Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

レイトンF3000情報:西日本タイヤテスト

     LEYTON HOUSE RACING TEAM
         プレス・インフォメーション
          F3000タイヤテスト
        1990年4月20日 金曜日
           西日本サーキット
 昨日とはうって変わって朝から強い雨が降っていた。関谷は9時から、ダナーは1
0時から走行時間が割りあてられており、それぞれオンタイムでスタート。
 関谷は積極的に雨の中を走り、ベストなウェットセッティングを探した。25周目、
関谷はスピンからフロントウイングを破損してしまうが、ダメージは少なく大事には
至らず、すぐ走行再開可能であった。
 ピットに入ってくるまでの数周、関谷は最終コーナーを抑え気味に走っていたが、
それでも1分14秒台を連発していた。同時期に他のドライバーが1分15~16秒
台で走っていることから、関谷のタイムはその状況下では最速であった。その後再び
スタートしていった関谷だったが、コンディションが悪すぎ、1周でピットに戻り様
子をみることにした。
 一方ダナーは10数周したのみで、悪状況から走行を中断。うらめしそうに空を見
上げるばかりであった。
 結局天候は回復しないまま、午前の走行を終えた。それにしても、赤旗中断が多い
午前のセッションだった。
 午前のセッションから午後へのインターバル中、雨は止みそのままコンディション
が好転するかと思われたが、また直前になって雨が降り始めた。
 当初関谷が1時から、ダナーが30分遅れて1時30分からというスケジュールが
ブリヂストンによって調整されていたが、この不安なコンディションか午後の走行を
キャンセルするチームが出たことにより、2台揃って出走することができた。
 いずれにしても、雨足は弱まろうとはせず、コンディションは悪くなる一方だった。
関谷は走り始め1分13秒台をマークし、トップに立ってから14周したが、タイム
は15秒台をコンスタントに出していた。ピットに戻ってきた関谷を含めチームでは
ウェットコンディションについてベースとなるものが発見できたと判断。タイヤメニュ
ーも全てこなしたこともあり、早々にテストを引き上げることにした。
 一方関谷の走行中、4周したのみでピットでウェイティングしていたダナーは、関
谷と入れ替わるようにピットアウトしていった。ダナーがコースに出た時の各ドライ
バーのタイムは1分15秒中盤から16秒ということろだった。そんな中でダナーは
15秒24をマークしてみせた。合計25周したところで、ピットに戻ってきたダナー
は、コンディションが悪くなるばかりとウェイティングに入ることにした。しかし、
関谷と同様天候回復は望めずテストを終えることを決断した。
●西日本F3000テスト タイムデータ 4月20日
  ドライバー  マシン/エンジン/タイヤ  午前       午後
-------------------------------------
 1 星野一義     L-T90/M/BS   1:12.07★ -------
 2 中谷明彦     L-T90/M/BS   1:13.15★ 1:15.12
 3 中子 修     L-T90/M/BS   1:13.46★ 1:14.21
 4 片山右京     L-T90/M/BS   1:13.49★ -------
 5 関谷正徳     LH90B/M/BS   1:13.53★ 1:13.80
 6 V.バイドラー  L-T90/M/BS   1:13.65★ 1:14.51
 7 和田孝夫     L-T89/M/YH   1:13.72★ -------
 8 J.ハーバート  R-90D/M/BS   1:13.95★ -------
 9 影山正彦     L-T89/M/BS   1:14.40★ 1:15.56
10 C.ダナー    LH90B/M/BS   1:14.85★ 1:15.24
11 M.S.サラ   L-T90/M/DL   1:17.30  1:14.98★
12 松本恵二     L-T89/M/DL   -------  1:15.10★
13 小河 等     L-T90/M/BS   1:15.25★ -------
14 M.マルティニ  L-T90/M/DL   1:21.40  1:15.28★
15 黒沢琢也     R-90D/M/BS   1:19.90  1:15.38★
16 高橋国光     L-T90/M/YH   1:16.34★ -------
17 鈴木利男     L-T89/M/BS   1:18.47  1:16.87★
18 金石勝智     L-T90/M/BS   1:18.76  1:16.88★
19 岡田秀樹     LH90B/C/DL   1:16.95★ 1:17.13
20 J.クロスノフ  L-T90/M/DL   1:18.45  1:17.00★
21 松田秀士     L-T89/C/YH      1:17.31★ -------
22 T.ダニエルソン L-T90/M/DL   1:17.97★ -------
23 長谷見昌弘    L-T90/M/DL   1:19.35★ -------
24 E.ベルッタジア L-T90/M/BS   1:19.44★ -------
25 太田哲也     ----------      1:23.95★ --------
注:★はベストタイム。 L:ローラ、LH:レイトンハウス、R:レイナード
            M:無限、C:コスワース、BS:ブリヂストン、DL:ダンロップ
            YH:ヨコハマ
   提供:レイトン・インターナショナル


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース