Archives

  • [—]2020 (255)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

全日本ラリー選手権第1戦SUBARU MOTORSPORTS EXPRESS

2006全日本ラリー選手権 第1戦 「ツール・ド・九州2006 in 唐津」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■開催月日:2006年4月7日-9日 ■開催場所:佐賀県唐津市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇SUBARUラリーチームジャパンが全日本参戦 その初陣を勝田範彦が優勝で飾る

今年の全日本ラリーは新機軸が山盛りだ。2駆4駆合体に加えて総合優勝が盛り込まれ、これによりターマックラリーでの2駆FFマシンの活躍がクローズアップされることになった。さらにRBマシンが全日本を走れなくなり、FIAグループN規定に準じた日本独自のRN/RJ車両だけで争われることとなった。 さらにクラス分けもこれまでのC、B、AからJN-4(2000ccを超える)JN-3(1600ccを超え000ccまで)、JN-2(1400ccを超え1600ccまで)JN-1(1400ccまで)となった。これはWRCと同じ排気量区分である。これで全日本ラリーのスタイルは一気にWRCに近づいたともいえる。 その第1戦は、これまで2輪駆動部門の全日本として佐賀県七山村で開催されてきたツール・ド・九州。今シーズンの注目は、誰がチャンピオン奴田原を止めるか?ということ。その筆頭はインプレッサを駆る勝田範彦だ。勝田は今回から全日本戦に参戦を開始したSUBARUラリーチームジャパン(SRTJ)のドライバーだ。 戦いは勝田が序盤から快調にリード。それを昨年度の全日本ダートトライアルSA2クラスチャンピオン北村和浩インプレッサが追う展開だ。奴田原はこの2台に続く3番手。勝田はSS4まで連続ベスト。結局レグ1の8SS中6SSでベストをたたき出し、北村を逆転して2番手に上がった奴田原に29秒のリードを築いてレグ1を終えた。 明けてレグ2、SS9こそ奴田原に譲ったものの勝田はSS10、11と連続ベスト。思い通りの展開で、緒戦を優勝で飾ることとなった。2位にはレグ1終盤のスピンで一時は5位まで後退したものの、レグ2で追い上げて北村が入った。 「緒戦ということで、まだまだセッティングを詰めなければいけない個所もあります。まだまだ速くなりますよ」と勝田。 一方の北村も「2位という順位は悔しいけど、ラリーは楽しかった。舗装はどうなのか、自分自身でも未知数だったけど、クルマはいいし、走り方もわかってきた」とこちらも力強いコメント。 次戦の四国ラウンドも、勝田の得意とするターマックラリー。さらにラリーに慣れた(?)北村と、今回に続きインプレッサが1-2フィニッシュを飾れるか? 大いに期待できそうだ。
■Race Results
Pos Cl-Pos. Driver - Co Driver Car Time/Diff
1. JN4-1 勝田範彦 - 北田 稔 SUBARUラリーチームジャパン・インプレッサ 47:50.5
2. N4-2 北村和浩 - 晝田満彦 think3・DLインプレッサ +50.7
3. JN4-3 石田雅之 - 清田恵次 C-ONE POTENZA LANCER +58.8
4. JN3-1 榊 雅広 - 井出上達也 J&S クスコ KYB・BS インテグラ +1:10.1
5. JN3-2 アキラ - 安東貞敏 ARUZE TRD C-ONE CELICA +1:16.0
6. JN3-3 横尾芳則 - 石丸智之 ARUZE TRD C-ONE CELICA +1:17.0
7. JN4-4 大庭誠介 - 高橋 巧 REPSOL・ADVAN ランサー +1:19.9
8. JN2-1 高橋悟志 - 船木一祥 ミツバ レビン +1:27.0
9. JN4-5 田口幸宏 - 佐藤忠宜 アドバンPIAAカヤバ ランサー +1:19.9
10. JN4-6 徳尾慶太郎 - 大庭正璽 BPF・クスコ・ADVAN・KYBランサー +1:40.0
◆上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。 [スバルモータースポーツマガジン]

©スバルテクニカインターナショナル株式会社



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース