Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン第10戦 鈴鹿 スペシャルステージ


圧倒的な速さでPPを奪取した本山。(Photo:Motorsports@nifty)

 鈴鹿は午後に入ってもおだやなか気候で気温もこの時期にしてはあたたか。フォーミュラニッポン久々のスぺシャルステージが始まった。各ドライバーに与えられた周回数は4周。しかしアウトラップ、インラップの2周を引くと実質アタックできる周回は2周のみだ。

 スペシャルステージ最初のアタッカーは、1回目予選6位のアンドレ・ロッテラーから。ウオームアップ走行1周を回ってアタック開始。しかし、1コーナーでミス、最後のシケインでもミスってタイムは1'47.602。2周目のアタックに入るが、再び逆バンクでミス、これで1回目のタイムを上回れないとみてアタックを諦めタイムの更新ならず、結局1'47.602でスペシャルステージを終えた。

 2人目のアタッカーは1回目予選5位の井出有冶。1周のウオームアップを終えてアタック開始。スプーンカーブで若干アンダーを出すが、各セクター無難にまとめて1'46.965、ロッテラーのタイムを上回った。さらにアタック2周目、各セクターで自身1回目のタイムを上回りタイムは、1'46.134、予選1回目の暫定ポールタイムをも上回った。

 3人目のアタッカー、予選4位の脇阪寿一が1周のウオームアップを終えて1周目のアタックを開始。いきなり1周目から全開だ。各セクターで井出のタイムを上回りタイムは、1'45.545、トップに躍り出た。さらに2周目もアタック続行。しかしタイヤがきついのか1周目のタイムに及ばず1'45.749であった。しかし、1'45.545でこの時点でのトップだ。

 4人目は、前戦もてぎ戦でのポールシッター金石年弘。アタック1周目は無難にまとめて1'45.867。2周目のアタックに入るがしかし、S字でマシンが流れここでタイムアタックを放棄。1'45.867でタイムアタックを終える。この時点で2位だ。

 アタック5人目は今シーズンのチャンピオン本山哲。アタック1周目、いきなりセクター1でトップタイム、以後各セクターもトップタイムでまとめてトータルタイムは1'45.458、脇阪をかわしトップに躍り出た。さらに2周目のアタックに入るがスプーンカーブでコースアウト、タイムアタックはならなかったがこの時点でのトップでSSを終えた。

 最後のアタッカーは、予選1回目暫定ポールの服部尚貴。ウオームアップの1周を終えて1周目のアタックを開始。セクター1ではほぼ本山と同タイム。しかし、以降のセクターでタイムが伸びず、1'46.092。アタック2周目にかける。セクター1でトップタイムをマークするもタイヤのライフが終わったのか以降のセクターではタイムダウン。結局、1'46.012のタイムに止まった。

 スペシャルステージの順位は、1位本山哲、2位脇阪寿一、3位金石年弘、4位服部尚貴、5位井出有冶、6位アンドレ・ロッテラーとなった。

2003年11月1日 鈴鹿サーキット(三重県) スペシャルステージ 天候:晴れ/コース:ドライ
Fニッポン -RIJ- (2003/11/01) Special Stage Weather:Fine Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 10 鈴鹿サーキット 5.807km
PNoDriverTeamTimeDelayGapkm/h
119本山 哲IMPUL1'45.458--198.23
222脇阪 寿一TEAM 221'45.5450.0870.087198.07
37金石 年弘LeMans1'45.8670.4090.322197.47
441服部 尚貴DoCoMo DANDELION1'46.0120.5540.145197.20
512井出 有冶COSMO OIL CERUMO1'46.1340.6760.122196.97
62アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA1'47.6022.1441.468194.28
-------- 以上スペシャルステージによる順位 --------
78土屋 武士LeMans1'46.6071.149-0.995196.10
840リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION1'46.6191.1610.012196.07
91小暮 卓史PIAA NAKAJIMA1'46.7811.3230.162195.78
1011松田 次生COSMO OIL CERUMO1'46.8761.4180.095195.60
1110加藤 寛規OIZUMI TEAM NOVA1'47.0451.5870.169195.29
1220ブノワ・トレルイエIMPUL1'47.2671.8090.222194.89
135道上 龍5ZIGEN1'47.2881.8300.021194.85
143立川 祐路Olympic KONDO1'47.4732.0150.185194.52
156ジェームス・コートニー5ZIGEN1'47.8362.3780.363193.86
169黒澤 治樹PLANEX EBBRO NOVA1'47.8532.3950.017193.83
174ドミニク・シュワガーOlympic KONDO1'47.9132.4550.060193.72
1828野田 英樹CARROZZERIA MOHN1'47.9142.4560.001193.72
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • コースレコード: 1'45.161


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース