Archives

  • [—]2020 (358)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第6戦鈴鹿公式予選 #8ARTA NSXが今季3度目のポールを獲得

2020オートバックス スーパーGT第6戦「藤巻グループ鈴鹿GT300kmレース」の公式予選が10月24日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは#8野尻智紀/福住仁嶺組(ARTA NSX-GT)、GT300クラスは#96新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)がポールポジションを獲得した。

公式予選は午後2時よりノックアウト方式で行われた。
天候は晴れ。コースはドライ。冷たい風が吹く中での走行となった。

予選Q1
GT500クラスのQ1は午後2時39分にコースオープン。GT300で赤旗中断があったため、予定より6分遅れて走行を開始した。

ドライバーたちはアウトラップに続いて1周のウォームアップ走行を行なってタイムアタックに入ったが、#100山本尚貴(RAYBRIG NSX-GT)が1'46.005を記録した直後に#23松田次生(MOTUL AUTECH GT-R)がダンロップコーナーの立ち上がりでコースを飛び出し、前からウォールに激突。これにより赤旗中断となってしまった。

23号車の改修ののち、走行は午後2時58分に残り5分間で再開された。
各車一斉にコースに飛び出す中で、#37ニック・キャシディ(KeePer TOM'S GR Supra)は残り3分37秒まで待機してピットアウト。#3千代勝正(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)も少し遅れてピットを離れた。
すでにタイムを出している#100山本はガレージに残って他のドライバーのアタックを見守った。

まずは#17塚越広大(KEIHIN NSX-GT)が1'46.529を記録。
続いて公式練習トップの#64大津弘樹(Modulo NSX-GT)が1'45.218でトップに立つ。
#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)は1'45.478でこの時点で2番手。
#38石浦宏明(ZENT GR Supra)は1'46.251で100号車に次ぐ4番手タイムを記録した。

そしてチェッカーフラッグが提示される直前に#19宮田莉朋(WedsSport ADVAN GR Supra)が1'45.036でトップに立つと、そこからはQ2進出を巡る激しい戦いが展開された。

最後の最後に#12佐々木大樹(カルソニックIMPUL GT-R)が1'45.698をたたき出して4番手に食い込み、Q2進出を果たす一方で、#17塚越は0秒275及ばず9位に終わる。このほか、ランキングトップの#14坪井翔(WAKO'S 4CR GR Supra)、同2位の#37キャシディ、前回優勝の#39中山雄一(DENSO KOBELCO SARD GR Supra)らがここでノックアウトされている。
再開後に走行しなかった#100 RAYBRIG NSX-GTは6位でQ2進出を果たした。

GT300クラスは今回もA、Bの二組に分かれてQ1を行い、A組では#96新田守男(K-tunes RC F GT3)が1'56.459でトップタイム。#30永井宏明(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)が2番手、#7荒聖治(Studie BMW M6)が3番手という結果に。前回優勝の#56リアライズ 日産自動車大学校GT-Rも藤波清斗が8番手でQ2進出を果たしている。

一方、ドライバーズランキングトップの#65蒲生尚弥(LEON PYRAMID AMG)は13番手に終わり、ここでノックアウトされてしまった。また公式練習でクラッシュした#244久保凜太郎/三宅淳詞組(たかのこの湯RC F GT3)はダメージの大きさから予選出走を取り止めている。

B組では#31嵯峨宏紀(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)が1'57.034でトップタイム。#360青木孝行(RUNUP RIVAUX GT-R)が2番手につけ、#52吉田広樹(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)が3番手でQ2進出を果たした。

一方、#25松井孝允(HOPPY Porsche)は10番手、#10星野一樹(TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R)は11番手で惜しくも敗退した。

予選Q2
GT500クラスの予選Q2は午後3時31分開始。ここでも各ドライバーともアウトラップに続いて1周のウォームアップ走行を行なってタイムアタックに取り掛かる。

まずは#12平峰一貴(カルソニックIMPUL GT-R)が1'49.932を計測2周目に記録。続いて#100牧野任祐(RAYBRIG NSX-GT)が1'45.907、そして#8 福住仁嶺(ARTA NSX-GT)が1'44.963と、唯一1分44秒台のタイムを記録してトップに躍り出た。

Q1トップの#64 Modulo NSX-GTは伊沢拓也がセクター1で8号車を上回るタイムを記録したが、最後のセクターをまとめきれずに1'45.054で2番手に終わった。

12号車の平峰は2周連続のタイムアタックを敢行して1'45.615までタイムを削り、4番手に入った。

通算24回のPPを誇る#38立川祐路(ZENT GR Supra)もセクター1で全体ベストを更新するも、最後のシケインで痛恨のオーバーラン。その結果1'46.664で7番手に終わった。

この結果、#8野尻智紀/福住仁嶺組(ARTA NSX-GT)が今季3度目のポールポジションを獲得。福住自身にとっては第5戦富士に続いて2戦連続のPP獲得となった。2番手は#64伊沢拓也/大津弘樹組(Modulo NSX-GT)、#19国本雄資/宮田莉朋組(WedsSport ADVAN GR Supra)が3番手だった。

GT300クラスは自らQ2出走を願い出たという#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が1'55.838をたたき出し、今季初のポールポジションを獲得した。また100kgのウェイトハンデを課せられながら1'56.076を記録した#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)が2番手で続き、ダンロップタイヤユーザーがフロントローを独占するという結果になった。

第2戦と第5戦でポールポジションを獲得している#6小高一斗(ADVICS muta MC86)も1'56.156の好タイムを記録し、3番手につけている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース