Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000 速報   [Rd.6 Fuji]

                  Rd.6 Fuji
               [ FUJI INTER F3000 ]
                  1994.9.4
             《F3000速報レポート》
 ----------------------------------------------------------------------------
 ■ギルバート-スコット 今季、富士2連勝を飾る
 Report/福田 陽一(Yoichi Fukuda)
  1994年全日本フォーミュラ3000選手権シリーズの第6戦「富士インター
 F3000」の決勝は、9月4日、静岡県の富士スピードウエイで行われ、ポールポ
 ジションから危なげ無いスタートを決めたアンドリュー・ギルバート-スコット(
 ローラT93-50/無限)が、終始レースをリードし、今季2勝目を飾った。
  ギルバート-スコットは、同じ富士スピードウエイで4月に行われたシリーズ第2
 戦にも優勝しており、これで今季は富士では負けなしの連勝となった。
  2位にはマウロ・マルティニ(ローラT94-50/無限)が、3位には日本人最
 上位の服部尚貴(レイナード94D/無限)が滑り込んだ。
  マルティニはレース終盤まで諦めること無く、優勝したギルバート-スコットを追
 い詰めようと力走したが、追いつけなかった。一方、服部は、予選2番手の好位置か
 らスタートしたが、マシンの状態が思わしくなかったのか、3位を死守しするのが精
 一杯で、このところ、彼の定番となった「我慢のレース」を戦うことになった。
  前回の菅生で初優勝を果している黒澤琢弥(ローラT93-50/無限)は、予選
 でクラッシュに遇ったものの、服部に続く3番手を獲得し期待されたが、序盤の先陣
 争から脱落してしまい、終盤はクラッシュの影響からか走りに精彩を欠き6位に終わ
 った。
  4位と5位には、それぞれ予選8番手と6番手の後方からスタートしたマルコ・ア
 ピチェラ(童夢F104/無限)と星野一義(ローラT93-50/無限)が入り、
 ベテランらしい味を見せた。
  予選5番手スタートのロス・チーバー(レイナード94D/無限)は、スタートこ
 そ上手く上位に食い込んだものの、マシン・セッティングに問題があるのか、思うよ
 うにペースが上がらず、ズルズル順位を落とし7位に終わった。
 ----------------------------------------------------------------------------
 ☆ 詳しいレースの模様は、後ほど『F3000 レポート』でお伝えします。
 ----------------------------------------------------------------------------
                             福田 陽一(NBG01300)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース