Archives

  • [—]2020 (358)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5戦鈴鹿決勝 序盤のアクシデントでレースは大幅に短縮 #35平は4連勝を達成

2020FIA-F4選手権第5戦の決勝が10月24日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#35平良響(TGR-DC RSトムススピリットF4)が今季4勝目を獲得した。レースは序盤のアクシデントによりセーフティーカーが導入され、そのまま規定時間に達したために終了となった。

レースはセーフティーカーが入る波乱の展開となった レースをリードする平良響(TGR-DC RSトムススピリットF4) 優勝は平良響(TGR-DC Racing School) インディペンデントカップ優勝は齋藤真紀雄(AKILAND RACING) 表彰式 インディペンデントカップの表彰式

スーパーGTの公式予選で赤旗中断があった影響から、第5戦決勝は当初予定より10分遅れの午後4時10分にフォーメーションラップが開始された。第4戦決勝のアクシデントでクルマにダメージを負った、インディペンデントカップの#86大阪八郎(Dr. Dry F110)は出走を見合わせ、全31台がスタートに臨んだ。

スタートではポールポジションの#35平良、予選2番手の#7太田格之進(VEGAPLUS DOME F110)、予選3番手の#62平木玲次(HELM MOTORSPORTS F110)はそのままの順位で東コースを通過したが、その後方で#38奥住慈英(TGR-DC RSフィールドF4)、#97澤龍之介(BJ RacingスカラシップJSS)、#55土屋祐輔(Liaison DM F110)、#31神晴也(ATEAM Buzz Racing F110)らが絡むアクシデントがS字コーナーで発生。31号車がグラベルで横転する事態となったため、レースは赤旗中断となってしまった。

ストップした車両たちを回収したのち、レースは午後4時37分にセーフティーカーの先導で再開されたが、この時点で規定の30分まで残り7分となっていたため、レースはフルコースイエローが解除されないまま3周をもって終了という後味の悪い結末を迎えた。

この結果、#35平良は第2戦からの連勝記録を4に伸ばし、#7太田が今季初表彰台を獲得、第1戦優勝の#62平木が3位に入った。

インディペンデントカップはスタートでトップに立った#96齋藤真紀雄(CS Marketing AKILAND)が今季2勝目を獲得している。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース