Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第10戦もてぎ公式予選 清原章太が初のポールポジション、Nクラスは小泉洋史

 全日本F3選手権は23日、ツインリンクもてぎで第10戦の公式予選を行い、清原章太(TODA FIGHTEX)が1分45秒537で総合の、小泉洋史(Net Move Hanashima Racing)が1分49秒179でNクラスのポールポジションを獲得した。

f3_r10_q-2

f3_r10_q-1

f3_r10_q-7

f3_r10_q-6

f3_r10_q-19

f3_r10_q-62

 ツインリンクもてぎは朝から厚い雲に覆われていたが、徐々に晴れ間が広がり午前10時10分にはほぼ快晴の下、10分間の公式予選が行われた。

 各ドライバー、ウォームアップ2周を入念に行い、3周目からタイムアタックに入る。まずは高星明誠(B-MAX NDDP F312)が1分45秒785でトップに立ち、勝田貴元(PETRONAS TEAM TOM'S F312)、松下信治(HFDP RACING F312)と続く。

 計測4周目に高星は1分45秒785までタイムを伸ばすが、このタイムを上回ってきたのは、3周目に4位につけていた清原章太(TODA FIGHTEX)。1分45秒537をたたき出し、堂々のポールポジションを決めた。2位、3位には勝田、松下が上がり、高星は4位に落ちた。

 清原はF3で初のポールポジション。戸田エンジンにも今シーズン初のポールポジションをプレゼントした。

 Nクラスは小泉洋史(Net Move Hanashima Racing)が1分49秒179で今季4度目のポールポジションの座に着いた。クラス2位には湯澤翔平(KCMG F308)が、同3位には久保凛太郎(CG ROBOT ル・ボーセ F308)が入ったが、前戦のペナルティーにより3グリッド降格の裁定がとなっている。

 第10戦決勝は本日23日、午後3時15分より14周で争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum>


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース