Archives

  • [—]2020 (34)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

GT Asia | SUPER GT | その他

アジアンルマン第1戦富士決勝 ポールの#8中野/ロイトウィラー組が独走優勝

WEC富士6時間と併催のアジアンルマンシリーズ第1戦の決勝レースが10月10日、富士スピードウェイで行われ、ポールポジションからスタートした#8RACE PERFORMANCE/オレカ03Rジャッド(ニコラス・ロイトウィラー/中野信治組)が70周を走破し、総合優勝を飾った。

決勝レースは午後3時より2時間で行われた。
スタートでトップに立ったのは#99ユーラシアモータースポーツのオレカ03。
ポールシッターの8号車は、スタートドライバーの中野が1コーナーでオーバーランして2位に後退、その後も99号車のトリスタン・ゴメンディに徐々に引き離されてしまう。

しかしレースが中盤に入り、二人目のドライバーに交代すると、99号車をドライブしたタク・スン・キムのペースが上がらず、これを37周めに#8ロイトウィラーが捉えてトップを奪い返し、その後も一気に突き放しにかかった。
99号車はその後50周めにピットインして三人めのウィリアム・ロークに交代したが、トラブルに見舞われたか残り15分になるまでガレージに足止めされることとなり、総合10位まで後退してレースを終えることになった。

この他LMP3クラスは#1DCレーシングのリジェJSP3(デビッド・チェン/ホー・ピン・タン組)が、LMGTクラスは#3クリアウォーターレーシングのマクラーレン650s(モク・ウェン・スン/ロブ・ベル/澤圭太組)がクラス優勝を獲得した。

なお、吉本大樹と細川慎弥が参加したチームAAIの#92BMW Z4はGTクラス3位(総合5位)に入ったが、谷口信輝が参加した同チームの#91BMW Z4はオープニングラップでアクシデントによりリタイヤ、柳田真孝、松井孝允らが参加したLMP3クラスの#89ADDESS03は49周めに駆動系のトラブルでリタイヤ、同じくLMP3クラスで谷川達也、阪口良平らがドライブした#88ADDESS03は7周めのダンロップコーナーでスピン、そのままコース上にストップしてレースを終えている。

Text:Kazuhisa SUEHIROa


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース