Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

鈴鹿F3000に若手F3選手3人が挑戦!

SUZUKA CIRCUIT NEWS
全日本F3000選手権シリーズ第7戦
ミリオンカードカップレースラウンド3鈴鹿
  元F1ドライバー中嶋悟氏の提案で
  ================
    3人の有望な若手F3ドライバーがF3000に挑戦!!
      ==========================
 来たる10月1日(土)、2日(日)に鈴鹿サーキットで行なわれる全日本
F3000選手権シリーズ第7戦「ミリオンカードカップレースラウンド3鈴
鹿」で話題の選手がデビューする。これは、元F1ドライバーの中嶋悟氏の提
案で、将来を担う若手ドライバーの育成を目的に、若手F3ドライバーがF3
000にスポット参戦することとなった。
 ノバエンジニアリング、中嶋企画、チームルマン並びにブリヂストンの協力
により実現したこの企画、ノバエンジニアリングからは中野信治選手(23)、
中嶋企画からは高木虎之介選手(20)、そしてチームルマンからは影山正美
選手(27)がそれぞれ出場する。
 中野選手は、’90年にカートからF3に、1年間の海外留学(フランス、
フォーミュラ・ボクソール)を経て、’92年からはF3000にデビュー。
3人の中では唯一F3000参戦経験を持つ。’93年からF3に戻り、今年
の第2戦では念願の初優勝を果たすなど、表彰台の常連として大活躍している。
 高木選手は、’90年の全日本カートA2チャンピオン、’91年に全日本
カートFAシリーズ3位、’92年にフォーミュラ・トヨタでレースデビュー。
’93年にはF3にステップアップし、’94年には表彰台をゲットするなど
トントン拍子で駆け上がってきた。まさにレース界のシンデレラボーイである。
 影山正美選手は、’87年にフレッシュマン・レースでレースデビュー。’
90年にはフォーミュラ・トヨタの初代チャンピオンとなる。F3では常に上
位を争い、その実力は関係者として活躍している。また、実兄の影山正彦選手
も中嶋企画のエースドライバーとして活躍しており、今回、日本トップフォー
ミュラ初の兄弟対決が見られるとあって、その興味はつきない。
 これからの日本モータースポーツ界を担う若手ドライバーがF3000の強
豪にまじって、どのような戦いをするのか、その活躍が大いに期待される。
   全日本F3000選手権シリーズも終盤戦を迎え、
   =======================
      チャンピオン争いもますます激化
      ===============
 全10戦で争われている全日本F3000選手権シリーズも終盤戦を迎え、
チャンピオン争いが激化してきた。6戦を終了してトップはM.アピチェラの
31ポイント、つづいてA-G.スコットが1点差の30点で追い、以下、R.
チーバー、M.マルティニ、黒澤琢弥、服部尚貴と続く。
 外国人勢優位の状況は依然かわらないが、昨年同様有効ポイント制(10戦
中7戦が有効)で争われるため、黒澤、服部の両日本選手にも十分チャンピオ
ンの可能性があり、両選手の走りに注目したい。
  資料提供:鈴鹿サーキット


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース