Archives

  • [—]2019 (224)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選 ニッサン勢の大逆襲!!ポールポジションは#23モチュールGT-R

2019オートバックス スーパーGT第1戦「岡山GT300kmレース」の公式予選が4月13日、岡山国際サーキットで行われ、GT500クラスでは上位7台が従来のコースレコードを上回る接戦を展開、その結果1’16.602を叩き出した#23松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)がポールポジションを獲得した。GT300クラスは今回からA、B二つのグループに分かれて予選Q1を行うシステムが導入され、最終的に#55高木真一/福住仁嶺組(ARTA NSX GT3)がポールポジションを獲得した。

公式予選は午後2時45分よりノックアウト方式で行われた。天候は晴れ。コースはドライ。気温は例年よりやや低めと好タイムの期待できる絶好のコンディションだった。

予選Q1

GT500クラスポールポジションの松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)

GT500クラス予選2位の佐々木大樹/ジェームス・ロシター組(カルソニックIMPUL GT-R)

GT500クラス予選3位の山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT)

GT300クラスポールポジションの高木真一/福住仁嶺組(ARTA NSX GT3)

GT300クラス予選2位の新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)

GT300クラス予選3位の脇阪薫一/吉田広樹組(埼玉トヨペットGBマークX MC)

GT300クラスの予選方式変更に伴い、GT500クラスも走行時間が10分に短縮されたQ1。コースオープンとともに各車続々とアタックに出ていったが、#64牧野任祐(Modulo Epson NSX-GT)に対しては公式練習での藤井誠暢/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(D'station Vantage GT3)との接触に対するペナルティとして最初の5分間は走行を禁じられるという苦しいセッションとなった(接触したのはナレイン・カーティケヤン)。それが影響したのか、牧野のタイムは1’18.467にとどまり、惜しくもQ2進出を逃すことに。一方好調ぶりをみせつけたのは昨年苦戦の続いたニッサン勢。1’17.103のトップタイムを叩き出したジェームス・ロシター(カルソニックIMPUL GT-R)を始め、出走した4台全てが8位以内に入り、揃ってQ2進出を果たした。一方ホンダ勢は5台中3台がQ2進出。レクサス勢は#37平川亮(KeePer TOM'S LC500)が8位に入った以外は全車Q1落ちという残念な結果に終わった。

今回から2グループに分かれて走り、各グループの8位まではQ2に進めるという方式で実施されたGT300クラスのQ1は、Aグループで#52吉田広樹(埼玉トヨペットGBマークX MC)が1’25.393のトップタイムを記録、Bグループは今季からホンダNSXにスイッチした#55高木真一(ARTA NSX GT3)が1’25.447でトップだった。64号車との接触で予選出走が危ぶまれた#7ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(D'station Vantage GT3)は修復が間に合ってAグループの走行に加わったが、1’26.367と、8位にわずか0.087秒届かず、ここで予選を終えることになった。

予選Q2

GT500、GT300の両クラスともコースレコードの更新が相次ぐ激しいタイムアタック合戦となったのが今回の予選Q2だ。GT500クラスではまず前年王者の#1山本尚貴(RAYBRIG NSX-GT)が1’16.950を叩き出してレコードを一気に1.179秒上回ってみせるが、#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)はそれをさらに上回る1’16.602を記録。#12佐々木大樹(カルソニックIMPUL GT-R)も1’16.876で続き、ニッサンGT-Rがフロントローを独占してみせた。結局1’17.693を記録した#37ニック・キャシディ(KeePer TOM'S LC500)まで、出走8台中7台がレコードを更新することになった。

GT300クラスは今回がGTデビュー戦の#55福住仁嶺(ARTA NSX GT3)がいきなり1’24.889を叩き出してトップに浮上。見事ポールポジションをもぎ取ってみせた。予選2位もルーキーの#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が1’24.905で続き、#52脇阪薫一(埼玉トヨペットGBマークX MC)がマザーシャシー勢最上位の3位で続いた。

第1戦決勝は明日の午後2時30分より82周で行われる。現時点では雨の予報となっており、予選とはまた違った戦いが展開されそうだ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース