9番手に後退。ここで予選を終えている。

予選Q2

GT500のQ2は午後2時41分から10分間の走行。

各車残り8分から続々とピットアウトし、予選Q1同様に2周のウォームアップラップを経て全開走行に移行した。

まずはQ1トップの#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)も1'45.994、1'42.576と次第にペースを上げながらタイムアタックに入り、計測3周目に1'36.140を叩き出す。

結局これがQ2でのトップタイムとなり、伊沢は自身初のポール獲得となった第3戦鈴鹿に続いて今季2回目のポールポジションを獲得した。

続いて#100牧野任祐(RAYBRIG NSX-GT)が同じく計測3周目に1'36.779を記録、これを#8福住仁嶺(ARTA NSX-GT)が1'36.593で上回り、予選2番手に。この結果Honda NSX-GTが予選トップ3を独占して明日の決勝に臨むことになった。

#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)も計測3周目に1'36.885を記録して4番手。

1'36.151の#19国本雄資(WedsSport ADVAN GR Supra)がTOYOTA GR Supra GT500勢の最上位の5番手となった。

通算最多ポール獲得を誇る#38立川祐路(ZENT GR Supra)は計測2周目から2周連続でアタックを行う作戦に出たが、1'37.204、1'37.173とホンダ勢には一歩及ばず、6番手で予選を終えている。

GT300クラスは計測3周目に1'46.200を叩き出した#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)がトップ。GT500、GT300ともにダンロップタイヤユーザーがポールポジションを獲得する快挙を成し遂げた。

#244久保凜太郎(たかのこの湯RC F GT3)が1'46.430で2番手に入り、自身が引き起こしたクラッシュで欠場を余儀なくされた第6戦の雪辱を果たした。

ドライバーズランキング2位の#11平中克幸(GAINER TANAX GT-R)も1'46.433と2番手と僅差の3番手。ここで勝ってチャンピオンに王手をかけたいところだ。

第7戦決勝は11月8日午後1時より63周で行われる。例年250kmで行われてきた秋のもてぎ大会だが、今回は300kmの通常フォーマットでの戦いとなる。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース