Archives

  • [—]2019 (468)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japan Touring Car Championship

JTCC Rd.18:INTER-TEC第2レースレポート

      全日本ツーリングカー選手権第18戦 レポート
      ---------------------
 JTCCの最終レース第18戦は、第17戦の勢いをそのままに、#87アンソニー・
リード(HKS OPEL VECTRA)が優勝した。2位は#1ヨアヒム
・ウィンケルホック(BMW 318i)が、3位は#36関谷 正徳(TOY
OTA CORONA)が入り、#36関谷は初代JTCCチャンピオンの栄冠
を表彰台で飾った。
 一時は回復を見せた天候も、ウォームアップ走行までに、再び厚い雲が太陽
を隠すした。サポートレースと、わずかに吹く風によってコースは完全にドラ
イとなった。
 第17戦でのクラッシュにより、グリッドに整列出来ない6台を残し、15時ちょ
うどにフォーメーションが開始された。#15田中 哲也(PIAA CIVI
C VTEC)がスローダウンし、ピットスタートとなる。
 15時4分、グリーンシグナルが点灯して、最終戦の火ぶたは切って落とされ
た。
 ポールの#12星野一義(カルソニック・プリメーラ)が1コーナーにトップ
で飛び込み、2位の#87リードが追い立てる。#38黒澤 琢也(TOYOTA
 CORONA)はオープニングラップで順位を上げることに成功して3位。
以下、#3長谷見 昌弘(カストロール・プリメーラ)-#1ヨアヒム・ウイ
ンケルホック(BMW 318i)-#14服部尚貴(ジャックス・シビック)
-#8見崎 清志(FET SPORTS COROLLA)。
 #87リードと#38黒澤は、早々に#12星野をパス。#38黒澤は#87リードを
攻めていたが、4周目のサントリーコーナーでスピン。戦列には復帰するもの
の、大きく順位を落としてしまう。#87リードは後続との差を徐々に広げ、#
3長谷見は#1ウィンケルホックに抜かれて、4位へ落ちる。
 4周目、チャンピオン候補の3人の順位は、10位:#36関谷、13位:#39ク
リステンセン、16位#2ソパーとなっている。
 6周目、#1ウィンケルホックは#12星野を抜いて2位。#36関谷は6位へ
と順位を上げて来ている。
 7周目、#14服部が#36関谷を1コーナーで抜くが、1周たたずに抜き返さ
れ、逆に#37鈴木亜久里にも抜かれてしまう。そのすぐ後ろには、猛烈な追い
上げを見せる#39クリステンセン、#2ソパーが続く。
 #1ウィンケルホックと激しいバトルを繰り広げていた#12星野が、9周目
のサントリーコーナーでスロー走行。長時間のピットインを行い、上位入賞の
望みが絶たれた。
 #87リード、#1ウィンケルホックは、ますます差をつけて単独走行となる。
3位#3長谷見は、#8見崎に追い回されて苦しい展開となっている。
 #39クリステンセン、#2ソパーの追い上げは止まらず、10周目、11周目に
は#14服部を相次いでパス。#37鈴木亜久里に迫る。
 12周目に#2ソパーが#39クリステンセンを300Rで抜き、#37鈴木亜久
里を後ろから文字通り「プッシュ」。14周目の1コーナーでインを奪って6位
へ。
 ダンロップコーナーで#39クリステンセンと#37鈴木亜久里が接触するが、
大事に至らずバトルは続行される。
 #2ソパーの勢いは止まらず、15周目には#36関谷に追いつき、#8見崎と
3台並んだまま、ストレートエンドのブレーキング競争。1コーナーの進入で
4位を奪う。#36関谷も続いて5位。
 17周目、#2ソパーは#3長谷見をヘアピンで抜いて3位。しかし、#3長
谷見もあきらめずに追いかけ続ける。
 18周目のダンロップコーナーで、#2ソパーが姿勢を乱してカウンターを当
てる。#3長谷見はその機を逃さず、3位へ復帰。#36関谷も続き、3台が1
コーナー手前でブレーキング競争。#36関谷-#3長谷見-#2ソパーの順で
1コーナーをクリア。
 #8見崎が3台が牽制しあう隙をついて、サントリーコーナーで#2ソパー
と#3長谷見を2台まとめてパス。この後、#2ソパーは#39クリステンセン
にも抜かれてしまう。
 優勝は第5戦以来4勝目の#87リード、2位は#1ウィンケルホック、3位
#36関谷は劇的な逆転劇でチャンピオンを決めた。
 シリーズポイント(全18戦終了)
               TOTAL  有効ポイント
 #39 トム・クリステンセン   138    134
 #36 関谷 正徳        140    135
 #2 スティーブ・ソパー    134    132
                    レポート:GEA00555★進藤 泰昭


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース