Archives

  • [—]2019 (224)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4東日本シリーズ

F4:東日本第3戦もてぎ決勝 三笠雄一が今季2勝目、FCクラスは根本悠生が2連勝

 JAF地方選手権F4東日本シリーズは10日、ツインリンクもてぎ(1周4.801379km)で第3戦の決勝レースを行い、三笠雄一(美人&LTVRacingDRP)が22分52秒535で総合の、根本悠生(WILLDO ZTEスピリット)がFCクラスの優勝を飾った。

f4_r03_r-start

f4_r03_r-2

f4_r03_r-10

f4_r03_r-25

f4_r03_r-90

f4_r03_r-mikasa_winner

f4_r03_r-podium

 第4戦の決勝レースは午後1時40分フォーメーションラップを開始。気温は21度と午前中と変わらないものの路面温度は39度まで上がった。

 抜群のスタートを決めたのはポールシッターの三笠雄一(美人&LTVRacingDRP)。1コーナーでホールショットを取ると、1周目には2位以下を1秒5離してメーンストレートに帰ってきた。その後もぐんぐんと後続を離し、中間点の6周を終わってその差は3秒7。最終的には2位以下を5秒5離して一人旅の独走優勝を飾った。

 2位でレースを始めたのは加藤智(FEEL・RK01・TODA)。トップの三笠には届かなかったものの、3位以下の混戦から抜けだし単独走行。そのままの2位でゴールした。

 スタートで3位につけたのは山田真之亮(ZAP・JSS・BLOOM)だったが、2周目に4位上がってきたチームメートの阿部拓馬(ZAP F108)に押し出されコースアウト。3位に阿部、4位に松井孝允(サムライサポーターズF4)、5位に植田正幸(Rn-S☆制動屋☆ZS)、山田はレースに復帰したものの6位まで落ちた。

 3位に上がった阿部だったが、7周目の90度コーナーで松井に差されて4位に落ちると、8周目の同コーナーで山田にもパスされ5位。3位松井、4位山田、5位阿部の順でレースを終えた。

 FCクラスはポールシッターの根本悠生(WILLDO ZTEスピリット)が好スタート。1秒5前後の差で後続を抑えてレースは進行するものの6周目の90度コーナーでミス。しかしマージンがあったため大事には至らず、この順位のままレースを終え、前戦に続いて2連勝を飾った。

 2位につけていた福住仁嶺(HFDP/SRS-F/コチラR)は、終始3位の坪井翔(美人<VフィールドFTRS)に迫られるがこれを押さえきりこの順位でゴール。3位には坪井が入った。

 第4戦は明日11日、午前10時から公式予選が、午後2時10分から12周で決勝レースが行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroshi ICHIMURA
Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース