Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1999年3月

全日本GT選手権

GT:第2戦富士のGT-A後援バスツアーご案内

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 2 FUJI GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
  INFORMATION        観戦ツアーのご案内         99/03/30
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第2戦富士 FUJI GT RACE(5/1,2)
5月2日に行われるGTC第2戦富士の決勝レースを都内から出発するバスで行き
観戦できるツアーが、全日本GT選手権を運営するGTアソシエイション(GT-A)の
後援で実施されます。
参加者には、GT-A後援ならではの各種の特典が用意されています。
サーキットへの往復は観光バスですから車の運転で疲れることもありませんの
で、レース観戦を思う存分楽しめます。おひとりでもお気軽に参加できますが、
ご家族、お友達と揃ってご参加ください。
お申し込みは下記のご案内をお読みの上、お問い合わせ先にご相談の上お願い
いたします。
以下、ご案内。
決勝レースの臨場感・興奮を体験!!
サーキット走行体験など特典付
全日本GT選手権第2戦富士決勝レース観戦ツアー
特 典:GTドライバーサイン入りTシャツプレゼント!!(ツアー参加者全員)
    ツアーバス(GTトップドライバー同乗)でサーキットを走行!
日 時:1999年5月2日(日)
場 所:富士スピードウェイ
料 金:¥14,000(中学生以下¥10,300/パドックパス付¥24,800コース有)
ツアー料金に含まれるもの:
    チケット・往復交通費・トップドライバーサイン入りTシャツ・
    団体旅行傷害保険 ※食事なし
    最小催行人員100名
旅 程:全行程添乗員が同行します。
    5月2日(日) 都内出発→富士スピードウェイ着→フリー走行見学→
    コース集会ツアー→決勝レース観戦(自由行動)→富士スピードウェイ発→
    夜都内着 ※5月1日(土)深夜都内集合となります。
主 催:日本交通公社
企 画:(株)エクシープロジェクト
後 援:GTアソシエイション
協 力:富士スピードウェイ
お申し込み・お問い合わせ
JTB団体旅行日本橋支店 「GTレース観戦ツアー」係
TEL.03-3273-8215 FAX.03-3273-8202
電話受付時間 平日9:30~17:30 担当/田中・小貫
詳しい旅行条件を記載した書面を用意しておりますので、
ご確認の上、お申し込み下さい。
以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN_NEWS:TMS体制決定!シュワガー&黒澤

      TMSはシュワガー、黒澤の起用を発表!
 舘選手の事故死により体制の決まっていなかったフォーミュラ・ニッポンの
チームTMSは、26日、ドライバーにドミニク・シュワガー(No.17)と黒澤琢
弥(No.18)を起用すると発表した。
■ドミニク・シュワガー  Dominik Schwager
1976.9.18 ドイツ・ミュンヘン生まれ(22歳) 身長174cm 体重62kg 血液型Rh+AB
1989~92 ドイツ・ポップ・カート選手権
1992     ジュニアカート世界選手権(8位)
1993     BMW/ADACコンテスト優勝
1994     BMW フォーミュラADAC ジュニア選手権(7位)
1995     BMW フォーミュラADAC ジュニア選手権(優勝)
1996     ドイツF3選手権Bクラス(シリーズ2位)
ドイツF3選手権(シリーズ8位)
1997     ドイツF3選手権(シリーズ10位、優勝2回)
1998     国際F3000選手権(シリーズ14位、最高位4位)
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:第2回公式走行会結果(もてぎ)

    山西(UNLIMITED Le Mans)が総合トップタイムをマーク!
3月25~26日、第2会公式走行会がツインリンクもてぎで行われ、今シーズ
ン、チャンピオンチームに移籍した山西康司(UNLIMITED Le Mans)が初日でトッ
プタイムを記録。これが総合でもトップタイムとなった。
 2日目は、トム・コロネル(PIAA NAKAJIMA)、ミハエル・クルム(5ZIGEN)と続
き、上位の顔触れは第1回走行会と同様。好調さを窺わせる。
 初のFニッポンマシンドライブとなったドミニク・シュワガー(TMS)は、総合
8位と健闘した。
 シャーシでは、台数的にも多いレイナード勢が上位を占め、ローラ、Gフォー
スを一歩リードといったところ。
 4月17~18日の開幕戦を間近にした第3回走行会は、4月6~7日に富士スピ
ードウェイで行われる。
 Session1  3/25 am 天候:晴れ コース:ウェット→ドライ
 Session2  3/25 pm 天候:晴れ コース:ドライ
 Session3  3/26 am 天候:晴れ コース:ドライ
 Session4  3/26 pm 天候:晴れ コース:ドライ
第2回走行会総合結果
P.-No.Name---------Team---------Time -Session1-Session2-Session3-Session4-車両
1  2 山西康司     UNLIMITED Le Mans  1'53.668*1'36.374 1'36.724 1'36.684  R
2 64 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA      1'38.658 1'37.257 1'37.413*1'36.390  R
3  6 M.クルム     5ZIGEN             1'38.571 1'38.120 1'37.665*1'36.666  R
4 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA      1'37.667 1'38.088*1'36.825 1'37.273  R
5  1 本山 哲     UNLIMITED Le Mans  1'38.014*1'36.982 1'37.648 1'37.070  R
6  5 脇阪薫一     5ZIGEN             1'38.643 1'37.847*1'37.086 1'37.776  R
7 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO   1'39.165 1'37.591 1'37.928 1'37.247  R
8 17 D.シュワガー TMS                1'41.532 1'38.791 --------*1'37.416  R
9 56 脇阪寿一     ARTA               1'39.882 1'38.074 1'38.656*1'37.765  L
10  3 川本 篤     ASAHI KIKO         1'39.539 1'39.200 1'38.267 1'37.845  R
11 17 黒澤琢弥     TMS                -------- --------*1'37.895 --------  R
12 12 飯田 章     COSMO OIL CERUMO   1'39.770 1'38.978*1'38.025 1'38.342  R
13 14 道上 龍 SPEEDMASTER MOONCRAFT  1'38.808 1'38.382 1'38.775*1'38.135  L
14 55 金石勝智     ARTA               1'40.654 1'39.180 1'39.897*1'38.596  L
15  9 R.ファーマン SHIONOGI NOVA      1'41.464*1'38.956 1'41.530 --------  G
16  9 加藤寛規     SHIONOGI NOVA      1'39.658*1'39.094 1'39.117 --------  G
17 68 R. デルフラーDoCoMo DANDELION   1'41.902 1'39.604 1'40.478*1'39.338  L
18 62 柴原眞介     LEYJUN             1'40.118*1'39.347*1'39.982 --------  R
19 63 OSAMU        LEYJUN             1'45.48029'41.031 1'44.659*1'40.023  R
20 20 野田英樹     BE BRIDES IMPUL    1'42.477 1'40.858 1'40.778*1'40.770  L
21 19 影山正美     BE BRIDES IMPUL    1'41.164 1'40.969 1'41.403 1'40.926  L
-----------------------------------------------------------------------------
車両  R:レイナード99L/無限  L:ローラB99-51 /無限  G:GフォースGF03/無限
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.1/4

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 1 SUZUKA GT300km                                  FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート3       99/03/21
 -------------------------------------------------------------------------
☆決勝スタート直前情報
 天気:雨  路面状況:ウエット  気温:8度  路面温度:9度
 入場者数:3/21 39,000人(3/20   10,000人)
☆レース中のコメント
*81ダイシンシルビア
福山英朗「エンジンの調子がちょっとおかしくなった。電装に水が入ったんじゃな
いかな。いやあ、タイヤの温度が低すぎるよ」
*77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「S字でGT500をよけたらいきなりテールが振り出しちゃって…。パワー
オーバーみたいな感じ。首がちょっと痛いです」
#18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一「浅ミゾで出ていった。雨がちょっときつくなったとき足元に水が入って
きてつらかった。それでペダルが滑って、飛び出して順位を下げてしまったんです。
足がビチャビチャになってしまう。金石さんにも注意したんですが、今その水のこ
とが心配なんです」
#36 カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「タイヤを固いのから柔らかいのに変えたかったんで、早めにピットに
入った。でも、琢弥のタイムを見るとちょっと失敗したかな」
#37 カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「タイヤは関谷さんと同じ固いの。とりあえず問題ないよ。『このままい
ける』と無線でいったけど、右京が安全策で柔らかいので行くって言ったんで、そ
うした。まだクルマはセット的にはまだまだ。でも予選よりはバランスが良くなっ
ている。うーん、できれば乗りたいよね、表彰台」
#12 カルソニックスカイライン
星野一義「全然飛ばしてないんだけど、スピン。俺のミス。やぁ、50歳になるのに
この気迫は自分でもすごいと思うよ。どうしてみんなこいう気迫がないんだろう。
俺はずっと、この気迫で仕事もなにも築いてきたんだよね。予選でもいろいろあっ
てホントは腹のなかが煮えくり返ってたんだけど、溜めておいて今日出したんだよ」
☆リタイヤ(GTインサイドレポート班調べ)
No.   原因            周回数
------------------------------------------------------
*9    アクセル系          8L
*77   コースアウト        10L
#100   駆動系orエンジン      12L
*72   エンジン          20L
#30   ワイパー          37L
#16   コースアウトによるダメージ 46L
☆レース後のコメント
#18 TAKATA童夢NSX(総合優勝)
脇阪寿一「スタートではちょっとシフトミスして前と離れてしまった。雨の少ない
うちは良かったんですが、雨がひどくなったら足許に水が入ってきて、ペダルが滑っ
ちゃって…。なんとかトップで金石さんに渡せたけど、ホントはもっと離して渡す
はずだったんです。金石さんには迷惑かけてしまいました。コマスを抜いたときに
は、ヘアピンだったんで水煙が少なくて視界が良くて、うまく抜けました。クルマ
はリアが安定してて、いかにフロントを入れるかということだけでした」
金石勝智「交代したときには足許は洪水でした。出ていって2周目でペンズ(#1 ペ
ンズオイル・ニスモGTR)が見えて、振られてるのがわかったんです。最後はむり
せずに、ちょっとギアも渋くなってたんで、イージーにいきました」
#23 ペンズオイル・ニスモGTR(総合2位)
エリック・コマス「このレースでは開幕戦で優勝することが重要だと思うので、
ちょっと残念だ。ここでは2年連続で勝っているしね。#18(TAKATA童夢NSX)はミ
スを冒してコースアウトしたけど、彼らにとっては幸いにもグラベルからコースに
戻ることができたし、速かった。ボクらは二人ともコースアウトすることはなかっ
たが、コースアウトしないこと自体大変だったし、ポジションキープが精一杯だっ
た。ハンディのことも考えるとキープでいいかとも思った。選手権はじめのレース
としては(2位は)悪くないと思う。サトシのスピードがあがらなかった原因はわ
からない。ボクが乗っているときにABSにほんの少しトラブルがあったけど」
本山哲「自分でも思ったようにペースが上げられなかった。タイヤのグリップ不足
を感じたんですけど、それがなにかトラブルのせいなのか、自分のせいなのかは
ちょっとわかりません。初めてのチームで、テストなどでも充分乗ることができな
かったんですが、2位になれて満足しています」
#37カストロール・トムス・スープラ(総合3位)
鈴木利男「固めのレインタイヤをチョイスして温まりを待ってたんですけど、水が
多くなったんで(チョイスを)失敗したかなと思いました。でも雨が安定してきた
んで良かったです。でもゼクセル(#2 ARTAゼクセルスカイライン)を抜けなく
て…。ミシュランタイヤはグリップのレベルが高いし耐久性もありますね」
片山右京「クルマはちょっと不具合があって、最初は様子を見てました。後ろか
ら(#36 カストロール・トムス・スープラ)が来てるのがわかったんで、ちょっ
と(ペースを)上げたらすぐ離れました。GT300との混走は初めてなんで大変でし
た。今回はホントに利男さんがいいレースをしてくれてポンと渡してくれたんで、
代わったときにはもう大丈夫と思ってました。次のレースは(ル・マンのPQのため
に)お休みしなきゃいけないんで、戻ってくるまでまた利男さんにおんぶに抱っこ
になっちゃいますね。戻ってきたときには(99年型の)新車になっていると思いま
す。(新車は)めちゃくちゃ速いらしいんで、頑張ります」
*19ウェッズスポーツセリカ
織戸学「決勝前にセットを変えた。半分はあきらめかけていてんですが、少しでも
良い結果を出そうと思ったんで」
原貴彦「まだまだプッシュできる状態でしたが、自分のクルマが危ないということ
はほかも危ないということだから、2位キープでいきました」
坂東監督「タイヤ温度うんぬん以前の問題で、面圧がかからない。初期が出ないし
応答悪いし、グリップがないという状態だったんで、今日は初期だけのステアリン
グの反応をよくする方向でセットしたら、うまくいってタイムが出た。タイヤはフ
ロントの2本だけの交換」
*61 テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「ホントは予選落ちだったんだから、上々です。最後にファーマンが抜い
てくれて、ホントに良かった。4位と3位じゃ全然違いますよ。表彰台に立ちた
かったですからね。タイヤは前輪だけ交換してます」
ラルフ・ファーマン「すごくうれしい。なにしろ昨日がスピンしてクオリファイで
きないという最悪の結果だったからね。クルマはすごく良く走ったし、レースを楽
しめた。すごく満足している。すごくいいシーズンのスタートを切ることできて良
かった。できれば次のレースでもまた表彰台にのりたい。それにフォーミュラ・
ニッポンでもね」
*910 ナインテンポルシェ
余郷敦「クルマ自体は順調で、基本的には2人ともラップタイムは悪くなかった。
玉本さんに代わってから、オイルをかぶってしまって前が見えなくなってペースが
上がらなかった。アンラッキーもあったですね。雨はもともとよかったのに、セリ
カに抜かれたのが悔しいです。スタートは新品で出ていって、タイヤ交換はせずで
した。あんまり新しいと危ないですね」
玉本秀幸「余郷ちゃんが頑張ってくれた。オイルかぶったし、ブレーキにも振動が
出てペースがあがらず。タイム的にはもうちょっといけそうだったけど、クルマ的
に不安定になってしまって安全パイにいっちゃったね。このコンディションでの入
賞なので、次につながれば」
*GT300クラス暫定優勝のNo.71 シグマテック911はレース終了後の再車検で違反が
指摘されたため、失格となりました。このため、暫定表彰直後に取材した上記コメ
ントは、暫定順位に基づいた発言になっています。
☆ポイントランキング(第1戦終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 18 金石勝智/脇阪寿一 20  20
2  1 E.コマス/本山 哲 15  15
3 37 鈴木利男/片山右京 12  12
4 36 関谷正徳/黒澤琢弥 10  10
5  2 鈴木亜久里/M.クルム  8   8
6  3 長谷見昌弘/田中哲也 6   6
7 38 竹内浩典/立川祐路  4   4
8 32 木下隆之/近藤真彦  3   3
9 55 松田秀士/田島栄一  2   2
10 12 星野一義/影山正美  1   1
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 19 織戸学/原 貴彦  20  20
2 61 中谷明彦/R.ファーマン  15  15
3 910 余郷敦/玉本秀幸  12  12
4  7 松本晴彦/山野哲也 10  10
5 26 須賀宏明/砂子智彦  8   8
6 14 古在哲雄/小宮延雄  6   6
7 70 石橋義三/バンスクート  4   4
8 25 新田守男/菊池 靖  3   3
9 15 土屋武士/井手有治  2   2
10 81 大八木信行/福山英朗 1   1
チームポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. TEAM       合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 16/18無限×童夢プロジェクト 20  20
2 1/2 NISMO        15  15
3 36/37 TOYOTA Castorl TEAM TOM'S
              12  12
4  3 ハセミ・モータースポーツ     6   6
5 38 TOYOTA TEAM CERUMO  4   4
6 32 cdma one TOYOTA TEAM CERUMO with key's
               3   3
7 55 TEAM TAISAN      2   2
8 12 TEAM IMPUL       1   1
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. TEAM       合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 19 RACING PROJECT BANDOH 20  20
2 61 チーム・テイボン・ラリーアート   15  15
3 910 910RACING       12  12
4  7 RE雨宮レーシング   10  10
5 26 TEAM TAISAN Jr.    8   8
6 14 アルタRACING TEAM   6   6
7 70 TEAM GAIKOKUYA    4   4
8 25 MOMOCORSE Racing with Tsuchiya
               3   3
9 15 NISMO         2   2
10 81 TEAM DAISHIN     1   1
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
*今回のGTインサイドレポートは以上です
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.1/3

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 1 SUZUKA GT300km                                  FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート2       99/03/21
 -------------------------------------------------------------------------
朝のフリー走行終了後のコメント
#100 RAYBRIG NSX
飯田章「朝はインターミディエイトから最後はスリックに変えたんですけど、コー
ス上にオイルが出ていてスピンしてしまいました。NSXには朝のようなコンディショ
ンはきつい。インターミディエイトタイヤも、対応できるコンディションのレンジ
が狭いので、レースは雨のほうがいいですね。クルマもまだ決まっていません。無
限や童夢と比べると、99仕様での走り込みが足りないんです。まだまだデータ不足
ですね。だからウチのクルマはほかのNSX以上にアンダーが強いと思いますよ。レー
スは想像がつきませんね。状況がどう変わっていくかでしょう。でも、ひとつでも
前でゴールしたいし、欲をいえば3位ぐらいでフィニッシュしたい。とにかくポイ
ントは獲りたいですよね」
#18 TAKATA童夢NSX
金石勝智「スリックで出ていって2周目に逆バンクでスピンしてしまいました。な
んだか簡単にブレーキがロックしてしまって。寿一が最近ボクに危ないことばっか
りさせるんです(笑)。昨日も雨がひどいときにインターミディエイトで行かされ
たしね」
脇阪寿一「この状況でスリックはNSXにとってはむりがありますね。でも、皮むき
をしておきたかったので金石さんにお願いしました。ボクがレインで先に走ったん
ですが、ピットに入ったときに思いきり『スリック、スリック』って言ったんで
す(笑)。マシンの調子は金曜日から比べると徐々に良くなって、今日は調子がい
いですよ。ただ、天候は朝みたいなハッキリしないのはイヤですね。雨が降るか晴
れるか、どっちかになってほしい。微妙なコンディションはNSXにとっては難しい
んです」
#2 ARTAゼクセルスカイライン
鈴木亜久里「タイムを出したときはインターミディエイト。燃料は90リッターぐら
い積んでたんじゃないかな? 昨日まではクルマの調子が悪かったんだけど、今日
は普通に走れるようになったよ。全然サスペンションが動いていないような感じ
だったんだけど、全部やり直してもらったんだ。タイヤの摩耗もすごく良かったし、
レースでもみんながインターミディエイトでウチもインターミディエイトだったら、
ウチはいいと思う。もちろん雨でもOKだよ。予選は9番手でしょ? まぁ、3~4
周でトップだな(笑)」
ミハエル・クルム「今朝のフリー走行ではスカイラインのなかで一番だったけど、
状況が変わりやすかったし、タイヤ(インターメディエイト)の皮むきをしただけ
だったので、タイムについて言っても意味はない。ただクルマにはなんの問題もな
いし、調子はいいよ。いいレースをしたい。目標? 表彰台に登ることだ」
#88 JLOCディアブロGT-1
和田久「インターミディエイトのタイヤが柔らかいんで、たまたま出たタイムです。
路面は、最後のほうはもうスリックでいける状況になってました。決勝はとりあえ
ずスリックを想定してます。あとは状況を見て、浅ミゾにするか深ミゾにするか、
タイヤを選択していこうと考えています。セッティングはドライ用のままです。あ
まり雨がひどくならないといいんですけど…。燃費は昨日の雨のなかでもあまり伸
びてないんですよ。なんとか1回ピットでいけるとは思うんですが…。とにかくレー
ス展開がどうなるかわからないですよね。開幕戦だからなにかありそうですし、ペー
スカーが入るようなことになるかもしれないでしょう。だから最後まで走りきって、
結果的に上位にいられればいいですね。今回はまったくトラブルもないし、クルマ
の調子はいいんです」
*81ダイシン シルビア
福山英朗「予選と同じようなコンディションで、路温と路面にあったタイヤを持っ
てたということで、たまたま出たタイムですよ。決勝は安定した天候を望んでるし、
お客さんにもドライのほうがいいよね。目標としては、新車だし去年もここを落と
しているんで、5位以内で確実にフィニッシュできれば。ヘビーレインだと結構大
変ですね。路温が低いのが問題だね」
*61 テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「クルマはすごくよくなった。(路温が想定より)10度低いから、温度レ
ンジから外したということだね。タイヤの温度はシビアに管理しているんで。決勝
も温度がどうなるか運だけだし、気温が上がるのを祈るしかないね。パートナーは
実績がある選手なんで、彼でだめなら誰を乗せてもだめでしょう」
ラルフ・ファーマン「いまは慣らしで2周ぐらいゆっくり走って、あとは中谷さん
がアタックしていた。こういう(ハコ)タイプのクルマは初めてだし、前輪駆動も
初めてだからね。タイヤも2周ぐらい温めないとグリップしてくれない。昨日も
ちょっとリアタイヤに問題があった。温まらないんだ。今日のほうがいいみたい
だね」
*910 ナインテンポルシェ
玉本秀幸「天候が味方してくれたね。昨日の1回目の走りはじめと今日のコンディ
ションは、乾きつつあるけど濡れてるところもある感じのチョイ濡れ。(ポルシェ
は)ウエットでもほかのクルマよりドライブしやすいからね。後半はちょっとコー
ス上にオイルが出てた。ほぼ1周ぐらいに渡ってた。決勝は天気が流動的ですが、
雨が降ったらむりしなくても速いでしょう。プッシュしないで黙って走れば、いい
ところにいけるんじゃないかな。シーズン後半には国産勢が煮詰まってきてつらい
だろうから、頑張ります」
☆タイヤメーカーに聞く
ブリヂストン
「ドライ用はソフトとハードと2種類を用意しました。選んだのは、この気温では
全車ソフトですね。ウェット用もソフトとハードの2種類。使っているのはやはり
全車ソフトです。パターンはインターミディエイトとレインの2種類です。インター
ミディのほうはミゾの深さは1種類ですが、レインは浅ミゾと深ミゾがあります。
選択は状況次第ですね。ほんとうはドライでやりたかったですね。データ収集とい
う意味でもね」
ヨコハマ
「今年からGT300は台数が増えたんで、(ドライ用は)全車同じスペックを履いて
もらうようにしてます。2種類用意するとトラックに積みきらないんです。ただ、
FFのセリカ(*19ウェッズスポーツセリカ)だけはソフトだと保たないんでハードに
してます。それ以外はソフトめのものです。ウェット用も1種類です。昨年秋から
使っているものを今年用にリファインしています。パターンは今年からレギュレー
ションで制限されているんで、2種類です。インターミディエイトというのはない
んです。ダイシン(*81ダイシンシルビア)はマッチングが良かったみたいですね。
MR2(*25モモコルセ・アペックスMR2)とインプレッサ(*77クスコスバルインプレッ
サ)は今イチ。セリカはどうも良くないようで…。GT500はコンパウンドでいうとド
ライ用3種類、ウェット用3種類です。ウェット用はそれぞれパターンが2種類あ
りますから、3×2種類ということになります。ちょい濡れのときはいいんですけ
ど、土砂降りだとどうも…。今回、気温は20度以上のつもりだったんで、15度近く
低いんです。タイヤが温まらないんですよ。GT300のほうは面圧が高いのか(想定
温度の)40度くらいまでいくんですが、GT500は、昨日の午後のような土砂降りだ
と20度か30度までしかいかない。決勝は土砂降りにならないことを祈るのみですね」
トーヨー
「GT500に参戦したのは、チーム(#88 JLOCディアブロGT-1)のほうからオファーを
いただいて、JTCCも終わったし、活動の場を広げるという意味でもやろう、と。ダ
ンロップさんの件もありますし、供給するのもひとつの努めだろうということで。
今回、ドライ用は(GT500/GT300とも)ソフトとハードの2種類を用意しました。
選んだのはディアブロとBMW(*21 BP-トランピオ-BMW)がソフト、FTO(*61テイボ
ン・トランピオ・FTO)がハードです。ウェット用はパターンとしては浅ミゾとイ
ンターミディエイトの2種類ですね。コンパウンドはやはりソフトとハードがあり
ます。ディアブロとBMWがソフト、FTOは状況によってハード、ソフトを使い分ける
ことになります。場合によってはフロントがハード、リアがソフトということもあ
りえます。ディアブロ用の深ミゾは1セットしかないので、状況によって必要になっ
たら金曜日に1回使ったものを再使用するということになります。パワーに対して
クルマが軽いので、雨がひどいとハイドロ(プレーニング)が出やすいんです。だ
から、あまり雨はひどくなってほしくないですね」
ミシュラン
「日本のGTCには初参戦になりますが、FIA-GT選手権などはやってますから、GTそ
のものは初めてではないんです。それに、昨年からGTC参戦ということも視野に入
れながら開発はやっていました。今シーズンは同じ車種のなかで一番になるという
のが最低限の目標ですね。さらにトムスが全体のなかで上位にいける役に立ちたい
と思ってます。他のチームへの供給は、ユーザーからの要望があれば考えます。
GT300のほうもタイヤとしては用意できます。今回用意したタイヤはドライ用は2
種類です。ハードとソフトですが、これは気温が20度くらいまでの温度域での話で
す。夏になれば、ここでハードと呼んでいるものがミディアムなりソフトなりにな
るということもありえます。ウェット用もソフトとハードの2種です。ほかにもい
ろいろと持ってきてはいたんですけど。2種類のなかではソフトを選んでいます。
パターンとしては通常のレインとインターミディエイトの2種類です。レインのミ
ゾの深さは1種類だけです。昨日の午後くらいまでの降りなら深く掘り直さなくて
も大丈夫です。スタートは、このくらいの降りか、これから止めばインターミディ
エイトでいけます」
■GT-Aが『地域交流宣言』活動として大阪府知事と懇談
 すでにリリースでも公表されているとおり、3月16日にGTアソシエイション(GT-A)
の高橋国光会長と加治次郎事務局長が、ドライバーの星野一義氏(TEAM IMPUL)、
鈴木亜久里氏(NISMO)らとともに大阪府の横山ノック知事への表敬訪問を行った。
 この訪問はGT-Aが今季掲げた『GT-A地域交流宣言』の一環として行われたもの。
大阪府とGT-Aが、ともにモータースポーツや自動車社会と地域社会の交流と自治体
の振興活動を結びつける可能性を語るためのものであり、今年の大阪府のイベント
参加や将来の公道レース開催の可能性も語られたという。横山知事は、国内A級ラ
イセンスを所持して鈴鹿サーキットの走行経験もあり、モータースポーツへの理解
度も非常に高いという。
 この懇談に参加した加治事務局長にこの懇談の内容を、星野一義氏に横山知事の
感想を聞いた。
-今回の大阪府知事訪問が実現した経緯を教えてください。
加治事務局長(以下略)「もちろん、今年発表した『GT-A地域交流宣言』に基づい
た活動です。私どもとしては、開幕戦の鈴鹿に合わせて、まず関西の自治体を中心
に働きかけを行いました。サーキットなどで行ったこれまでのアンケートによると、
鈴鹿をはじめ関西のサーキットはハコのレースへの関心がいまひとつなので、それ
に対するアクションでもあります。そのなかで、大阪府が地域交流という我々の提
言に関心を示してくれましたので、今回の知事への訪問が実現したわけです」
-どのような内容を知事と話し合われたのですか。
「横山知事には、我々の『GT-A地域交流宣言』についてご説明し、ご理解をいただ
きました。そのうえで、GT-Aの持つ資産を地元社会にいかに還元し、交流していけ
るかを大阪府としてどのような形で実現できるかを話し合いました」
-何か具体的な活動案が出たのでしょうか。
「まずは、今年の9月に大阪で行われる交通安全のイベントにGT-Aとしてご協力が
できそうだということで、現在話を進めています。このほかにも関西空港に隣接す
る『りんくうタウン』で何かイベント、マシンの展示や写真展、テスト走行などが
展開できないかと検討しようと言われています」
-その「りんくうタウン」での公道レース開催という話があったそうですが。
「りんくうタウンで公道レースをやるという話が先にあったわけではないのです。
この公共の場所で、大阪府とGT-Aでなにができるかをいろいろ考えているわけです。
そのなかの可能性として公道レースもありうるということなんです」
-では、実現は未知数なのでしょうか。
「GT-Aとしては、これまでも実現が難しいと言われたことをひとつひとつ段階を重
ねて実現しました。公道レースに関しても同様で、ただの花火というかプランニン
グで終わらせるつもりはありません。ただ、公道レース実現に関しては、ご存じの
通り課題も多くあります。ただコースプランを作り上げて我々だけが盛り上がって
は、これまで机上の案で終わったものと同じになってしまいます。そこで、GT-Aと
しては自治体側でも開催してどうメリットがあるか、その後に何が残るかまで、自
治体と一緒に考えていきたいと考えています。そして、当然このプランにしても実
現を前提に考えているわけです。ですから、条件が整えば来年にできるかもしれま
せんし、まだまだ長い時間がかかるかもしれない。とにかく、これをひとつのケー
ススタディとしてじっくり考えていきたいと思います」
ドライバー代表:星野一義氏(TEAM IMPUL)
「(GT-Aとのイベント展開に対して)ノックさん(横山知事)はすごい乗り気なん
だよ。ノックさんの考え方が進んでるんだ。『星野さんの走りにあこがれて、アル
ファロメオの車高下げて鈴鹿まで走りにいったんです』なんて、そういう年代の人
が政治家になるようになってきたんだね」
*その3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.1/2

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 1 SUZUKA GT300km                                  FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート1       99/03/21
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第1戦鈴鹿 SUZUKA GT300km(3/20,21)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300を現します
☆予選一回目終了後のコメント
#1 ペンズオイル・ニスモGTR
エリック・コマス「2番手だけど充分満足している。コンディションが難しくてイ
ンターミディエイトで走るタイミングがちょっと問題だった。それがうまくいって
いれば、あと1秒くらいは短縮することはできたはずだ。ただ、ポールを取れたか
どうかはわからないけど。セッションもあと一回残っているしね」
*81ダイシン シルビア
福山英朗「暫定の(クラス)ポールじゃなんにもいえないんだけど、今日はいい
チャンスにいけたね。路面コンディションがいいタイミングだった。クルマはトラ
クションがいい。ドリフトキングは(このクルマを)買うべきだね(笑)。あれ、
午後の予選はキャンセルじゃないの? 決勝は、『ポイントを確実にとる』という
のが今年のスローガンだから。今年はなんでもスローガンにしちゃうからね(笑)」
*77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「GT300クラスのセッションになって路面が回復してきた。昨日とはセッ
トを変えて、セミウエットでは初めての走行だった。安定して走れたけど、ラスト
1周のアタック中のヘアピンで目の前のクルマがスピンしてしまって、アタックで
きず残念でしたね。どうせ重りを積まれるならトップのほうがよかったね。でなけ
れば4番手とか…。マシンのポテンシャルも上がってきてるんで、あとは決勝でミ
スせず、トラブルなく淡々といくことですね」
*910 ナインテンポルシェ
玉本秀幸「アタックは余郷くんで、まだ決めてないけど決勝スタートもたぶん彼で
しょう。クルマの状態もウエットバランスがいい。昨日そのままの状態で走ってい
てこのポジションですから。このままの天気で決勝までいけば…。個人的には去年
乗っていた*77(クスコスバルインプレッサ)も上位なのでうれしいです。ポルシェ
は雨が多少上がっても降っていても安定したクルマなんです。その強みを生かした
いですね」
*25 モモコルセ・アペックスMR2
新田守男「レインで走っていて、スリックに替えて出ていって3周目ぐらいの130R
でいっちゃった…。路面は濡れていて、ちょうど雨が強くなってきたところだった」
#36 カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「予選は3番手までウェイト積まれるの? じゃあ、今のまま(4番手)
でいいや。ベストラップを出したときは、実はABSが壊れてたんだけど、基本的に
はクルマの調子もいいよ。タイムを出したときは、インターミディエイトを履いて
いったんだけど、あれはタイミングじゃないよ。読みだよ、読み。読みが良かった
んだよ」
☆予選2回目終了後のコメント
#100 RAYBRIG NSX
飯田章「午前中はレインタイヤで1回ある程度のタイムを出したあと、インターミデ
ィエイトに替えようと1回ピットに入っちゃったんです。結局インターでは走れなか
ったんで、そのままレインで続けてれば良かったんだけど、ちょっとチグハグになっ
ちゃいましたね。でも、あの状況では(雨がどうなるかは)誰もわからないですから
ね。午後は雨のセッティングに専念してました。明日も雨みたいですから。ホントは
ドライでやりたかったんですけどね。クルマは、99年型になっても基本的に変わって
ないんですが、なんだかレインが悪くなっちゃったような気がするなあ」
#37 カストロール・トムス・スープラ
片山右京「最初スープラに乗ったときは、なんて遅いクルマなんだろうって思った
んですよ。乗りはじめて2~3周で関谷さんや利男さんと並ぶくらいのタイムが出
せたんで、なんだみんなマジメに走ってないんだな、マジメに走ればすぐそれ以上
のタイムを出せるなって思ったんです。でも、それ以上いこうとすると『曲がらな
い、止まらない』で、なっかなか難しいんですよね。午後は『明日も雨だったら』
ということで、コース上の川になってる場所をチェックするために出ていったんで
すが、信じられないくらい低いスピードで滑っちゃうし…。でも、F1とかTS020と
かとは違った意味で、おもしろいことはおもしろいですね。トムスはプロフェッ
ショナルなチームですし。ボクはル・マンの予備予選のために次の富士に出られな
いんで、その間は利男さんに頑張ってもらって、また菅生で新車になったときに
戻ってきます」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「昨日の状態では良かったんですが、今日はアンダーが強い感じ。タイヤ
も1セットしか使えなくて、サイズ違いはテストできませんでした。クルマの状態
はいいんで、できれば入賞したいです。ポイントを獲っておきたいですね。ボクは
95年から5年目で初めてAドライバーになったんです。クルマのセットアップをし
なくちゃいけないですし、クルマをいい状態に持っていかないといけないんで、プ
レッシャーもありますが、テストからいい感じなので自信も出てきました。明日の
スタートは自分でいく予定です」
山野哲也「午後は走ってないんだけど、クルマの調子はいいみたい。きょうは1周
しか走ってないんだけど、(明日は)なんとか表彰台に乗りたい」
*99 大黒屋ぽるしぇ
安田崇チーフエンジニア「午前中4番手のタイムなんですが、日置さんのタイムが
110%に入っていないんです。ですから午後は日置さんだけ走らせたんですが、時
間が足りなくて基準タイムをクリアしていないようなんです。雨のなかでもクルマ
は余裕がありましたし、吉富もまだまだ攻められる状態でした」
#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「予選は悪くないと思う。コンディションが変わりやすかったし、
ちょっとギャンブル的なところがあったからね。チームはリスクをおかさないよう
にしたんだ。トップの2台はインターミディエイトだったけど、ボクらはレインで
走った。最後の2周はタイヤの温度が上がってしまってスローダウンしなければな
らなかった。午後は山西もボクも走っていない。あまりにもリスクが大きかった
し、タイムがつまる可能性もなかったしね。開幕戦で予選3位は悪くない。みんな
満足していると思うよ」
*61 テイボン・トランピオ・FTO
ラルフ・ファーマン「今朝はボクは走っていない。午後は4周走った。スピンして
しまった。でもボクだけじゃないよ、スピンしたのは。みんなスピンしていたよ。
たぶん温度が低かったからだろうけどね。すごく難しかった。グラベルに入っただ
けだったのでクルマにダメージはない。グラベルを取り除くだけで大丈夫」
#12カルソニックスカイライン
影山正美「冷や汗モンだよ。でも結構楽しんでたけど(笑)。29秒、28秒ときて、
29秒台に1回落ちたでしょ? あのときは違うラインを通って失敗したのと、ちょっ
と引っかかってもいるんだよね。マイナス・コンマ9秒って出てて、どこを削ろう
かなって考えてた。結局全部ちょっとずつ削っていったって感じですね。それにし
てもマッチャンコーナーや1コーナーでも『おおおーッ』て感じだったよ。2回目
の予選が始まる前はいくだけいくしかないと思ってた。前回のテストのときに壊し
てるから壊さないようにアタックしようとは思ってたけど、コンディションも悪く
なっていたし、通らなきゃごめんなさいだよね。だけど、午前中星野さんがアタッ
クしようとしたらクルマがトラブっていて、それでも10番手のタイムを出してくれ
ていたから、基準タイムをクリアできないっていうのだけは避けたかった。2分27
秒3が出たときは無線で『通ったよ』って言われたんだけど、『まちがいない?』
って確かめて。それでまちがいないってわかったときにはホッとしたね」
星野一義「2回目の予選は、27秒出ないとダメ(基準タイムをクリアできない)な
のに、コンディションが悪くなってね。でも正美が頑張ってくれて、ポジションを
維持してくれて、ほんとうに良かった。モニターで見てて、張りつくんじゃないか
と思ってたよ。オレだったらあんなに踏まない(笑)。タイムが出たときはホッと
したよ。今日の走りは100点満点だね。でも前回のテストでマイナス100点だったか
ら、これでゼロに戻ったところ(笑)。朝の予選、最初の20分は、トラブルで走れ
なかったでしょう。だから混走になる最後の20分に行くしかないと思って。最後の
ほうが雨が多かったけど、いくしかないよね。あのときはレインタイヤじゃタイム
出ないからインターミディエイトを履いていった。結構シビレたよね。明日の本番
は結構いいと思う。コレなら表彰台も見えてるし、ねらっていくよ」
#16 Castrol無限NSX
道上龍「昨日調子が良かったので今日はイケると思っていたんですけど、コンディ
ション的に小降りになったりまた降ってきたりで、タイヤチョイスに失敗しました
ね。レインからタイヤを交換するときに、ピットインするタイミングも遅かったし、
チームの作戦でスリックタイヤを選んだので、出ていってからも全然タイヤが温ま
らなくてグリップもしなかった。それで、混走のときに浅溝でいくしかないと思っ
て出ていったんですけど、クラッチの切れが悪くて。それでシケインでもスピンし
てしまったんです。なんとか出ようと思って必死だったんですけど、ニュートラル
が見つからなくて、なかなか戻れませんでした。とにかく中子さんに基準タイムを
出してもらわなくちゃいけなかったんで、必死でしたよ。なんとか戻れて、中子さ
んにもタイムを出してもらえたので良かったですけどね。結果は6番手ですけど、
明日も雨だろうしレースは混乱すると思うので、完走・入賞を目指します。それに
しても悔しいですね。開幕戦はどうしてもポールポジションを獲りたいと思ってた
んですよ」
#18 TAKATA童夢NSX(ポールポジション)
脇阪寿一「ものすごくうれしいです。童夢さんからは『勝て』、『ポールを獲れ』
と言われてきたわけで、その分今年はいろいろわがまま聞いていただいたので、み
んなが(ウェイトハンディがない)イコールコンディションであるこの1戦目で
ポールを獲って、林みのるさん(童夢代表)にプレゼントしたかったんです。それ
で冬のテストから頑張ってきたんです。ただ昨日は雨で今ひとつ調子よくなくて、
でも今日は晴れという予報だったんでセットをそのままにしてたらこの天気でしょ。
それで金石さんと相談して決めたセッティングとタイヤのチョイスが当たったんで
す。予選中は、こういう天気だからいつ逆転されるか最後まで不安でした。でも、
それだけに満足してます」
金石勝智「午前中の20分で勝負がついた。ドライバーも含めチームの作戦が当たっ
たということです。ボクはGT300との混走時間に走ることになっていたんですが、
ちょうど路面も乾きだしてきて、これで逆転されたらシャレにならんと思って最初
から目一杯いきました。ある程度タイムを出して、もう少しプッシュしようかと
思ったらピットから無線で『もうそれで結構です』って言われて止めました(笑)」
*81 ダイシン シルビア(GT300クラス予選トップ)
福山英朗「非常にタイミングが良かったですね。ですから、ボクだけじゃない力が
働いたような気がします。とくにウチのメカニックは、テスト、シェイクダウンと
徹夜どころか十徹くらい徹夜徹夜の連続でクルマを間に合わせてくれましたから、
それにちょっとは報いることができたので、それが非常にうれしいなと思います。
ただ、このポールはラッキーというかワンチャンスをものにしたにすぎないという
気もします。これからもっと熟成して、ドライで目一杯の勝負になってもポールが
獲れるよう精進したいと思います」
大八木信行「チームとして初のポールを獲れて非常に喜んでいます。クルマが新型
のS15シルビアになって、タイヤもアドバンに替わって、新しいパッケージで、こ
れからいい展開になるなって感じています」
*その2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN:第2回公式走行会時間変更他

   '99フォーミュラ・ニッポン第2回公式走行会の時間変更他
 3月25~26日ツインリンクもてぎで開催される公式走行会だが、下記のとお
り1日目の午後の走行時間が延長された。
日  時:3月25日(木) 10:00~12:00/13:30~16:30(1時間延長)
3月26日(金) 10:00~12:00/14:00~16:00
 また、参加を予定していたMIRAI(No.32 鈴木利男/近藤真彦)は不参加。T.B.N
となっていたTMSの18号車は下記のドライバーがドライブする。
25日AM/PM 26日AM  DOMINIK SCHWAGER(ドミニク・シュワガー)
1976.9.18 ドイツ・ミュンヘン生まれ
1998 国際F3000選手権参戦(Team Oreca)
第3戦バルセロナ 4位入賞
26日PM            黒澤琢弥
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

JGTC_Rd.1:鈴鹿 無限×童夢Pリリース

1999年 3月22日
無限×童夢プロジェクト
'99 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP ROUND 1 "SUZUKA GT 300km"
TAKATA 童夢 NSX
ポール・トゥ・フィニッシュで開幕戦を飾る!
○開催日   :1999年 3月20(土)~21(日)
○開催地   :三重県 鈴鹿サーキット(コース全長:5.86403km)
○決勝レース :51周(約299.066km)
○天 候   :予選日/雨      決勝日/雨
○コースコンディション :予選日/ウェット   決勝日/ウェット
○気温    :予選日/3.5℃(15時)  決勝日/6.6℃(15時)
○観客数   :39,000人(決勝日/主催者発表)
 1999年国内ビッグレースのトップを切って「SUZUKA GT 300km」が、
3月20~21日、三重県鈴鹿サーキットにおいて開催された。
 3月4~5日の公開テストでも好タイムをマークしたNSX勢は、ビッグレ
ースの開幕を待ちわびるファンの待つ鈴鹿サーキットに3チーム4台が勢揃い
した。
 20日(土)の公式予選では、小雨が煙る中TAKATA 童夢 NSXがスーパーラップ
をマークし、ポールポジションを獲得。他のNSX勢もMobil 1 NSXが3番手、
RAYBRIG NSXが5番手、Castrol 無限 NSXが6番手と、それぞれ好位置につけ、
翌日の決勝レースを待つこととなった。
 21日(日)の決勝レースは、TAKATA 童夢 NSXがポール・トゥ・フィニッシュ
で初優勝、昨年の雪辱を見事に果たした。他のNSX勢は残念な結果であったが、
ファーステストラップを記録するなど、それぞれに見せ場を造り、悪天候の中
観戦に訪れていただいた39,000人のお客様には、波瀾万丈の劇的なレース
展開であった。
●SUZUKA GT 300km 出場チームと戦績
No.マシン名             エントラント名      ドライバー     予選/決勝
------------------------------------------------------------------------
16 Castrol 無限 NSX 無限×童夢プロジェクト  中子 修       6位/17位
道上 龍
------------------------------------------------------------------------
18 TAKATA 童夢 NSX  無限×童夢プロジェクト  金石勝智       PP/優勝
                                          脇阪寿一
------------------------------------------------------------------------
64 Mobil 1 NSX     Mobil1 Nakajima Racing  トム・コロネル 3位/12位
山西康司
------------------------------------------------------------------------
100 RAYBRIG NSX      チーム国光              高橋国光       5位/R
with MOONCRAFT          飯田 章
------------------------------------------------------------------------
 昨シーズン、全レースのポールポジションを獲得し、後半戦4連勝(GTオール
スターを入れ5連勝)を飾り韋駄天ぶりを発揮したN-GT仕様ホンダNSXは、本年、
チーム体制を一部変更し3チーム4台の新体制で、1999年国内ビッグレースの緒
戦、「SUZUAKA GT 300km」に勢揃いした。
 金曜日のフリー走行では、午前中降りしきる雨の中NSX勢は各車2~4周程度の
確認走行にとどめタイム的にも見るべきものはなかったが、幾分雨足の弱まっ
た午後の走行ではCastrol 無限 NSXの道上選手がトップタイムをマーク。この
タイムがフリー走行のトップタイムとなり、変わらぬ韋駄天ぶりを発揮し、冷
たい雨の中で観戦する熱心なファンの期待に応えていた。
○公式予選第1回[3月20日(土) 10:50~11:50 出走:35台]
 いよいよ、大勢のファンの待ちわびた1999年全日本GT選手権第1戦の公式予選
が開始される。雨は降り続き、コースコンディションはウェット、気温は昨日
よりさらに下がりピット計測で7℃、気象台発表で3.5℃と、この時期とは思え
ない寒さの中、各チームともスタートしていった。
 予選開始とともにGT500クラスの各チームともコースイン、水煙の中一斉にタ
イムアタックが開始された。
 NSX勢では、TAKATA 童夢 NSXの脇坂寿一選手がインターミディエイト・タイ
ヤを装着してコースイン。スタート早々のスピンにもめげずに懸命のタイムア
タック。雨足が弱まり幾分コースコンディションが回復した15分過ぎ前後に、
2分13秒565、2分13秒037、2分13秒321と13秒台のタイムを連続してマーク。2番
手を1秒661引き離して最初の20分を終了した。
 Mobil 1 NSXのトム・コロネル選手はレインタイヤを装着。果敢にタイムア
タックを行い、終始2番手をキープしていたが、17分頃ペンズオイル・ニスモGTR
にかわされ3番手で最初の20分を終了した。
 RAYBRIG NSXは飯田章選手のドライブでスタート。途中ピットインしマシンの
動きがピーキー過ぎると、インターミディエイトからレインタイヤに交換し再
スタートしていった。ところがこの頃からコースコンディションが回復しだし
ため、タイヤ交換が裏目となりポールポジション争いに加わることができずに、
5番手で最初の20分を終了した。
 Castrol 無限 NSXは、昨日のフリー走行に引き続きトップタイムを狙い、道
上龍選手のドライブでレインタイヤを装着してスタート。コンディションの回
復を見て飯田選手に続きピットインし、スリックタイヤを装着してコースに復
帰したが、スリックタイヤがマッチするほどには天候が回復せず、6番手で20分
を終了した。
 GT300クラスとの混走となる最後の20分でも、TAKATA 童夢 NSXは快調さを維
持し、金石勝智選手が2分14秒107をマーク。二人のドライバーのどちらのタイ
ムでも暫定ポールポジションを獲得するという俊足ぶりを発揮した。
 Mobil 1 NSXは、最初の20分を走行していない山西康司選手がハンドルを握り
スタート。2分19秒449を記録し予選基準タイムをクリアすると、おりから強ま
りだした雨足もありそれ以上にタイムアップはできず終了した。
 RAYBRIG NSXは、飯田選手が再度アタックにスタートしたが、最初の20分ほど
にはコースコンディションが良くなく、ヘアピン・コーナーでスピンを喫し、
高橋国光監督兼選手と交代。予選基準タイムをクリアして予選第1回を終了し
た。
 Castrol 無限 NSXも道上選手がアタックに出走したが、シケインでスピン。
タイムアップはならず、中子修選手と交代。中子選手は3ラップし基準タイム
をクリアさせ走行を終了した。
 この結果、暫定ポールポジションは、TAKATA 童夢 NSX、3番手にMobil 1 
NSX、5番手にRAYBRIG NSX、6番手にCastrol 無限 NSXがつけることとなった。
○公式予選第2回[3月20日(土) 14:50~15:50 出走:29台]
 インターバルの間に雨は激しくなり、GT500クラスの20分が始まっても
NSX勢に動きは見られず、全車ピットで待機したまま最初の20分が終了した。
混走となった最後の20分では、明日の決勝レースが雨だった場合に備え、決
勝用ウェットセッティングの確認のためコースインはしたが、タイムアップは
望める状況ではなく、上位陣は公式予選第1回のタイムで決勝グリッドが決定
した。この決勝グリッドは、「2名のドライバーともが基準タイムをクリアし
なければならない」というレギュレーションに抵触するチームがあり、上位に
GT500クラス、次にGT300クラスが並びその後ろに救済処置を受けたGT500クラス、
そしてGT300クラスが並ぶという変則的なものとなった。
 ポールポジションを獲得したTAKATA 童夢 NSXの脇坂選手は、「インターミ
ディエイトでスタートした最初は、リアがピーキーで乗りづらく怖い思いもし
てピットインしようかと思いましたが、恵二さん(松本前監督)がいたら怒られ
ると思い、20分間を攻めて走りました。チームにはずいぶんわがままも聞いて
もらったし、イコールコンディション(ウェイトハンディがない)のこのレース
で、まずポールをとれたことが素直に嬉しく思います。朝起きたら雨が降って
いたので、金石さんと相談してセッティングを決めたように、チームとのコミュ
ニケーションによるポールポジションだと思っています。決勝はまだどちらか
らいくか決めてませんが、ドライでもウェットでもいけると思います。」と語
った。
 僚友の金石選手は、「チームの作戦が的中してのポールだと思います。僕自
身は混走の20分に乗ることになっていたのですが、脇坂が頑張ったのに逆転さ
れたらシャレにならんと思って、必死でプッシュしていたんです。そしたらピ
ットから無線で戻れといわれて、もう少しプッシュしたいといったら『誰もそ
んなタイム(2分14秒台)で走ってないからもういい』といわれてやめたんです。」
と語った。
○決勝レース[14時15分スタート 51周 出走:34台]
 昨日からの雨は一時は上がったものの、コースコンディションはウェットで
朝のフリー走行が開始された。NSXの各チームはウェット・セッティングの確認
のため積極的に走り込み、RAYBRIG NSXとTAKATA 童夢NSXが1-2位、Mobil 1
NSXが4番手、Castrol 無限 NSXが6番手と、午後の決勝レースを戦うに充分
なタイムと順位でフリー走行を終了した。
 午後14時17分、フォーメーションラップがスタート、SUZUKAのフルコー
スを1周してペースカーがピットロードへ退避、悪天候の中観戦に訪れた熱心
なファンが待ちわびる1999年全日本GT選手権のスタートの幕が切って落と
された。
 ポールポジションのTAKATA 童夢NSXを先頭に、上位陣はきれいにスタート。
第1コーナーへと向かっていった。
 トップを快走するTAKATA 童夢NSXは脇坂選手が第1ドライバーを担当し、2
番手以下を引き離しにかかる。3周終了時に4.213秒、6周終了時に4.947秒と、
快調に差を開いたいったが、8周目、スピンし3番手に後退してしまう。ここ
から追い上げを開始した脇坂選手は、13周目2番手に復帰、さらにトップを
行くペンズオイル・ニスモGTRを追っていった。17周目、その差3.156秒にま
で追い上げたが、18周目再びスピン、7.927秒に開いてしまう。重なるスピン
にも負けずに追い上げをはかる脇坂選手は、22周目その差1.943秒、23周目
にヘアピン・コーナーでアウト側に膨らんだコマス選手の隙をつきトップに浮
上。さらにチャージをかけ、約3秒引き離した26周目、ルーチンのピットイ
ンを行った。タイヤ交換、ガス補給、ドライバーは金石選手がハンドルを握り
コースインに復帰していった。ピットタイムは36.7秒であった。
 このピットインの間に先行したペンズオイル・ニスモGTRも27周目ピットイ
ン、金石選手の前でコースに戻ったが、タイヤも幾分暖まり勢いに勝る金石選
手はあっさりとパス。29周目、カストロール・トムス・スープラのピットイ
ンの隙をつき、トップに浮上。
 トップに立った金石選手は快調にとばし、2番手以下を引き離す。30周目
に10.269秒、35周目には23.175秒、40周目には30.601秒と差を広げ独走態
勢に持ち込んでいった。その後も金石選手は危なげなく走り、51周目、2番
手に39.792秒の差を付けトップでチェッカーフラッグを受け、昨年の雪辱を果
たし念願の初優勝を飾った。
 予選3位からスタートしたMobil 1 NSXは、山西康司選手がドライブ。予選
順位通りの3番手で1周目を終了したが、2周目2車にパスされ5番手に下が
り、3周目にシケインでスピンしてしまった。グラベルにストップしたMobil 1
NSXは、オフィシャルに押してもらいコースに復帰したが大きく順位を落とし
てしまった。山西選手は22周を走行してピットイン。替わったコロネル選手
はコンスタントに追い上げるが、結局12番手でチェッカーフラッグを受けた。
 予選5位からスタートしたRAYBRIG NSXは、高橋国光監督兼選手がドライブ。
4周目にデグナーカーブでスピンしたものの直ちに復帰、順位は変わらない。
しかし、6周目第2コーナーで大きくスピンし、グラベルベッドに捕まってし
まった。オフィシャルの助けを借りコースに復帰したが、その後西コースピッ
トにマシンを止めリタイヤしてしまう。
 予選6番手からスタートの道上選手がハンドルを握るCastrol 無限 NSXは、
スタートで順位を一つ上げ5番手でグランドスタンド前に戻ってきた。さらに
2周目には4番手と順位を上げていったが、7周目にスプーンコーナーでコー
スアウト。大きく順位を落としてしまった。コースに復帰した道上選手は、遅
れを取り戻すべく猛チャージを開始。2分18秒台でラップを重ね、19周目、
20周目とファーステストラップを更新していく。さらに24周目このレース
でただ一人2分18秒を切る2分17秒903でファーステストラップを更新し
た。その後も追い上げの手を緩めず、33周目3番手でピットイン、中子選手
に交代する。タイヤ交換を行わずガス補給のみでコースに復帰した中子選手は、
6番手を走行。ポジションをキープするが、45周目に2コーナーで痛恨のス
ピン。タイヤバリアまで飛び出し、ピットには戻ったもののリタイヤしてしま
った。
 この結果、優勝はTAKATA 童夢 NSXで、幻の優勝に終わった'98年最終戦の雪
辱を見事に果たすこととなった。
○永長真(無限×童夢プロジェクト プロジェクトリーダー)のコメント
「まず、あいにくの天候の中を鈴鹿サーキットまで足を運んでいただいたファ
ンの皆様にお礼を申し上げます。'99シーズン開幕のレースを、できれば良いコ
ンディションの下で楽しんでいただきたかったのですが……… これに懲りず
に次回もぜひサーキットでの応援をお願いいたします。
次に(株)童夢の皆様に『本当にご苦労さまでした。おめでとうございます』と
申し上げます。二人のドライバーも本当に良くやってくれました。待望のGT
初優勝を手に入れたので、これからは次にステップに向かって進んでいただき
たいと思います。
我々無限×童夢プロジェクトは、昨シーズンの終了時点から直ぐに今シーズン
に向けての開発を進めてきたわけですが、それが今回の結果に反映されたのだ
と思います。ただ現状に満足するのではなく、また明日からNSX-GTの熟成に向
けて頑張りますので、今後とも変わらぬご支援、ご声援のほど、よろしくお願
いいたします。ありがとうございました。」
○脇坂寿一選手(TAKATA 童夢NSX)のコメント
「イコールコンディションのこのレースで優勝できて本当に嬉しい。スピンし
て遅れましたが、何とかトップで金石さんに渡せてホッとしました。トップに
戻ったときはコマス選手がはらんでくれたので、楽に前に出られましたが、も
っと安定して走ることが今後の課題ですね。次の富士ではウェイトハンディが
70kgになるのでブレーキがきつくなると思いますが、頑張って上位入賞した
いですね。」
○金石勝智選手(TAKATA 童夢NSX)のコメント
「変わった1周目は、こんなにヘタクソだったかと思うほど、グリップがなく
てスピードが上げられませんでした。でも、本山君に追いついたらやはり振ら
れて苦労しているので、みんなこんなものなんだとホッとしましたし、あっさ
り前に出られました。昨年あんなことがあったので、優勝できて本当に嬉しい。
次の富士は重くなりますが問題はないと思います。昨年のチャンピオンチーム
の作戦を見習って、走りますよ。」
資料提供:無限×童夢プロジェクト
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GT:SUZUKA GT決勝結果

SUZUKA  GT300km                         99-03-21     
'99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第1戦            WEATHER  : Rain
GT                          決勝正式結果表         COURSE   : Wet
国際レーシングコース
P. No. Cls.    Driver1    Driver2       Type             Lap        Total
              Team/Car
-------------------------------------------------------------------------
1  18 500  1 脇阪 寿一   金石 勝智     NSX NA2           51  2:03'21.555
TAKATA童夢NSX
2   1 500  2 エリック・コマス    本山  哲      SKYLINE BNR34     51  2:04'01.347
ペンズオイル・ニスモGTR
3  37 500  3 鈴木 利男   片山 右京     SUPRA JZA80       51  2:04'14.322
カストロール・トムス・スープラ
4  36 500  4 関谷 正徳   黒澤 琢弥     SUPRA JZA80       51  2:04'16.962
カストロール・トムス・スープラ
5   2 500  5 鈴木 亜久里 ミハエル・クルム      SKYLINE BNR34     51  2:04'17.872
ARTAゼクセルスカイライン
6   3 500  6 長谷見 昌弘 田中 哲也     SKYLINE BCNR33    51  2:04'55.953
ユニシアジェックススカイライン
7  38 500  7 竹内 浩典   立川 祐路     SUPRA JZA80       50  2:03'33.355
FK/マッシモセルモスープラ
8  32 500  8 木下 隆之   近藤 真彦     SUPRA JZA80       49  2:04'13.837
cdma  Oneセルモスープラ
9  55 500  9 松田 秀士   田嶋 栄一     VIPER GTS         49  2:04'47.113
STPアドバンタイサンバイパー
10  12 500 10 星野 一義   影山 正美     SKYLINE BNR34     48  2:05'17.645
カルソニックスカイライン
11  19 300  1 織戸  学    原  貴彦      CELICA ST205      47  2:04'37.710
ウエッズスポーツセリカ
12  64 500 11 トム・コロネル     山西 康司     NSX NA2           47  2:04'39.212
Mobil  1  NSX
13  11 500 12 和田 孝夫   木下 みつひろ SKYLINE BCNR33    47  2:04'41.575
エンドレス アドバン GTR
14  61 300  2 中谷 明彦   ラルフ・ファーマン     FTO DE3A          47  2:05'08.993
テイボン・トランピオ・FTO
15 910 300  3 余郷  敦    玉本 秀幸     PORSCHE 993RSR    47  2:05'16.428
ナインテンポルシェ
16  35 500 13 P・A・ラファネル   山路 慎一     SUPRA JZA80       47  2:05'54.737
マツモトキヨシ・トムススープラ
17  16 500 14 中子  修    道上  龍      NSX NA2           46  1:56'30.225
Castrol無限NSX
18  88 500 15 和田  久    古谷 直広     DIABLO ZA90DE068  46  2:03'54.302
JLOCディアブロGT-1
19   7 300  4 松本 晴彦   山野 哲也     RX7 FD3S          46  2:05'24.711
RE雨宮マツモトキヨシRX-7
20  26 300  5 須賀 宏明   砂子 智彦     PORSCHE 911RSR    45  2:01'37.300
アドバンタイサンポルシェ
21  14 300  6 古在 哲雄   小宮 延雄     SILVIA S14        45  2:04'13.347
ホイールショップアルタシルビア
22  70 300  7 石橋 義三   P・V・スクート      PORSCHE 911GT2    45  2:04'47.494
外車の外国屋アドバンポルシェ
23  25 300  8 新田 守男   菊地  靖      MR2 SW20          45  2:05'45.872
モモコルセ・アペックスMR2
24  15 300  9 土屋 武士   井出 有治     SILVIA S15        45  2:05'54.390
ザナヴィARTAシルビア
25  39 500 16 土屋 圭市   影山 正彦     SUPRA JZA80       44  2:03'43.980
デンソーサードスープラGT
26  81 300 10 福山 英朗   大八木 信行   SILVIA S15        43  2:05'59.067
ダイシン  シルビア
27  99 300 11 吉富  章    日置 恒文     PORSCHE 993RSR    41  2:03'30.922
大黒屋ぽるしぇ
28  21 300 12 一ツ山 康    伊藤 大輔     BMW E36           40  2:05'18.263
BP-トランピオ-BMW
29  30 500 17 山田 洋二   岡田 秀樹     McLAREN 19R GTR   37  1:40'38.598
綜警 McLaren GTR
以上 規定周回数完走:
72 300    石川  朗    平野  功      RX7 FD3S          20  1:24'12.460  
オークラRX7
100 500    高橋 国光   飯田  章      NSX NA2           12    32'48.188 
RAYBRIG NSX
77 300    小林 且雄   谷川 達也     IMPREZA GC4       10    27'53.726
クスコスバルインプレッサ
9 300    羽根 幸浩   徳田 照幸     PORSCHE 993RSR     8    23'57.564
大黒屋プロキダイポルシェ
71 300    城内 政樹   河野 尚裕     PORSCHE 911GT2            失   格
シグマテック911
開始時刻: 14:22'04      終了時刻: 16:25'25      
Fastest Lap  No. 16  Castrol無限NSX    2'17.903   24/46   153.08Km/h
Class GT500  規定周回数 35    Class GT300  規定周回数 32
ペナルティ No.71 1999年全日本GT選手権統一規則第28条15.
            (反則スタート)違反により、
            47条5.及び6.に基づき、競技結果に1分加算した。
      No.71 1999年国内競技車両規則第8章N-GT規定5.3)
            吸気系統5.3.1.2)(エアリストリクター径)
            技術規定違反により失格とした。
 
                         提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC_Rd.1:鈴鹿GT300km決勝レポート

'99 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
SUZUKA GT 300km
TAKATA童夢NSX(脇阪/金石)初優勝!昨年最終戦の無念を晴らす
       右京、国内シリーズ復帰戦で表彰台ゲット!
 午後1時25分、スタート進行に入る前、先日のテスト走行で亡くなった舘信
吾選手へ哀悼の意を表すためサーキットにいる観客、関係者によって1分間の
黙祷が捧げられた。
 空はどんよりと暗く雨は降り続く。気温8度という寒さ。国内レースの開幕
には相応しくない天候となったが、不確定な要素が増えたことで波瀾は必至。
最後まで目の離せないレースとなった。
 チャンピオンこそ逃したものの速さでは抜きんでるNSX。打倒NSXを目
論し新型車を送り込んだスープラとGTR勢。迎え撃つ形となるNSXは昨年
の改良型。しかし、それらの実力も雨の中で計り知ることは難しい。
 午後2時15分、ローリング開始。1周のローリングの後、ライトを点灯した
マシンが水しぶきを高々と上げてスタート。
 GT300ポールの#81シルビアがスタート直前の最終コーナーでスピン。大きく
遅れる。
2周目 S字で#12GTR(星野)が#16NSXを抜いて3位へ。他を上回るタイム。鬼
    神の走りだ。
2周終了順位  GT500(TOP10) 18-1-12-16-64-36-100-2-37-3
GT300(TOP 5) 910-7-71-15-19
3周目  #64NSX(山西)がシケインでスピン、ストップ。
5周目 #100NSX(国光)スピンして縁石でアンダーパネル痛める。
#55バイパー(田嶋)コースアウト。コース復帰。
#64NSXシケインでまたスピン。
6周目 #39スープラコースアウト。オフィシャルの手借りて復帰。
7周目 #100NSX(国光)2コーナーでコースアウト。グラベルにはまる。
#16NSX(道上)もコースアウト。NSX勢は4台中3台がアクシデント。
#7RX7(松本)スピン。グラベルにはまる。
8周目 #18NSXもスピン。トップ脱落。NSXは自滅していく……。
#12GTR(星野)、#1GTR(コマス)をヘアピンで抜きトップへ。
10周終了順位  GT500(TOP10) 12-1-18-36-2-37-3-35-38-32
GT300(TOP 5) 71-910-19-81-21
13周目  #77インプレッサ、S字でクラッシュ。
トップ#12GTRスプーンでコースアウトするも自力復帰。3位に落ちる
が再度追い上げを敢行。
15周目  #12GTRスロー走行、ストップ、再スタートを繰り返す。ABSにトラブ
ルを抱えたようだ。
これでトップ争いは今のところ#1GTRと#18NSXの2台に絞られた感じだ。
17周目  #81シルビア、エンジン不調でガレージに入る。点火系か?暫くして
    復帰。
18周目  #12GTRピットイン。影山正美にチェンジ。
20周終了順位  GT500(TOP10) 1-18-36-2-37-3-35-38-32-88
GT300(TOP 5) 71-19-910-21-26
21周目  #36スープラ、ルーティンのピットイン。
22周目  #35スープラ(ラファネル)デグナーでスピンアウト。
23周目  #1GTR(コマス)と#18NSX(脇阪)がテールtoノーズに。
24周目  ヘアピン立ち上がりで#18NSXがトップに立った。
26周目  レース折り返しとなったあたりから、各車続々とルーティンのピット
イン。トップ#18NSXも26周終えて、#1GTRも27周終えてピットへ。
28周目  #1GTRがピットアウトした時点では#18NSXの前に出たが、タイヤも温
まっておらず、#18が即座にトップ奪還。
この周終えて両者の差は#18NSX--(8.9秒)--#1GTR
29周目  #37スープラピットイン、利男から右京へ。
30周終了順位  GT500(TOP10) 18-(10.2秒)-1-*16-37-36-2-3-38-32-30
GT300(TOP 5) *71-910-26-61-19
(*は未ピットイン)
34周目  ピットインを済ませていなかった#16NSX、#17ポルシェピットイン。
#18NSX--(19.5秒)--#1GTR   トップ#18NSX安全圏へ逃げたか?
35周目  #18NSX--(23.1秒)--#1GTR
36周目  #18NSX--(22.5秒)--#1GTR
37周目  #18NSX--(24.8秒)--#1GTR
38周目  4位争いが白熱。#36スープラ(黒澤)vs#2GTR(クルム)
40周目  #35スープラ、コースアウト、復帰。
40周終了順位  GT500(TOP10) 18-(30.6秒)-1-37-36-2-16-3-38-32-55
GT300(TOP 5) 71-19-910-61-26
46周目  #16NSX(中子)1コーナーでコースアウト。リアからタイヤバリアにク
    ラッシュ。ピットに戻るがリタイア。
 途中スピンで遅れる場面はあったものの、ポールスタートの#18TAKATA童夢
NSXが開幕戦を制し初優勝。昨年の最終戦トップでチェッカーを受けながらも、
再車検で苦渋をなめた悔しさを晴らすことになった。
 国内シリーズ復帰を果たした片山右京は、雨の中ブランクを感じさせない走
りを見せ表彰台を得た。
 また、序盤トップに躍り出て観客を湧かせた星野は、マシントラブルで結果
には結びつかなかった。
(周回数はトップのものです)
●レース暫定結果(トップ10+α)
P--No.Cls----Car------------------------Drivers--------Laps
1  18 500    TAKATA童夢NSX              脇阪/金石       51
2   1 500    ペンズオイル・ニスモGTR    コマス/本山    
3  37 500    カストロールトムススープラ 鈴木利男/右京  
4  36 500    カストロールトムススープラ 関谷/黒澤琢弥  
5   2 500    ARTAゼクセルスカイライン   亜久里/クルム  
6   3 500    ユニシアJECSスカイライン   長谷見/田中    
7  38 500    FK/マッシモセルモスープラ  竹内/立川      
8  32 500    cdma Oneセルモスープラ     木下/近藤      
9  55 500    STPアドバンタイサンバイパー松田/田嶋      
10  12 500    カルソニックスカイライン   星野/影山正美  
11  71 300  1 シグマテック911            城内/河野      
12  19 300  2 ウェッズスポーツセリカ     織戸/原        
15  61 300  3 テイボン・トランピオ・FTO  中谷/ファーマン
16 910 300  4 ナインテンポルシェ         余郷/玉本      
20   7 300  5 マツモトキヨシRX-7         松本/山野      
---------------------------------------------------------
            *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japanese F3

'99JF3_ドライバーズポイント( 1/10)

(第1戦まで)
1999                    3   4   5   5   6   7   8   8  10  11
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            21  18  02  23  06  04  01  29  03  14
Championship        鈴  筑  富  美  富  鈴  菅  T  茂  鈴
Drivers-point      鹿  波  士  祢  士  鹿  生  I  木  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1   7 荒  聖治            9                                         9     9
2   2 W.エブラヒム       6                                         6     6
3  55 金石 年弘           4                                         4     4
4   1 D.マニング         3                                         3     3
5   3 S.フィリップ       2                                         2     2
6   9 谷川 達也           1                                         1     1
77 伊藤 大輔           0                                         0     0
87 M.メディアーニ     0                                         0     0
64 松田 次生           0                                         0     0
16 五味 康隆           0                                         0     0
71 内山 清士           0                                         0     0
17 黒澤 治樹           0                                         0     0
8 井上 智之           0                                         0     0
6 中嶋 廣高           0                                         0     0
18 密山 祥吾           0                                         0     0
5 滑川  健            0                                         0     0
15 R.ビルタネン       0                                         0     0
33 小早川 受黎         0                                         0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

GT:SUZUKA F3決勝結果

SUZUKA  GT300km                               99-03-21
1999年全日本フォーミュラ3選手権シリーズ第1戦         WEATHER  : Rain
F3                          決勝正式結果表               COURSE   : Wet
国際レーシングコース
Pos. No. Driver     Type            Lap     Total      Delay           Team/Car
----- -------------------------------------------------------------------------
1  7荒  聖治       ダラーラF399 3S-GE  17 39'51.244 150.08Km/h         TOM'S F399
2  2ワグナー・エブラヒム   ダラーラF399 MF204B 17 39'57.172      5.928   戸田無限ホンダF399
3 55金石 年弘      ダラーラF399 MF204B 17 39'59.574      8.330    ARTA  399  無限
4  1ダーレン・マニング    ダラーラF399 3S-GE  17 39'59.776      8.532        TOM'S  F399
5  3セバスチャン・フィリップ ダラーラF399 3S-GE  17 40'11.405     20.161 カストロール富士通テンF399
6  9谷川 達也      ダラーラF399 3S-GE  17 40'18.060     26.816          ThreeBond
7 77伊藤 大輔      ダラーラF399 MF204B 17 40'19.091     27.847 スピードマスターF399ホンダ
8 87マウリシオ・メディアーニ  ダラーラF399 4G93   17 40'24.830     33.586阪急交通社HKSラリーアート
9 64松田 次生      ダラーラF399 MF204B 17 40'30.356     39.112      PIAA  DALLARA
10 16五味 康隆      ダラーラF399 3S-GE  17 40'50.255     59.011        ダラーラ  F399
11 71内山 清士      ダラーラF399 3S-GE  17 40'53.483   1'02.239     NIHONKIZAIF399
12 17黒澤 治樹      ダラーラF399 MF204B 17 41'04.892   1'13.648     ライアンレーシング戸田
無限本田
13  8井上 智之      ダラーラF399 3S-GE  17 41'23.301   1'32.057  TOM'S  ESSO  F399
14  6中嶋 廣高      ダラーラF398 3S-GE  17 41'31.888   1'40.644    5ZIGEN  DALLARA
15 18密山 祥吾      ダラーラF397 4G93   17 41'51.411   2'00.167     イエローハット397・HKS
16  5滑川  健       ダラーラF397 3S-GE  16 42'05.665       1Lap  INGING  ダラーラF398
以上 規定周回数完走:
15リスト・ビルタネン     ダラーラF399 3S-GE  13 31'20.729      4Laps    5ZIGEN  DALLARA
33小早川 受黎    ダラーラF399 3S-GE   9 22'29.865      8Laps     DeODEO・DALLARA
開始時刻: 11:09'54
終了時刻: 11:49'45
Fastest Lap
No.1  ダーレン・マニング   TOM’S  F399    2'17.599   11/17   153.42Km/h
規定周回数 15
ペナルティ No.71 1999年全日本フォーミュラ3選手権統一規則第28条11.
            (グリッドへの試走時のピットレーン通過速度)違反により、
            罰金5万円を課した。
提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

F3_Rd.1:鈴鹿決勝レポート(速報)

        荒  聖治、初ポールから初優勝!
 全日本F3開幕戦は、本命の一人と目されていた#1マニングが予選で黄旗追
い越しのペナルティでノータイム。ぶっちぎりのPPが一転グリッド14番手に
なるというどんでん返しや、濡れた路面に手こずった#77伊藤、#55金石、#64松
田などの有力選手が下位に沈むなどの波瀾があった予選を経て迎えた決勝日。
 ウェットとなった路面状況を把握するため、急きょ決勝前に10分間のフリ
ー走行が設けられた。
 決勝スタート時刻になって雨はほぼ止んだものの、路面は依然ウェット。
 PPの#7荒が好スタート。#55金石もダッシュを決め5番手に浮上。#1マニ
ングもジャンプアップ。
●決勝経過
1周目 7-2-3-55-9-16-77-1-87-71-64
2周目 7-2-55-3-9-1-77-16-87-71-64  トップ#7荒に#2エブラヒム迫る
3周目 7-2-55-3-1-9-77-87-16-64
4周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16     #55金石が2'20.885のファステスト
5周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16
6周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16     #55金石が2'19.915のファステスト
7周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16     #1マニングが#3フィリップを攻める
8周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16     #7荒が2位との差広げる(この周2秒)
9周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16     #77伊藤が#9谷川に迫る
#64松田2'18.752のファステスト
10周目 7-2-55-3-1-9-77-87-64-16     11周目に入るストレートでようやく
#1マニングが4位へ。さらに#55金石を
追う
11周目 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16     #1マニング前が空いて2'17.599のファ
ステスト。#55金石を攻める
12周目 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16     #55金石vs#1マニング熾烈に
13周目 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16     #7荒、2位との差3.2秒に
14周目 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16     #55金石#1マニングをうまく抑える
15周目 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16     #7荒、2位との差4.4秒に
16周目 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16
FINISH 7-2-55-1-3-9-77-87-64-16     #7荒、見事なポールtoウィン
 ややダークホース的存在だった#7荒だが、ウェット路面で安定した速さを見
せ逃げきり優勝。トムスのエースであるマニングをさしおいて、幸先よい1勝
を挙げた。昨年の途中からの参戦で、まだキャリアは少ないものの今年は大き
く飛躍する可能性大だ。
 2位は、謎のガイジンドライバー、F3初レース、もちろん日本では初レー
スという#2ワグナー・エブラヒム。こちらも名門戸田レーシングからのエント
リーだけに、今年の台風の目となりそうだ。
●決勝結果トップ10
P--No.Driver---------Car--------------------
1  7 荒  聖治       Dallara F399/3S-GE     
2  2 W.エブラヒム   Dallara F399/MF204B    
3 55 金石  年弘     Dallara F399/MF204B    
4  1 D.マニング     Dallara F399/3S-GE     
5  3 S.フィリップ   Dallara F399/3S-GE     
6  9 谷川  達也     Dallara F399/3S-GE     
7 77 伊藤  大輔     Dallara F399/MF204B    
8 87 M.メディアーニ Dallara F399/4G93      
9 64 松田  次生     Dallara F399/MF204B    
10 16 五味  康隆     Dallara F399/3S-GE     
             ・
             ・
--------------------------------------------
          *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

JGTC_NEWS:GTA横山ノック知事を表敬訪問

     GTアソシエイション、横山ノック知事を表敬訪問
 3月16日、全日本GT選手権シリーズの振興組織であるGTアソシエイシ
ョン(GT-A)の主要メンバー(高橋国光会長、星野一義、鈴木亜久里、加治次郎
事務局長)が、横山ノック大坂府知事を表敬訪問した。
 これはGT-Aが今年2月に発表したGT-Aの持つ資源を社会還元することを目的
とした「GT-A地域交流宣言」に基づき行われたもの。
 GT-A側からは、交通安全対策や今後のモータースポーツのあり方などについ
ての提案をし、大阪府の事業におけるGT-Aの資源の活用についての話し合いが
なされた。
関西国際空港対岸の「りんくうタウン」での公道レースの話も出るなど盛り
上がりを見せたが、近い将来、大阪府の公的な駐車スペースでのGTマシンの
展示、テスト走行、写真展などの開催を行うという方向を見いだして、訪問は
終了した。
            *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

JGTC_Rd.1:鈴鹿GT300kmフリー走行

 鈴鹿は朝から雲が垂れ込め、時折雨がパラついている。
 朝、8時半から行われたフリー走行では、僅かずつだが走り込むにつれて路
面が乾き、終盤になって各車タイムアップ。ここでも、安定した速さを見せた
NSX勢が上位に顔を揃えたが、GTR、スープラとの差は僅か。#88ディアブ
ロが5位と健闘した。
 セッション終盤、#64、#100NSXが濡れた路面に足をすくわれコースアウト
したが、ダメージはないようだ。
 天気予報では午後から本降りになる模様。不確定要素の多い雨のレースとな
ると、NSXの速さが結果に結びつくのか……予想は困難だ。
           *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GT:SUZUKA GTフリー走行

SUZUKA  GT300km                               99-03-21
'99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第1戦                  WEATHER  : Cloudy
GT                          フリー走行結果表             COURSE   : Dry/Wet
国際レーシングコース
P.  No.Cls.  Driver1    Driver2      Type                 Time         Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1 100 500  1高橋 国光  飯田  章     NSX NA2          2'14.382      RAYBRIG NSX
2  18 500  2脇阪 寿一  金石 勝智    NSX NA2          2'15.736    TAKATA童夢NSX
3   2 500  3鈴木 亜久里ミハエル・クルム     SKYLINE BNR34    2'15.976  ARTAゼクセルスカイライン
4  64 500  4トム・コロネル    山西 康司    NSX NA2          2'16.900    Mobil  1  NSX
5  88 500  5和田  久   古谷 直広    DIABLO ZA90DE068 2'17.037  JLOCディアブロGT-1
6  16 500  6中子  修   道上  龍     NSX NA2          2'17.714   Castrol無限NSX
7  36 500  7関谷 正徳  黒澤 琢弥    SUPRA JZA80      2'17.775 カストロール・トムス・スープラ
8   3 500  8長谷見 昌弘田中 哲也    SKYLINE BCNR33   2'18.027 ユニシアジェックススカイライン
9  12 500  9星野 一義  影山 正美    SKYLINE BNR34    2'18.494     カルソニックスカイライン
10  37 500 10鈴木 利男  片山 右京    SUPRA JZA80      2'19.189 カストロール・トムス・スープラ
11  35 500 11P・A・ラファネル  山路 慎一    SUPRA JZA80      2'19.610 マツモトキヨシ・トムススープラ
12  30 500 12山田 洋二  岡田 秀樹    McLAREN 19R GTR  2'20.147 綜警 McLaren GTR
13   1 500 13エリック・コマス   本山  哲     SKYLINE BNR34    2'21.744  ペンズオイル・ニスモGTR
14  11 500 14和田 孝夫  木下 みつひろSKYLINE BCNR33   2'22.649エンドレス アドバン GTR
15  38 500 15竹内 浩典  立川 祐路    SUPRA JZA80      2'22.929  FK/マッシモセルモスープラ
16  55 500 16松田 秀士  田嶋 栄一    VIPER GTS        2'23.600        STPアドバン
タイサンバイパー
17  39 500 17土屋 圭市  影山 正彦    SUPRA JZA80      2'24.249 デンソーサードスープラGT
18  81 300  1福山 英朗  大八木 信行  SILVIA S15       2'25.923     ダイシン  シルビア
19  32 500 18木下 隆之  近藤 真彦    SUPRA JZA80      2'26.040cdma  Oneセルモスープラ
20  61 300  2中谷 明彦  ラルフ・ファーマン    FTO DE3A         2'26.611 テイボン・トランピオ・FTO
21 910 300  3余郷  敦   玉本 秀幸    PORSCHE 993RSR   2'26.851       ナインテンポルシェ
22  99 300  4吉富  章   日置 恒文    PORSCHE 993RSR   2'27.039   大黒屋ぽるしぇ
23  15 300  5土屋 武士  井出 有治    SILVIA S15       2'27.854  ザナヴィARTAシルビア
24  71 300  6城内 政樹  河野 尚裕    PORSCHE 911GT2   2'28.878       シグマテック911
25  25 300  7新田 守男  菊地  靖     MR2 SW20         2'29.139  モモコルセ・アペックスMR2
26  19 300  8織戸  学   原  貴彦     CELICA ST205     2'29.235    ウエッズスポーツセリカ
27  26 300  9須賀 宏明  砂子 智彦    PORSCHE 911RSR   2'29.363  アドバンタイサンポルシェ
28  77 300 10小林 且雄  谷川 達也    IMPREZA GC4      2'30.423   クスコスバルインプレッサ
29  14 300 11古在 哲雄  小宮 延雄    SILVIA S14       2'30.507ホイールショップアルタシルビア
30   9 300 12羽根 幸浩  徳田 照幸    PORSCHE 993RSR   2'35.359    大黒屋プロキダイ
ポルシェ
31  70 300 13石橋 義三  P・V・スクート     PORSCHE 911GT2   2'35.810     外車の外国屋
アドバンポルシェ
32  72 300 14石川  朗   平野  功     RX7 FD3S         2'35.967          オークラRX7
33  21 300 15一ツ山 康   伊藤 大輔    BMW E36          2'36.397    BP-トランピオ-BMW
34   7 500 19松本 晴彦  山野 哲也    RX7 FD3S         2'37.694RE雨宮マツモトキヨシRX-7
開始時刻: 08:30'00
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

GT:SUZUKA GT総合予選結果

SUZUKA  GT300km                               99-03-20
'99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第1戦                  WEATHER  : Rain
GT                          総合予選正式結果表         COURSE   : Wet
国際レーシングコース
P. No. Cls. Driver1     Driver2      Type             Best Time        Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  18 500  1脇阪 寿一  金石 勝智    NSX NA2          2'13.037    TAKATA童夢NSX
2   1 500  2エリック・コマス   本山  哲     SKYLINE BNR34    2'14.698  ペンズオイル・ニスモGTR
3  64 500  3トム・コロネル    山西 康司    NSX NA2          2'15.790    Mobil  1  NSX
4  36 500  4関谷 正徳  黒澤 琢弥    SUPRA JZA80      2'16.088 カストロール・トムス・スープラ
5 100 500  5高橋 国光  飯田  章     NSX NA2          2'16.825      RAYBRIG NSX
6  16 500  6中子  修   道上  龍     NSX NA2          2'17.661   Castrol無限NSX
7  37 500  7鈴木 利男  片山 右京    SUPRA JZA80      2'18.374 カストロール・トムス・スープラ
8  12 500  8星野 一義  影山 正美    SKYLINE BNR34    2'18.431     カルソニックスカイライン
9   2 500  9鈴木 亜久里ミハエル・クルム     SKYLINE BNR34    2'19.170  ARTAゼクセルスカイライン
10   3 500 10長谷見 昌弘田中 哲也    SKYLINE BCNR33   2'19.400 ユニシアジェックススカイライン
11  35 500 11P・A・ラファネル  山路 慎一    SUPRA JZA80      2'20.562 マツモトキヨシ・トムススープラ
12  38 500 12竹内 浩典  立川 祐路    SUPRA JZA80      2'24.012  FK/マッシモセルモスープラ
13  81 300  1福山 英朗  大八木 信行  SILVIA S15       2'25.926     ダイシン  シルビア
14  77 300  2小林 且雄  谷川 達也    IMPREZA GC4      2'26.142   クスコスバルインプレッサ
15 910 300  3余郷  敦   玉本 秀幸    PORSCHE 993RSR   2'26.183       ナインテンポルシェ
16   7 300  4松本 晴彦  山野 哲也    RX7 FD3S         2'27.372      マツモトキヨシRX-7
17   9 300  5羽根 幸浩  徳田 照幸    PORSCHE 993RSR   2'27.772    大黒屋プロキダイ
ポルシェ
18  15 300  6土屋 武士  井出 有治    SILVIA S15       2'28.220  ザナヴィARTAシルビア
19  71 300  7城内 政樹  河野 尚裕    PORSCHE 911GT2   2'29.241       シグマテック911
20  19 300  8織戸  学   原  貴彦     CELICA ST205     2'30.028    ウエッズスポーツセリカ
21  14 300  9古在 哲雄  小宮 延雄    SILVIA S14       2'30.902     ホイールショップアルタ
シルビア
22  70 300 10石橋 義三  P・V・スクート     PORSCHE 911GT2   2'31.447     外車の外国屋
アドバンポルシェ
23  26 300 11須賀 宏明  砂子 智彦    PORSCHE 911RSR   2'31.515  アドバンタイサンポルシェ
24 #39 500 13土屋 圭市  影山 正彦    SUPRA JZA80      2'18.375 デンソーサードスープラGT
25 #32 500 14木下 隆之  近藤 真彦    SUPRA JZA80      2'22.954cdma  Oneセルモスープラ
26 #88 500 15和田  久   古谷 直広    DIABLO ZA90DE068 2'25.781  JLOCディアブロGT-1
27 #99 300 12吉富  章   日置 恒文    PORSCHE 993RSR   2'26.710   大黒屋ぽるしぇ
28 #21 300 13一ツ山 康   伊藤 大輔    BMW E36          2'29.058    BP-トランピオ-BMW
29 #25 300 14新田 守男  菊地  靖     MR2 SW20         2'30.331  モモコルセ・アペックスMR2
30 #61 300 15中谷 明彦  ラルフ・ファーマン    FTO DE3A         2'32.212 テイボン・トランピオ・FTO
31 #72 300 16石川  朗   平野  功     RX7 FD3S         2'37.876          オークラRX7
32 #55 500 16松田 秀士  田嶋 栄一    VIPER GTS        2'48.912        STPアドバン
タイサンバイパー
33 #11 500 17和田 孝夫  木下 みつひろSKYLINE BCNR33   2'56.107エンドレス アドバン GTR
34 #30 500 18山田 洋二  岡田 秀樹    McLAREN 19R GTR  3'04.258 綜警 McLaren GTR
10 300   麻生 英彦  桧井 保孝    PORSCHE 911GT2   2'30.280  アビリティ・マリオポルシェ
公式予選通過基準タイム
( Class GT500 110 % ) 2'27.959
( Class GT300 110 % ) 2'40.691
No.10 公式予選終了後の車両検査違反により、決勝レースへの出走を認めない。
#印の車両は全日本GT選手権統一規則第25条11により、決勝レースへの
スタートを認める。
尚、スタートドライバーは審査委員会が指名する。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

GT:SUZUKA GT公式予選2回目

SUZUKA  GT300km                               99-03-20
'99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第1戦                  WEATHER  : Rain
GT                          公式予選2回目結果表         COURSE   : Wet
国際レーシングコース
P.  No.Cls.  Driver1    Driver2      Type                 Time         Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  12 500  1星野 一義  影山 正美    SKYLINE BNR34    2'22.987     カルソニックスカイライン
2  36 500  2関谷 正徳  黒澤 琢弥    SUPRA JZA80      2'27.408 カストロール・トムス・スープラ
3 100 500  3高橋 国光  飯田  章     NSX NA2          2'28.495      RAYBRIG NSX
4  18 500  4脇阪 寿一  金石 勝智    NSX NA2          2'30.439    TAKATA童夢NSX
5  32 500  5木下 隆之  近藤 真彦    SUPRA JZA80      2'30.755cdma  Oneセルモスープラ
6  35 500  6P・A・ラファネル  山路 慎一    SUPRA JZA80      2'31.308 マツモトキヨシ・トムススープラ
7  16 500  7中子  修   道上  龍     NSX NA2          2'31.688   Castrol無限NSX
8  37 500  8鈴木 利男  片山 右京    SUPRA JZA80      2'32.230 カストロール・トムス・スープラ
9  88 500  9和田  久   古谷 直広    DIABLO ZA90DE068 2'37.965  JLOCディアブロGT-1
10   1 500 10エリック・コマス   本山  哲     SKYLINE BNR34    2'38.026  ペンズオイル・ニスモGTR
11   3 500 11長谷見 昌弘田中 哲也    SKYLINE BCNR33   2'38.094 ユニシアジェックススカイライン
12  19 300  1織戸  学   原  貴彦     CELICA ST205     2'45.458    ウエッズスポーツセリカ
13  10 300  2麻生 英彦  桧井 保孝    PORSCHE 911GT2   2'45.563  アビリティ・マリオポルシェ
14  71 300  3城内 政樹  河野 尚裕    PORSCHE 911GT2   2'51.063       シグマテック911
15  72 300  4石川  朗   平野  功     RX7 FD3S         2'52.369          オークラRX7
16  61 300  5中谷 明彦  ラルフ・ファーマン    FTO DE3A         2'54.078 テイボン・トランピオ・FTO
17  25 300  6新田 守男  菊地  靖     MR2 SW20         2'54.862  モモコルセ・アペックスMR2
18  39 500 12土屋 圭市  影山 正彦    SUPRA JZA80      2'44.371 デンソーサードスープラGT
19  26 300  7須賀 宏明  砂子 智彦    PORSCHE 911RSR   2'45.142  アドバンタイサンポルシェ
20  55 500 13松田 秀士  田嶋 栄一    VIPER GTS        2'48.912        STPアドバン
タイサンバイパー
21   2 500 14鈴木 亜久里ミハエル・クルム     SKYLINE BNR34    2'49.394  ARTAゼクセルスカイライン
22  11 500 15和田 孝夫  木下 みつひろSKYLINE BCNR33   2'56.107エンドレス アドバン GTR
23  77 300  8小林 且雄  谷川 達也    IMPREZA GC4      3'00.109   クスコスバルインプレッサ
24  30 500 16山田 洋二  岡田 秀樹    McLAREN 19R GTR  3'04.258 綜警 McLaren GTR
99 300   吉富  章   日置 恒文    PORSCHE 993RSR   3'06.859   大黒屋ぽるしぇ
38 500   竹内 浩典  立川 祐路    SUPRA JZA80      3'13.461  FK/マッシモセルモスープラ
9 300   羽根 幸浩  徳田 照幸    PORSCHE 993RSR   3'14.501    大黒屋プロキダイ
ポルシェ
15 300   土屋 武士  井出 有治    SILVIA S15       3'25.389  ザナヴィARTAシルビア
21 300   一ツ山 康   伊藤 大輔    BMW E36        計測できず    BP-トランピオ-BMW
7 300   松本 晴彦  山野 哲也    RX7 FD3S         出走せず      マツモトキヨシRX-7
14 300   古在 哲雄  小宮 延雄    SILVIA S14       出走せずホイールショップアルタシルビア
64 500   トム・コロネル    山西 康司    NSX NA2          出走せず    Mobil  1  NSX
70 300   石橋 義三  P・V・スクート     PORSCHE 911GT2   出走せず     外車の外国屋
アドバンポルシェ
81 300   福山 英朗  大八木 信行  SILVIA S15       出走せず     ダイシン  シルビア
910 300   余郷  敦   玉本 秀幸    PORSCHE 993RSR   出走せず       ナインテンポルシェ
開始時刻: 14:50'00
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

GT:SUZUKA GT公式予選1回目

SUZUKA  GT300km                               99-03-20
'99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第1戦                  WEATHER  : Rain
GT                          公式予選1回目結果表         COURSE   : Wet
国際レーシングコース
Pos. No.Cls.  Driver1    Driver2     Type                 Time         Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  18 500  1脇阪 寿一  金石 勝智    NSX NA2          2'13.037    TAKATA童夢NSX
2   1 500  2エリック・コマス   本山  哲     SKYLINE BNR34    2'14.698  ペンズオイル・ニスモGTR
3  64 500  3トム・コロネル    山西 康司    NSX NA2          2'15.790    Mobil  1  NSX
4  36 500  4関谷 正徳  黒澤 琢弥    SUPRA JZA80      2'16.088 カストロール・トムス・スープラ
5 100 500  5高橋 国光  飯田  章     NSX NA2          2'16.825      RAYBRIG NSX
6  16 500  6中子  修   道上  龍     NSX NA2          2'17.661   Castrol無限NSX
7  37 500  7鈴木 利男  片山 右京    SUPRA JZA80      2'18.374 カストロール・トムス・スープラ
8  39 500  8土屋 圭市  影山 正彦    SUPRA JZA80      2'18.375 デンソーサードスープラGT
9  12 500  9星野 一義  影山 正美    SKYLINE BNR34    2'18.431     カルソニックスカイライン
10   2 500 10鈴木 亜久里ミハエル・クルム     SKYLINE BNR34    2'19.170  ARTAゼクセルスカイライン
11   3 500 11長谷見 昌弘田中 哲也    SKYLINE BCNR33   2'19.400 ユニシアジェックススカイライン
12  35 500 12P・A・ラファネル  山路 慎一    SUPRA JZA80      2'20.562 マツモトキヨシ・トムススープラ
13  32 500 13木下 隆之  近藤 真彦    SUPRA JZA80      2'22.954 cdma Oneセルモスープラ
14  38 500 14竹内 浩典  立川 祐路    SUPRA JZA80      2'24.012  FK/マッシモセルモスープラ
15  88 500 15和田  久   古谷 直広    DIABLO ZA90DE068 2'25.781  JLOCディアブロGT-1
16  81 300  1福山 英朗  大八木 信行  SILVIA S15       2'25.926     ダイシン  シルビア
17  77 300  2小林 且雄  谷川 達也    IMPREZA GC4      2'26.142   クスコスバルインプレッサ
18 910 300  3余郷  敦   玉本 秀幸    PORSCHE 993RSR   2'26.183       ナインテンポルシェ
19  99 300  4吉富  章   日置 恒文    PORSCHE 993RSR   2'26.710   大黒屋ぽるしぇ
20   7 300  5松本 晴彦  山野 哲也    RX7 FD3S         2'27.372      マツモトキヨシRX-7
21   9 300  6羽根 幸浩  徳田 照幸    PORSCHE 993RSR   2'27.772    大黒屋プロキダイ
ポルシェ
22  15 300  7土屋 武士  井出 有治    SILVIA S15       2'28.220  ザナヴィARTAシルビア
23  21 300  8一ツ山 康   伊藤 大輔    BMW E36          2'29.058    BP-トランピオ-BMW
24  71 300  9城内 政樹  河野 尚裕    PORSCHE 911GT2   2'29.241       シグマテック911
25  19 300 10織戸  学   原  貴彦     CELICA ST205     2'30.028    ウエッズスポーツセリカ
26  10 300 11麻生 英彦  桧井 保孝    PORSCHE 911GT2   2'30.280  アビリティ・マリオポルシェ
27  25 300 12新田 守男  菊地  靖     MR2 SW20         2'30.331  モモコルセ・アペックスMR2
28  14 300 13古在 哲雄  小宮 延雄    SILVIA S14       2'30.902     ホイールショップアルタ
シルビア
29  70 300 14石橋 義三  P・V・スクート     PORSCHE 911GT2   2'31.447     外車の外国屋
アドバンポルシェ
30  26 300 15須賀 宏明  砂子 智彦    PORSCHE 911RSR   2'31.515  アドバンタイサンポルシェ
31  61 300 16中谷 明彦  ラルフ・ファーマン    FTO DE3A         2'32.212 テイボン・トランピオ・FTO
32  72 300 17石川  朗   平野  功     RX7 FD3S         2'37.876          オークラRX7
30 500   山田 洋二  岡田 秀樹    McLAREN 19R GTR計測できず 綜警 McLaren GTR
11 500   和田 孝夫  木下 みつひろSKYLINE BCNR33   出走せずエンドレス アドバン GTR
33  55 500 16松田 秀士  田嶋 栄一    VIPER GTS        2'19.451        STPアドバン
タイサンバイパー
開始時刻: 10:50'00
No.55 公式通知No.6により、公式予選への出走を認めたが、
表示タイムは参考タイムとする。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

GT:SUZUKA F3公式予選

SUZUKA  GT300km                               99-03-20
1999年全日本フォーミュラ3選手権シリーズ第1戦         WEATHER  : Rain
F3                          公式予選正式結果表           COURSE   : Wet
国際レーシングコース
Pos. No Driver      Type                  Time      Delay              Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  7荒  聖治       ダラーラF399 3S-GE   2'36.418 134.96Km/h            TOM'S F399
2  2ワグナー・エブラヒム   ダラーラF399 MF204B  2'38.134      1.716      戸田無限ホンダF399
3  3セバスチャン・フィリップ ダラーラF399 3S-GE   2'38.282      1.864    カストロール富士通テンF399
4  9谷川 達也      ダラーラF399 3S-GE   2'39.108      2.690             ThreeBond
5  8井上 智之      ダラーラF399 3S-GE   2'40.236      3.818     TOM'S  ESSO  F399
6 16五味 康隆      ダラーラF399 3S-GE   2'40.689      4.271           ダラーラ  F399
7 71内山 清士      ダラーラF399 3S-GE   2'41.770      5.352        NIHONKIZAIF399
8 77伊藤 大輔      ダラーラF399 MF204B  2'41.826      5.408    スピードマスターF399ホンダ
9 15リスト・ビルタネン     ダラーラF399 3S-GE   2'41.837      5.419       5ZIGEN  DALLARA
10 55金石 年弘      ダラーラF399 MF204B  2'43.206      6.788       ARTA  399  無限
11 17黒澤 治樹      ダラーラF399 MF204B  2'44.679      8.261ライアンレーシング戸田無限本田
12 18密山 祥吾      ダラーラF397 4G93    2'45.800      9.382        イエローハット397・HKS
13 64松田 次生      ダラーラF399 MF204B  2'49.360     12.942         PIAA  DALLARA
以上 予選通過車両:
1ダーレン・マニング    ダラーラF399 3S-GE   2'34.742                      TOM'S  F399
87マウリシオ・メディアーニ  ダラーラF399 4G93    2'53.703     17.285   阪急交通社HKSラリーアート
6中嶋 廣高      ダラーラF398 3S-GE 計測できず                  5ZIGEN  DALLARA
33小早川 受黎    ダラーラF399 3S-GE 計測できず                   DeODEO・DALLARA
5滑川  健       ダラーラF397 3S-GE   出走せず                INGING  ダラーラF398
開始時刻: 14:00'00
予選通過基準タイム ( 110 % )  2'52.074
ペナルティ No.1
国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(黄旗中の追越行為)により、
予選タイムを全て抹消する。
No.1 No.87 No.6 No.33 No.5
全日本F3選手権統一規則第24条8により、下記に記したグリッドから
スタートを認める
 No. 1 グリッドポジション 14
 No.87 グリッドポジション 15
 No. 6 グリッドポジション 16
 No.33 グリッドポジション 17
 No. 5 グリッドポジション 18
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

GT:SUZUKA F3公式練習

SUZUKA  GT300km                             99-03-20
1999年全日本フォーミュラ3選手権シリーズ第1戦       WEATHER  : Rain/Cloudy
F3                          公式練習結果表             COURSE   : Wet/Dry
国際レーシングコース
P. No.Driver        Type                 Time      Delay               Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 松田 次生     ダラーラF399 MF204B 2'01.444 173.83Km/h          PIAA  DALLARA
2  1 ダーレン・マニング   ダラーラF399 3S-GE  2'02.217      0.773            TOM'S  F399
3 55 金石 年弘     ダラーラF399 MF204B 2'02.317      0.873        ARTA  399  無限
4  7 荒  聖治      ダラーラF399 3S-GE  2'03.595      2.151             TOM'S F399
5  9 谷川 達也     ダラーラF399 3S-GE  2'03.629      2.185              ThreeBond
6  3 セバスチャン・フィリップダラーラF399 3S-GE  2'03.839      2.395     カストロール富士通テンF399
7 77 伊藤 大輔     ダラーラF399 MF204B 2'03.984      2.540     スピードマスターF399ホンダ
8 87 マウリシオ・メディアーニ ダラーラF399 4G93   2'04.017      2.573    阪急交通社HKSラリーアート
9 16 五味 康隆     ダラーラF399 3S-GE  2'04.029      2.585            ダラーラ  F399
10 15 リスト・ビルタネン    ダラーラF399 3S-GE  2'04.054      2.610        5ZIGEN  DALLARA
11  2 ワグナー・エブラヒム  ダラーラF399 MF204B 2'04.264      2.820       戸田無限ホンダF399
12  6 中嶋 廣高     ダラーラF398 3S-GE  2'04.352      2.908        5ZIGEN  DALLARA
13  5 滑川  健      ダラーラF397 3S-GE  2'04.988      3.544      INGING  ダラーラF398
14 18 密山 祥吾     ダラーラF397 4G93   2'05.516      4.072         イエローハット397・HKS
15 71 内山 清士     ダラーラF399 3S-GE  2'05.773      4.329         NIHONKIZAIF399
16 33 小早川 受黎   ダラーラF399 3S-GE  2'07.007      5.563         DeODEO・DALLARA
17  8 井上 智之     ダラーラF399 3S-GE  2'08.360      6.916      TOM'S  ESSO  F399
18 17 黒澤 治樹     ダラーラF399 MF204B 2'30.447     29.003 ライアンレーシング戸田無限本田
開始時刻: 10:00'00
                           提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC_Rd.1:鈴鹿GT300km予選1回目結果

'99 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
全日本GT選手権第1戦鈴鹿GT300km-RIJ-(1999-03-20)1stQualifying-Session
For All Japan Grand Touring Car Championship Rd.1 SUZUKA(J) : 5.86403km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car------------------------Drivers--------Best-LapT-km/h---
1  18 500  1 TAKATA童夢NSX              脇阪/金石      2'13.037  158.68
2   1 500  2 ペンズオイル・ニスモGTR    コマス/本山    2'14.698
3  64 500  3 Mobil1 NSX                 コロネル/山西  2'15.790
4  36 500  4 カストロールトムススープラ 関谷/黒澤琢弥  2'16.088
5 100 500  5 RAYBRIG NSX                国光/飯田      2'16.825
6  16 500  6 Castrol無限NSX             中子/道上      2'17.661
7  37 500  7 カストロールトムススープラ 鈴木利男/右京  2'18.374
8  39 500  8 デンソーサードスープラGT   土屋圭市/正彦  2'18.375
9  12 500  9 カルソニックスカイライン   星野/影山正美  2'18.431
10   2 500 10 ARTAゼクセルスカイライン   亜久里/クルム  2'19.170
11   3 500 11 ユニシアJECSスカイライン   長谷見/田中    2'19.400
12  35 500 12 マツモトキヨシTOM'Sスープララファネル/山路2'20.562
13  32 500 13 cdma Oneセルモスープラ     木下/近藤      2'22.954
14  38 500 14 FK/マッシモセルモスープラ  竹内/立川      2'24.012
15  88 500 15 JLOCディアブロGT-1         和田久/古谷    2'25.781
16  81 300  1 ダイシンシルビア           福山/大八木    2'25.926
17  77 300  2 クスコスバルインプレッサ   小林/谷川      2'26.142
18 910 300  3 ナインテンポルシェ         余郷/玉本      2'26.183
19  99 300  4 大黒屋ぽるしぇ             吉富/日置      2'26.710
20   7 300  5 マツモトキヨシRX-7         松本/山野      2'27.372
21   9 300  6 大黒屋プロキダイポルシェ   羽根/徳田      2'27.772
22  15 300  7 ザナヴィARTAシルビア       土屋武士/井出  2'28.220
23  21 300  8 BP-トランピオ-BMW          一ッ山/伊藤    2'29.058
24  71 300  9 シグマテック911            城内/河野      2'29.241
25  19 300 10 ウェッズスポーツセリカ     織戸/原        2'30.028
26  10 300 11 アビリティ・マリオポルシェ 麻生/桧井      2'30.280
27  25 300 12 モモコルセ・アペックスMR2  新田/菊地      2'30.331
28  14 300 13 ホイールSHOPアルタシルビア 古在/小宮      2'30.902
29  70 300 14 外車の外国屋ADVANポルシェ  石橋/スクート  2'31.447
30  26 300 15 アドバンタイサンポルシェ   須賀/砂子      2'31.515
31  61 300 16 テイボン・トランピオ・FTO  中谷/ファーマン2'32.212
32  72 300 17 オークラRX7                石川/平野      2'37.876
30 500    綜警McLaren GTR            山田/岡田      計測できず
11 500    エンドレスアドバンGTR      和田孝夫/木下  出走せず
*55 500    STPアドバンタイサンバイパー松田/田嶋      2'19.451
------------------------------------------------------------------------
* No.55は公式車検において不合格となったが、嘆願書により出走が認めら
れた。このためタイムは参考タイム。
(この後再車検により合格し、予選2回目には正式に参加した)
            *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japanese F3

F3_Rd.1:鈴鹿公式練習結果

全日本F3選手権第1戦 鈴鹿 -RIJ-(1999-03-20) Practice-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.1 SUZUKA(J) : 5.86403km
Weather:Rain/Cloudy  Course:Wet/Dry
P--No.Driver---------Car---------------------Best-LapT-km/h---
1 64 松田  次生     Dallara F399/MF204B     2'01.444  173.83
2  1 D.マニング     Dallara F399/3S-GE      2'02.217
3 55 金石  年弘     Dallara F399/MF204B     2'02.317
4  7 荒  聖治       Dallara F399/3S-GE      2'03.595
5  9 谷川  達也     Dallara F399/3S-GE      2'03.629
6  3 S.フィリップ   Dallara F399/3S-GE      2'03.839
7 77 伊藤  大輔     Dallara F399/MF204B     2'03.984
8 87 M.メディアーニ Dallara F399/4G93       2'04.017
9 16 五味  康隆     Dallara F399/3S-GE      2'04.029
10 15 R.ヴィルタネン Dallara F399/3S-GE      2'04.054
11  2 W.エブラヒム   Dallara F399/MF204B     2'04.264
12  6 中嶋  廣高     Dallara F398/3S-GE      2'04.352
13  5 滑川  健       Dallara F397/3S-GE      2'04.988
14 18 密山  祥吾     Dallara F397/4G93       2'05.516
15 71 内山  清士     Dallara F399/3S-GE      2'05.773
16 33 小早川受黎     Dallara F399/3S-GE      2'07.007
17  8 井上  智之     Dallara F399/3S-GE      2'08.360
18 17 黒澤  治樹     Dallara F399/MF204B     2'30.447
--------------------------------------------------------------
          *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

99_JGTC Rd.1 鈴鹿300キロ予選結果

1999 AUTOBACS CUP GT Championship Round 1 - Qualify
SUZUKA GT300km
3.20 sat /21 sun                  (Weather : Rain , Course : Wet )
P.No   Cls.P. Machine                     Driver                  Time     Tyre
------------------------------------------------------------------------------
1 18   500 1  TAKATA 童夢 NSX             脇阪寿一*/金石勝智       2'13.037 BS
2 1    500 2  ペンズオイル・ニスモGTRE.   コマス*/本山  哲         2'14.698 BS
3 64   500 3  Mobil 1 NSXT.               コロネル*/山西康司       2'15.790 BS
4 36   500 4  カストロール・トムス・スープラ    関谷正徳*/黒澤琢弥       2'16.088 MI
5 100  500 5  RAYBRIG NSX                 高橋国光/飯田  章*       2'16.825 BS
6 16   500 6  Castrol 無限 NSX            中子  修/道上  龍*       2'17.661 BS
7 37   500 7  カストロール・トムス・スープラ    鈴木利男*/片山右京       2'18.374 MI
8 12   500 8  カルソニックスカイライン    星野一義*/影山正美       2'18.431 BS
9 2    500 9  ARTAゼクセルスカイライン    鈴木亜久里*/M.クルム     2'19.170 BS
10 3   500 10 ユニシアジェックススカイライン      長谷見昌弘*/田中哲也     2'19.400 BS
11 35  500 11 マツモトキヨシ・トムススープラ     P-H.ラファネル*/山路慎一      2'20.562 MI
12 38  500 12 FK/マッシモセルモスープラ   竹内浩典*/立川祐路       2'24.012 BS
13 81  300 1  ダイシン シルビア           福山英朗*/大八木信行     2'25.926 YH
14 77  300 2  クスコスバルインプレッサ    小林且雄*/谷川達也       2'26.142 YH
15 910 300 3  ナインテンポルシェ          余郷  敦*/玉本秀幸       2'26.183 YH
16 7   300 4  RE雨宮マツモトキヨシRX7     松本晴彦*/山野哲也       2'27.372 YH
17 9   300 5  大黒屋プロキダイポルシェ    羽根幸浩*/徳田照幸       2'27.772 DL
18 15  300 6  ザナヴィARTAシルビア        土屋武士*/井出有治       2'28.220 YH
19 71  300 7  シグマテック911             城内政樹*/河野尚裕       2'29.241 YH
20 19  300 8  ウエッズスポーツセリカ      織戸  学*/原  貴彦       2'30.028 YH
21 14  300 9  ホイールショップアルタシルビア     古在哲雄/小宮延雄*       2'30.902 YH
22 70  300 10 外車の外国屋アドバンポルシェ  石橋義三/P.ヴァン・スクート*    2'31.447 YH
23 26  300 11 TAISANポルシェRSR           須賀宏明/砂子智彦*       2'31.515 YH
------------------------------------------------------------------------------
#24 39 500 13 デンソーサードスープラGT    土屋圭市*/影山正彦△     2'18.375 YH
#25 32 500 14 cdma One セルモスープラ     木下隆之*/近藤真彦△     2'22.954 BS
#26 88 500 15 JLOC ディアブロGT-1         和田  久*/古谷直広△     2'25.781 TY
#27 99 300 12 大黒屋ぽるしぇ              吉富  章*/日置恒文△     2'26.710 DL
#28 21 300 13 BP-トランピオ-BMW           一ツ山康/△伊藤大輔*     2'29.058 TY
#29 25 300 14 モモコルセ・アペックスMR2   新田守男*/菊地  靖△     2'30.331 YH
#30 61 300 15 テイボン・トランピオ・FTO   中谷明彦*/R.ファーマン△ 2'32.212 TY
#31 72 300 16 オークラRX7                 石川  朗/△平野  功*     2'37.876 YH
#32 55 500 16 STP タイサン バイパーGTSR   松田秀士△田嶋栄一*△    2'48.912 YH
#33 11 500 17 エンドレス アドバン GTR     和田孝夫△/木下みつひろ△2'56.107 YH
#34 30 500 18 綜警 McLaren GTR            山田洋二△岡田秀樹*/△   3'04.258 BS
------------------------------------------------------------------------------
$10    300    アビリティ・マリオポルシェ       麻生英彦△/桧井保孝*     2'30.280 YH
公式予選通過基準タイム (110%)  GT 500 : 2'27.959/GT300 : 2'40.691
△:公式予選通過基準タイム不足
#印の車両は全日本GT選手権統一規則第25条11により、決勝レースへのスタートを認める
。
$No.10は公式予選終了後の車両検査違反により、決勝レースへの出走を認めない。
*タイムを出したドライバー
タイヤ略号=BS:ブリヂストン/YH:ヨコハマ/DL:ダンロップ/TY:トーヨー/MI:ミシュ
ラン
/////PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

FN:3/25-26第2回公式走行会(もてぎ)

     '99フォーミュラ・ニッポン第2回公式走行会
       3月25~26日ツインリンクもてぎで開催
 開幕まで1か月となったフォーミュラ・ニッポン。開幕戦までに3回予定さ
れている公式走行会の2回目がツインリンクもてぎで行われる。
 なお、26日(金)は「ツインリンクもてぎスペシャル春祭」のため、入場料は
無料。25日(木)は一般入場料金(大人1,500円、4歳~小学生700円)が必要。
日  時:3月25日(木) 10:00~12:00/14:00~16:00
3月26日(金) 10:00~12:00/14:00~16:00
****1999年フォーミュラ・ニッポン第2回公式走行会エントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 脇阪薫一       レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 M.クルム       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI TEAM NOVA       9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
10 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
TMS                     18 T.B.N.         レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES IMPUL         19 影山正美       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
20 野田英樹       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
MIRAI                   32 鈴木利男       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
32 近藤真彦       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    55 金石勝智       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
56 脇阪寿一       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 柴原眞介       レイナード99L/無限MF308(シエラ)
63 OSAMU          レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
※SPEEDMASTER MOONCRAFT(No.15),TMS(No.17),TAKAGI B-1(No.36),DoCoMo DANDE
LION(No.69)は不参加。MIRAI(No.32)は2人で1台使用。
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:99暫定エントリーリスト(3/17)

 JRPから3月17日付けの最新版エントリーリストが発表された。
 第1回公式走行会時から、SPEEDMASTER MOONCRAFTに影山正彦が、MIRAIに近藤
真彦の名が入った。
 また、星野監督率いるIMPULに、昨年まで独立したチームだったBE BRIDESの名
が付され、BE BRIDES IMPULとなった。舘信吾を失ったTMSは2名ともT.B.N.のま
まだ。
****1999年全日本選手権フォーミュラ・ニッポンエントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA            9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
9 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    55 金石勝智       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
56 脇阪寿一       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES IMPUL         19 影山正美       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
20 野田英樹       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 脇阪薫一       レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 T.B.N.         レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
15 影山正彦       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
TMS                     17 T.B.N.         レイナード99L/無限MF308(東名)
18 T.B.N.         レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
TAKAGI B-1              36 玉中哲二       ローラB99-51 /無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 P.ダンブレック レイナード99L/無限MF308(シエラ)
63 OSAMU          レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
MIRAI                   32 近藤真彦       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
69 T.B.N.         ローラB99-51 /無限MF308(東名)
----------------------------------------------------------------------- 
(1999.3.17現在)
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.1/1

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 1 SUZUKA GT300km                                  FMOTOR4 EDITION
 PREVIEW REPORT         プレビュー           99/03/16
 -------------------------------------------------------------------------
今年もテストで驚異的なタイムを連発するNSX!
新型スカイラインGT-Rとスープラの真価は?!
1999GTC開幕戦鈴鹿はシリーズの鍵となる。
 1999年の全日本選手権のトップを切って、3月20,21日にAUTOBACS CUP全日本GT
選手権(GTC)開幕戦が、三重県・鈴鹿サーキットで開催される。
 昨シーズンは、"強さ"のスカイラインGT-Rと"速さ"のNSXの対決と言った感があっ
た。序盤、まだ信頼性に問題があったNSX各車に対し、堅実なレース展開でペンズ
オイル・ニスモGTRが開幕から連勝。ウエイトハンデを背負った後半戦は着実に入
賞を重ねていった。一方のNSXもシリーズ後半からは安定性も身につけ、NSXとして
は4連勝を飾った。だが、チームとしてはペンズオイル・ニスモGTRが逃げ切って、
チャンピオンとなったのだ。
 だが、今季はこのスカイライン、NSXの対決に割って入るべく、スープラが99年
型の新型車を投入する。この99スープラは、エンジン位置やサスペンション形状な
ど98型から大幅に見直されており、また新たなステップに入ったと言っていいだろ
う。外観的にも空力パーツが完全に設計し直されており、98とは明らかに違ったシ
ルエットを持っている。エンジンはこれまで通りの3S-Gターボだが、こちらもニュー
スペックとなっているようだ。新車完成の遅れからテストが少なく、チームよって
は開幕戦がシェイクダウン状態である点が気にはなるが、3月の鈴鹿合同テストで
土屋圭市が2分2秒345とNSXによる昨年のレコード(2'02.939)を更新するタイムを
記録しているだけに、鈴鹿でもダークホース的存在と言えるだろう。
 チャンピンマシンとして迎え撃つスカイラインGT-Rだが、こちらもR34型が市販
されると同時にGTCマシンも新型となり、敢えて攻めの姿勢でシーズンを迎える。
このR34スカイラインは、空力設計をCカーマシンを手がけたデザイナーが担当。
こちらも昨年型とはシルエットがだいぶ変わってきている。シャシーもR34ベース
になったことにより、シャシー剛性のアップからハンドリングも向上しているよう
だ。2月の鈴鹿単独テストではE.コマスが1秒90までタイムを詰めており、昨年
NSXにしてやられた速さの面での向上が感じられる。
 一方、速さではチャンピオン級だったNSXは、今季の車両規定改正によりリスト
リクターが小さくなり、エンジン・パワー面でのダウンは否めない。しかし、そこ
はF1製作の経験もある童夢だ。このオフに空力設計を全面的に見直し、新設計のボ
ディラインとなった。一見すると昨年型と変わっていないようだが、かなり細かな
ところが変更されている。また、無限もエンジンの出力低下を極めて低くなるよう
努力しているという。結果、鈴鹿合同テストでは、なんと脇阪寿一が2分0秒737
を叩き出し、周囲の度肝を抜いたのだった。合同テストの最終日は新型スカイライ
ンがトラブルから出走をしなかったこともあり、2日間のトータルタイムでは、NSX
4台が上位を独占するという、昨年同様のパフォーマンスを披露していた。その一
方で、さらなる速さの追求から昨年同様の信頼性の低下を懸念する声もある。だが、
無限×童夢ではオフに合計5000kmにもなる走行テストをしたことからこの点でも不
安はないと考えているようだ。
 今季は、この国産3車種にマクラーレンF1GTRが挑むことになった。昨年はポル
シェGT2で参戦したTEAM TAKE ONEがそうだ。マクラーレンは、96年GTCで年間4勝
を挙げチャンピオンカーとなっており、その活躍を期待されている。だが、チャン
ピオン獲得時とはライバル達の力量もアップしており、またGTCの規定から重めの
ウエイトを積まなくてはならず、やや辛いところだ。他に外国車勢としては、昨年
同様にSTPタイサンバイパーとJLOCディアブロGT1が参戦する。
 ドライバー面から見ると、今オフも大きな動きがあった。まず、元F1ドライバー
片山右京がカストロール・トムス・スープラに乗る。片山としてはF1引退以来久々
のシリーズ戦参戦で、当人としてもかなり意気込みを持っているようだ。そして、
94,95年のGTCチャンピオン影山正彦のデンソーサードGTへの移籍があった。正彦と
言えばスカイラインというイメージがあっただけに、この移籍は衝撃級だった。ま
た、昨年のチャンピオン影山正美はカルソニックスカイラインへと移籍。これによっ
て、なんと97年と兄弟がまるで入れ替わったチームに所属することになる。この2
人の兄弟チャンピオンの対決は気になるところだろう。また、これまで日産系チー
ムに在籍してきた近藤真彦も、cdmaOneセルモスープラへと車種を変えることにな
る。また、黒沢琢弥もカストロール・トムス・スープラとなり、近年のメーカー色
を超越した移籍がどのような波紋を呼ぶか興味深い。もう1チーム注目したいの
は、ユニシアジェックススカイライン、長谷見昌弘だ。チームの事情から新型車で
なく旧型のR33スカイラインでの参戦となるのだが、常にマシンに独自の工夫を凝
らしている長谷見のこと。新型勢を脅かす意気込みに注目したい。
GT300本命はモモコルセ・アペックスMR2か?
新型シルビアや2年目のインプレッサ&FTO&セリカも侮れない?!
 GT300クラスだが、昨年6戦5勝と圧倒的強さを見せたつちやMR2は、今季新たな
チームを組んだ。このチームはアペックス・モモコルセとのジョイントでドライ
バーは新田守男がエースとなる。昨年の最速車とGT300を代表するドライバーのジョ
イントにより、今季もこのNo.25 モモコルセ・アペックスMR2が優勝争いの本命と
目されているのだ。
 これに対抗し得るのは果たして誰か。昨年唯一つちやMR2に土を付けたNo.77 ク
スコスバルインプレッサも要注意だ。今季は昨年の小林且雄に加え、GT500のトッ
プチームの経験を持つ谷川達也がドライバーとなる。昨年はサーキットレースが事
実上初年度のチームにおいてこの谷川の参加はプラスになりそうだ。また、昨年シ
リーズ後半から登場し、連続表彰台でランキング2位となったNo。19 ウエッズス
ポーツセリカ、パワーはトップクラスだったNo.61 テイボン・トランピオ・FTOも
今季は優勝しそうなポジションにいるだろう。さらに今季はシルビアが新型となっ
た。S15型の登場に併せてNo.15 ザナヴィARTAシルビアとNo.81 ダイシンシルビア
がS15ベースの新車となる。ザナヴィには土屋武士と井出有治というARTA期待の若
手がコンビを組むだけに上位進出が期待されるところだ。
 ドライバーとして注目したいのが、No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7の山野哲也
だ。山野は全日本ジムカーナチャンピオンであり、昨年はS耐などで活躍してい
たが、今季は満を持してGTCに挑戦となった。ジムカーナ仕込みのテクニックが
GT300に波乱を呼んでくれるか、気になるところだ。この他、No.71 シグマテック
911に乗る黒沢治樹、No.72 オークラRX7の平野巧など20代前半のドライバーの活
躍も楽しみである。
 そして、ぜひ応援をして欲しいドライバーが一人。昨年第2戦富士で起きたク
ラッシュで重傷を負った砂子智彦がNo.910ナインテンポルシェで、いよいよレース
へ本格復帰となる。速さでは国産GT300に負けるが、信頼性と扱いやすさで上回る
ポルシェだけに、荒れたレースになれば砂子のポルシェも注目の1台だ。
Report by GTインサイドレポート班
☆99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権 予想エントリーリスト
第1戦 SUZUKA GT300km   鈴鹿サーキット(3/20,21)
[GT500] 18台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
1  ペンズオイル・ニスモGTR      エリック・コマス(F)  本山 哲         NISMO             BS
2  ARTAゼクセルスカイライン      鈴木亜久里   ミハエル・クルム(D)      NISMO             BS
3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也         ハセミ・モータースポーツ     BS
11  エンドレスアドバンGTR      和田孝夫     木下みつひろ     ENDLESS SPORTS    YH
12  カルソニックスカイライン         星野一義     影山正美         TEAM IMPUL        BS
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍         無限×童夢Project BS
18  TAKATA童夢NSX        脇阪寿一     金石勝智         無限×童夢Project BS
30  綜警McLaren GTR      山田洋二     岡田秀樹         TEAM TAKE ONE     BS
32  cdma Oneセルモスープラ     近藤真彦     木下隆之   cdma One TOYOTA 
TEAM CERUMO with Key's BS
35  マツモトキヨシ・トムススープラ     山路慎一   ピエール・ラファネル(F)     マツモトキヨシTEAM TOM'S MI
36  カストロール・トムス・スープラ     関谷正徳   黒澤琢弥   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI
37  カストロール・トムス・スープラ     鈴木利男   片山右京   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   立川祐路         TOYOTA TEAM CERUMO  BS
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   影山正彦           TOYOTA TEAM SARD  YH
55  STPタイサンバイパーGTSR    松田秀士   田嶋栄一           TEAM TAISAN       YH
64  Mobil1 NSX           山西康司   トム・コロネル(NL)   Mobil1 NAKAJIMA RACING BS
88  JLOCディアブロGT1       和田 久   古谷直広           JLOC              TY
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章     チーム国光 with MOONCRAFT  BS
[GT300] 17台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     松本晴彦   山野哲也           RE雨宮レーシング      YH
9  大黒屋プロキダイポルシェ   羽根幸浩   徳田照幸           TEAM大黒屋        DL
10  アビリティ・マリオポルシェ      麻生英彦   檜井保孝           アビリティモータースポーツ   DL
14  ホイールショップアルタシルビア    古在哲雄   小宮延雄           アルタレーシングチーム      YH
15  ザナヴィARTAシルビア      土屋武士   井出有治           NISMO             YH
19  ウェッズスポーツセルカ        織戸 学   原 貴彦      RACING PROJECT BANDOH  YH
21  BP-トランピオ-BMW        一ツ山 康   伊藤大輔          HITOTSUYAMA RACING TY
25  モモコルセ・アペックスMR2      新田守男   菊池 靖           アペックス            YH
26  TAISANポルシェRSR       青砥浩司   山岸 大           TEAM TAISAN Jr.   YH
61  ライボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   ラルフ・ファーマン(GB)      チーム・ライボン・ラリーアート  TY
70  外車の外国屋ポルシェ    石橋義三   パトリック・バン・スクート(B) TEAM GAIKOKUYA    YH
71  シグマテック911           城内政樹   黒澤治樹           シグマテックレーシングチーム  YH
72  オークラRX7          石川 朗   平野 巧           オークラロータリーレーシング   YH
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   谷川達也           クスコレーシング         YH
81  ダイシンシルビア           福山英朗   大八木信行         TEAM DAISHIN      YH
99  大黒屋ぽるしぇ       吉富 章   日置恒文           TEAM大黒屋        DL
910 ナインテンポルシェ           余郷 敦    砂子智彦           910 RACING        DL
○略号
 タイヤ BS:ブリヂストン、DL:ダンロップ、MI:ミシュラン、TY:トーヨー、
     YH:ヨコハマ
 国籍 B:ベルギー、D:ドイツ、F:フランス、GB:イギリス、NL:オランダ
☆タイムスケジュール
 3月19日 練習走行  (FT=フォーミュラトヨタ)
   F3フリー走行1回目  8:30~ 9:10
   GTフリー走行1回目  9:30~11:00
   FTフリー走行1回目 11:20~12:20
   GTフリー走行2回目 13:30~15:00
   F3フリー走行2回目 15:20~16:00
   FTフリー走行2回目 16:20~17:00
 3月20日 公式予選
   F3公式練習     10:00~10:30
   GT予選1回目    10:50~11:50
   FT予選       12:10~12:40
   ピットウォーク   12:55~13:45
   F3予選       14:00~14:30
   GT予選2回目    14:50~15:50
 3月21日 決勝レース(ゲートオープン 8:00)
   GTフリー走行     8:30~ 9:00
   FT決勝スタート    9:25~  12周
   F3決勝スタート   10:40~  17周
   ピットウォーク   11:45~13:15
   GTスタート進行   13:20~14:15
   GT決勝スタート   14:15~  51周(終了予定16:10)
☆観戦チケットのご案内
【チケット】
■前売り観戦券(2日間有効・税込み)
 大人 5,000円/女性 3,200円/高校生 1,600円
■決勝当日券(決勝日有効・税込み)
 大人 6,000円/女性 4,000円/高校生 2,000円
●中学生以下の方は遊園地入園料(小・中学生800円/3才~未就学児童400円)で
 ご観戦いただけます。
■指定席券(決勝日有効・3才以上共通料金・観戦券別・税込み)
 S1席(グランドスタンド中央) 4,000円
 S2・A・E共通エリア席(グランドスタンド第1コーナー寄リ&最終コーナー寄・第2コーナースタンド)2,000
円
【チケット発売】
●チケットぴあ●チケットセゾン●CNプレイガイド●ローソンチケット
●ダイエーOMC店●ファミリーマート●サークルK●am/pm●MINI STOP
●ミリオンチケットセンター(ミリオンカード会員専用)
●鈴鹿サーキットチケットセンター★ホンダウエルカムプラザ青山★JAF
★JTB、近畿日本ツーリスト、東急観光、日本旅行、名鉄観光★全国主要プレイガイ
ド
★鈴鹿サーキット各営業所(名古屋・大阪・三重・東京)
※★印は観戦券のみのお取り扱いとなります。
【お問い合わせ】
鈴鹿サーキットチケットセンター
TEL:0593-78-1111 FAX:0593-70-4382
【TV放送】
4月3日(土)16:00~17:15
テレビ東京系全国6局ネット
テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/テレビせとうち/
ティー・エックス・エヌ九州
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Japanese F3

(エントリーリスト)F3開幕戦・鈴鹿

1999年全日本F3選手権シリーズ第1戦(鈴鹿)
エントリーリスト(19台・3/15現在)
ゼッケン   ドライバー      チームエントラント      シャーシ       エンジン
1  ダーレン・マニング    TOM'S         ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
2  ワグナー・エブラヒム   TODA RACING   ダラーラF399  無限 MF204B
3  セバスチャン・フィリップ INGING        ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
4  ベンジャミン・ウォルシュ TOMEI SPORT   ダラーラF397改 トヨタ・トムス3S-GE
5  滑川  健       INGING        ダラーラF397  トヨタ・トムス3S-GE
6  中嶋  廣高     TEAM 5ZIGEN   ダラーラF398  トヨタ・トムス3S-GE
7  荒  聖治       TOM'S         ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
8  井上  智之     TOM'S         ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
9  谷川  達也     PAL SPORT     ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
15  リスト・ビルタネン     TEAM 5ZIGEN   ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
16  五味  康隆     Team TMS      ダラーラF399  トヨタ・トムス3S-GE
17  黒澤  治樹 LIAN RACING TEAM  ダラーラF399  無限 MF204B
18  密山  祥吾 チームイエローハットwithエイムスポーツ ダラーラF397/8 HKS三菱4G93
33  小早川受黎  NOW MOTOR SPORTS ダラーラF399 トヨタ・トムス3S-GE
55  金石  年弘    株式会社 童夢  ダラーラF399  無限 MF204B
64  松田  次生   NAKAJIMA HONDA  ダラーラF399  無限 MF204B
71  内山  清士  ニホンキザイレーシングチーム ダラーラF399 トヨタ・トムス3S-GE
77  伊藤  大輔     スキル・スピード    ダラーラF399  無限 MF204B
87  マウリシオ・メディアーニ  HKS RALLIART  ダラーラF399  HKS三菱4G93
タイヤ:BSワンメイク
※このエントリーリストは変更になる可能性があります。
ご了承ください。
EZY02013@nifty.ne.jp ICHIRO YAMASHITA "SUZUKA CIRCUITLAND Co.,Ltd"

全日本GT選手権

舘 信吾選手が練習走行中の事故で死亡

 なお、この書き込みは取材者が間接的に知り得た情報で、公式の発表でないことお
断りしておきます。
舘 信吾選手が練習走行中の事故で死亡
 昨年の全日本GT選手権GT300クラス・チャンピオンである舘信吾選手が、3月11日
16時45分頃、岡山県・TIサーキット英田でのスポーツ走行時間中に事故に遭い、残念
なことに死亡しました。
 当日、舘選手は今季乗る予定だったGTC用スープラで練習走行を行っており、第1
コーナーでコースアウト、クルマはコースの外壁に衝突した模様。この事故で、舘選
手はハンドルで胸部を強く打ち、内蔵を痛めて即死状態ということです。
 舘選手は、1977年9月1日生まれで東京都出身。10代の頃から英国でレース活動を
行い、日本に戻ってからも全日本F3選手権や全日本GT選手権98年GT300クラス・チャ
ンピオンを獲得するなど活躍し、将来を期待されていた若手のドライバーだった。チーム・トムスの舘信秀代表が実父。享年21歳。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。
                   モータースポーツ・ライター
                     古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN:第1回公式走行会結果(2日目/鈴鹿)

    2日目トップは古巣で復帰の光貞!黒澤、影山兄も参加!
公式走行会2日目は、ドライからウェットに変化する生憎のコンディション
となったが、今年から国内トップフォーミュラに復帰の光貞秀俊(PIAA NAKAJI
MA)が、UNLIMITED Le Mansの2人を抑えてトップタイムをマーク。ウェットで
もトップタイムを叩き出し、安定した速さを見せた。
 また、昨年のインパルコンビの2人、影山正彦が参戦が噂されるSPEEDMASTER
MOONCRAFTの道上車を、黒澤琢弥が1日目にクルムがドライブした5ZIGENの6号
車をドライブ。去就が気になるところだ。
 午後はウェットとなったため16台が走行。このセッションのみの走行となっ
たルーキー加藤寛規(SHIONOGI NOVA)は、8番手のタイムをマークするも終了
間際にクラッシュ。新車にダメージを負わせてしまった。
 Session1  3/8 am 天候:晴れ   コース:ドライ
 Session2  3/8 pm 天候:晴れ   コース:ドライ
 Session3  3/9 am 天候:曇り/雨 コース:ドライ/ウェット
 Session4  3/9 pm 天候:雨    コース:ウェット
第1回走行会総合結果
P.-No.Name---------Team---------Time -Session1-Session2-Session3-Session4-
1  1 本山 哲     UNLIMITED Le Mans  1'48.608*1'47.341 1'48.233 --------
2  2 山西康司     UNLIMITED Le Mans  1'54.160*1'47.898 1'48.288 2'21.484
3 64 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA      1'48.887*1'48.058 1'49.014 2'13.082
4 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA      1'50.375*1'49.041 1'48.166 2'11.858
5  6 M.クルム     5ZIGEN             1'49.204*1'48.953 -------- --------
6 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO   1'51.919 1'50.305*1'49.021 --------
7  5 脇阪薫一     5ZIGEN             1'49.856 1'50.731*1'49.267 2'18.454
8 18 舘  信吾     TMS               *1'49.564 1'52.218 1'50.166 2'12.868
9 62 P.ダンブレック LEYJUN           1'54.323 1'50.204*1'49.585 2'23.535
10 12 飯田 章     COSMO OIL CERUMO   1'51.428 1'50.226*1'49.642 --------
11  6 黒澤琢弥     5ZIGEN             -------- --------*1'49.906 2'14.348
12 55 金石勝智     ARTA              *1'49.974 1'50.833 1'51.182 2'13.562
13 14 道上 龍 SPEEDMASTER MOONCRAFT  1'50.837*1'50.215 -------- --------
14 56 脇阪寿一     ARTA               1'50.794*1'50.556 1'53.42817'11.294
15  3 川本 篤     ASAHI KIKO         --------*1'51.129 1'51.541 2'13.805
16  9 R.ファーマン SHIONOGI NOVA      1'53.362*1'51.224 1'51.364 --------
17 20 野田英樹     IMPUL              1'51.727*1'52.150 1'55.192 2'18.397
18 19 影山正美     IMPUL             *1'52.273 -------- 1'55.254 2'13.959
19 68 R. デルフラーDoCoMo DANDELION   1'53.507 1'56.934*1'53.484 2'12.633
20 36 玉中哲二     TAKAGI B-1        *1'53.842 1'54.775 1'57.232 2'24.341
21 63 OSAMU        LEYJUN             1'55.524 1'54.840*1'54.180 --------
22 14 影山正彦 SPEEDMASTER MOONCRAFT  -------- -------- 1'55.026 --------
23  9 加藤寛規     SHIONOGI NOVA      -------- -------- -------- 2'13.979
--------------------------------------------------------------------------
使用マシン
P.-No.Name---------Team---------------車両--------------
1  1 本山 哲     UNLIMITED Le Mans  レイナード99L/無限
2  2 山西康司     UNLIMITED Le Mans  レイナード99L/無限
3 64 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA      レイナード99L/無限
4 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA      レイナード99L/無限
5  6 M.クルム     5ZIGEN             レイナード99L/無限
6 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO   レイナード99L/無限
7  5 脇阪薫一     5ZIGEN             レイナード99L/無限
8 18 舘  信吾     TMS                レイナード99L/無限
9 62 P.ダンブレック LEYJUN           レイナード99L/無限
10 12 飯田 章     COSMO OIL CERUMO   レイナード99L/無限
11  6 黒澤琢弥     5ZIGEN             レイナード99L/無限
12 55 金石勝智     ARTA               ローラB99-51 /無限
13 14 道上 龍 SPEEDMASTER MOONCRAFT  ローラB99-51 /無限
14 56 脇阪寿一     ARTA               ローラB99-51 /無限
15  3 川本 篤     ASAHI KIKO         レイナード99L/無限
16  9 R.ファーマン SHIONOGI NOVA      GフォースGF03/無限
17 20 野田英樹     IMPUL              ローラB99-51 /無限
18 19 影山正美     IMPUL              ローラB99-51 /無限
19 68 R. デルフラーDoCoMo DANDELION   ローラB99-51 /無限
20 36 玉中哲二     TAKAGI B-1         ローラB99-51 /無限
21 63 OSAMU        LEYJUN             レイナード99L/無限
22 14 影山正彦 SPEEDMASTER MOONCRAFT  ローラB99-51 /無限
23  9 加藤寛規     SHIONOGI NOVA      GフォースGF03/無限
---------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:第1回公式走行会結果(1日目/鈴鹿)

      初日トップはディフェンディングチャンプ本山!
フォーミュラ・ニッポンは開幕まであと1か月と少し。今年初の公式走行会
には、13チーム20台、20人のドライバーが参加し、ニューカーを煮詰めるため
精力的に走り込みを行った。
 各チームピットインを繰り返して、セッティングを進めながらの走行となっ
たが、ディフェンディングチャンピオン本山を擁するUNLIMITED Le Mansチーム
がワンツーと貫祿を見せた。
 初日は結果としてレイナード勢が上位を占めた。復帰組のクルム、光貞、そ
してルーキー舘の健闘が光っている。明日はさらにタイムアップが期待される。
 本山選手のコメント
「ニューマシンは、癖がなく、トラブルもなくて乗りやすかった。今日は色々
テストしながらの走行で47秒台だったので、明日は45秒台には入れると思いま
す」
 Session1  3/8 am 天候:晴れ コース:ドライ
 Session2  3/8 pm 天候:晴れ コース:ドライ
第1回走行会1日目結果
P.-No.Name---------Team---------Time -Session1-Session2-車両---------------
1  1 本山 哲     UNLIMITED Le Mans  1'48.608*1'47.341 レイナード99L/無限
2  2 山西康司     UNLIMITED Le Mans  1'54.160*1'47.898 レイナード99L/無限
3 64 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA      1'48.887*1'48.058 レイナード99L/無限
4  6 M.クルム     5ZIGEN             2'49.204*1'48.953 レイナード99L/無限
5 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA      1'50.375*1'49.041 レイナード99L/無限
6 18 舘  信吾     TMS               *1'49.564 1'52.218 レイナード99L/無限
7  5 脇阪薫一     5ZIGEN            *1'49.856 1'50.731 レイナード99L/無限
8 55 金石勝智     ARTA              *1'49.974 1'50.833 ローラB99-51 /無限
9 62 P.ダンブレック LEYJUN           1'54.323*1'50.204 レイナード99L/無限
10 14 道上 龍 SPEEDMASTER MOONCRAFT  1'50.837*1'50.215 ローラB99-51 /無限
11 12 飯田 章     COSMO OIL CERUMO   1'51.428*1'50.226 レイナード99L/無限
12 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO   1'51.919*1'50.305 レイナード99L/無限
13 56 脇阪寿一     ARTA               1'50.794*1'50.556 ローラB99-51 /無限
14  3 川本 篤     ASAHI KIKO         --------*1'51.129 レイナード99L/無限
15  9 R.ファーマン SHIONOGI NOVA      1'53.362*1'51.224 GフォースGF03/無限
16 20 野田英樹     IMPUL              1'51.727*1'52.150 ローラB99-51 /無限
17 19 影山正美     IMPUL             *1'52.273 -------- ローラB99-51 /無限
18 68 R. デルフラーDoCoMo DANDELION  *1'53.507 1'56.934 ローラB99-51 /無限
19 36 玉中哲二     TAKAGI B-1        *1'53.842 1'54.775 ローラB99-51 /無限
20 63 OSAMU        LEYJUN             1'55.524*1'54.840 レイナード99L/無限
(   9 加藤寛規     SHIONOGI NOVA      走行せず          GフォースGF03/無限)
---------------------------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会(3/6)東コース

99-03-06
WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン        フリー走行            COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos. No. Driver     Type        Time      Delay   Gap                 Team
--------------------------------------------------------------------------
1  64 トム・コロネル     レイナード99L 43.011 187.79Km/h              PIAA NAKAJIMA
2  65 光貞 秀俊   レイナード99L 43.478      0.467 0.467        PIAA NAKAJIMA
3   5 脇阪 薫一   レイナード99L 43.901      0.890 0.423               5ZIGEN
4  14 道上  龍    ローラB99/51 44.068      1.057 0.167 SPEEDMASTERMOONCRAFT
5   6 ミハエル・クルム    レイナード99L 44.121      1.110 0.053               5ZIGEN
6  12 飯田  章    レイナード99L 44.557      1.546 0.436     COSMO OIL CERUMO
7  68 ルベン・デルフラー ローラB99/51 47.739      4.728 3.182     DoCoMo DANDELION
8  11 立川 祐路   レイナード99L 47.826      4.815 0.087     COSMO OIL CERUMO
                        提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

鈴鹿GT公開テスト 3/5(PM)

99-03-05
GT公開テスト                                             WEATHER  : Cloudy
N-GT                          SESSION-4           COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P. No. Cls.  Driver1     Driver2    Type                 Time          Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  18 500  1脇阪 寿一   金石 勝智  NSX E-NA2        2'00.561     TAKATA童夢NSX
2  16 500  2中子  修    道上  龍   NSX E-NA2        2'00.867    Castrol無限NSX
3 100 500  3高橋 国光   飯田  章   NSX E-NA2        2'01.276       RAYBRIG NSX
4  64 500  4トム・コロネル     山西 康司  NSX E-NA2        2'01.312     Mobil  1  NSX
5   6 500  5野田 英樹   舘  信吾   SUPRA JZA80      2'03.361ESSO  Tiger  Supra
6  32 500  6木下 隆之   近藤 真彦  SUPRA JZA80      2'03.956 cdma  Oneセルモスープラ
7  30 500  7山田 洋二   岡田 秀樹  McLAREN 19R GTR  2'04.323  綜警 McLaren GTR
8   3 500  8長谷見 昌弘 田中 哲也  SKYLINE BCNR33   2'04.421  ユニシアジェックススカイライン
9  38 500  9竹内  浩典  立川 祐路  SUPRA JZA80      2'04.496   FK/マッシモセルモスープラ
10   0 500 10関谷 正徳   黒澤 琢弥  SUPRA JZA80      2'04.573               TRD
11  36 500 11関谷 正徳   T.B.N      SUPRA JZA80      2'04.738  カストロール・トムス・スープラ
12  35 500 12P・A・ラファネル   山路  慎一 SUPRA JZA80      2'05.773  マツモトキヨシ・トムススープラ
13  55 500 13松田  秀士  T.B.N      VIPER GTS        2'05.864 STPタイサンバイパーGTSR
14  88 500 14和田    久  古谷 直広  DIABRO ZA90DE068 2'07.730    JLOCディアブロGT1
15  19 300  1織戸  学    T.B.N      CELICA ST205     2'13.048     ウエッズスポーツセリカ
16  77 500 15小林 且雄   谷川 達也  IMPREZZA GC4     2'13.115    クスコスバルインプレッサ
17  61 300  2中谷 明彦   T.B.N      FTO E-DE3A       2'13.391  テイボン・トランピオ・FTO
18  81 300  3福山  英朗  大八木 信行SILVIA S-15      2'15.845      ダイシン  シルビア
19  99 300  4吉富  章    日置 恒文  PORSCHE 993RSR   2'16.007    大黒屋ぽるしぇ
20  14 300  5古在  哲雄  小宮 延雄  SILVIA S-14      2'16.487 ホイールショップアルタシルビア
21   9 300  6羽根 幸浩   徳田 照幸  PORSCHE 993RSR   2'17.548大黒屋プロキダイポルシェ
22  70 500 16石橋  義三  P・V・スクート   PORSCHE 911GT2   2'19.919 外車の外国屋ポルシェ
                           提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

鈴鹿GT公開テスト 3/5(AM)

99-03-05
GT公開テスト                                             WEATHER  : Cloudy
N-GT                          SESSION-3           COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P. No. Cls.  Driver1     Driver2    Type                 Time          Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1 100 500  1高橋 国光   飯田  章   NSX E-NA2        2'00.867       RAYBRIG NSX
2  16 500  2中子  修    道上  龍   NSX E-NA2        2'01.016    Castrol無限NSX
3  64 500  3トム・コロネル     山西 康司  NSX E-NA2        2'01.156     Mobil  1  NSX
4  18 500  4脇阪 寿一   金石 勝智  NSX E-NA2        2'02.391     TAKATA童夢NSX
5  32 500  5木下 隆之   近藤 真彦  SUPRA JZA80      2'04.469 cdma  Oneセルモスープラ
6   3 500  6長谷見 昌弘 田中 哲也  SKYLINE BCNR33   2'04.707  ユニシアジェックススカイライン
7  36 500  7関谷 正徳   T.B.N      SUPRA JZA80      2'04.861  カストロール・トムス・スープラ
8   0 500  8関谷 正徳   黒澤 琢弥  SUPRA JZA80      2'05.210               TRD
9  30 500  9山田 洋二   岡田 秀樹  McLAREN 19R GTR  2'05.213  綜警 McLaren GTR
10  55 500 10松田  秀士  T.B.N      VIPER GTS        2'05.676 STPタイサンバイパーGTSR
11  38 500 11竹内  浩典  立川 祐路  SUPRA JZA80      2'06.217   FK/マッシモセルモスープラ
12  35 500 12P・Ax・ラファネル  山路  慎一 SUPRA JZA80      2'07.018  マツモトキヨシ・トムススープラ
13  88 500 13和田    久  古谷 直広  DIABRO ZA90DE068 2'08.557    JLOCディアブロGT1
14  77 500 14小林 且雄   谷川 達也  IMPREZZA GC4     2'13.035    クスコスバルインプレッサ
15  19 300  1織戸  学    T.B.N      CELICA ST205     2'13.270     ウエッズスポーツセリカ
16   7 300  2松本  晴彦  山野  哲也 RX7 FD3S         2'14.995  RE雨宮マツモトキヨシRX7
17  61 300  3中谷 明彦   T.B.N      FTO E-DE3A       2'15.307  テイボン・トランピオ・FTO
18  99 300  4吉富  章    日置 恒文  PORSCHE 993RSR   2'15.610    大黒屋ぽるしぇ
19  72 300  5石川  朗    平野  功   RX7 FD3S         2'16.250           オークラRX7
20  14 300  6古在  哲雄  小宮 延雄  SILVIA S-14      2'16.574 ホイールショップアルタシルビア
21   9 300  7羽根 幸浩   徳田 照幸  PORSCHE 993RSR   2'18.022大黒屋プロキダイポルシェ
22  26 300  8青砥  浩史  山岸    大 PORSCHE 911RSR   2'19.552    TAISANポルシェRSR
23  70 300  9石橋  義三  P・V・スクート   PORSCHE 911GT2   2'21.313 外国の外国屋ポルシェ
24  81 300 10福山  英朗  大八木 信行SILVIA S-15      2'30.602      ダイシン  シルビア
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:3/8-9第1回公式走行会(追加情報)

     '99フォーミュラ・ニッポンにTMSが追加登録
       舘信吾を擁して第1回公式走行会にも参加
 先に発表された今シーズンのFニッポンエントリーリストに新たに赤池卓監督
率いるTEAM TMSが追加登録を行った。これにより出場登録は14チーム24台。
 第1回公式走行会のドライバーについても若干追加された。
 TMS以外にも5ZIGENに国内フォーミュラは久しぶりのミハエル・クルムが名
を連ねている。
 ****1999年フォーミュラ・ニッポン第1回公式走行会エントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA            9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
9 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    55 金石勝智       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
56 脇阪寿一       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
IMPUL                   19 影山正美       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
20 野田英樹       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 脇阪薫一       レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 M.クルム/T.B.N.レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
TMS                     18 舘  信吾       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
TAKAGI B-1              36 玉中哲二       ローラB99-51 /無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 P.ダンブレック レイナード99L/無限MF308(シエラ)
63 OSAMU          レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
----------------------------------------------------------------------- 
(1999.3.4現在)
※MIRAIおよびTMSの17号車、DoCoMo DANDELIONの69号車は不参加。
 SHIONOGI NOVAは、9号車を2人で使用。
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

鈴鹿GT公開テスト 3/4(PM)

99-03-04
GT公開テスト                                             WEATHER  : Cloudy
N-GT                          SESSION-2           COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P. No. Cls.  Driver1     Driver2    Type                 Time          Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  18 500  1脇阪 寿一   金石 勝智  NSX E-NA2        2'00.737     TAKATA童夢NSX
2 100 500  2高橋 国光   飯田  章   NSX E-NA2        2'00.793       RAYBRIG NSX
3  64 500  3トム・コロネル     山西 康司  NSX E-NA2        2'01.702     Mobil  1  NSX
4  16 500  4中子  修    道上  龍   NSX E-NA2        2'01.897    Castrol無限NSX
5   2 500  5鈴木  亜久里ミハエル・クルム   SKYLINE BNR34    2'02.179   ARTAゼクセルスカイライン
6   0 500  6土屋 圭市   影山 正彦  SUPRA JZA80      2'02.345               TRD
7   1 500  7エリック・コマス    本山  哲   SKYLINE BNR34    2'03.394   ペンズオイル・ニスモGTR
8  35 500  8P・A・ラファネル   山路  慎一 SUPRA JZA80      2'04.487  マツモトキヨシ・トムススープラ
9  38 500  9竹内  浩典  立川 祐路  SUPRA JZA80      2'04.699   FK/マッシモセルモスープラ
10   3 500 10長谷見 昌弘 田中 哲也  SKYLINE BCNR33   2'04.905  ユニシアジェックススカイライン
11  55 500 11松田  秀士  T.B.N      VIPER GTS        2'05.219 STPタイサンバイパーGTSR
12  32 500 12木下 隆之   近藤 真彦  SUPRA JZA80      2'05.669 cdma  Oneセルモスープラ
13  30 500 13山田 洋二   岡田 秀樹  McLAREN 19R GTR  2'05.699  綜警 McLaren GTR
14  36 500 14関谷 正徳   T.B.N      SUPRA JZA80      2'06.282  カストロール・トムス・スープラ
15  88 500 15和田    久  古谷 直広  DIABRO ZA90DE068 2'11.441    JLOCディアブロGT1
16  19 300  1織戸  学    T.B.N      CELICA ST205     2'12.863     ウエッズスポーツセリカ
17  25 300  2新田  守男  菊地  靖   MR2 SW20         2'12.892   モモコルセ・アベックスMR2
18  71 300  3城内 政樹   黒澤 治樹  PORSCHE 911GT2   2'13.691        シグマテック911
19  77 500 16小林 且雄   谷川 達也  IMPREZZA GC4     2'13.936    クスコスバルインプレッサ
20   7 300  4松本  晴彦  山野  哲也 RX7 FD3S         2'14.359  RE雨宮マツモトキヨシRX7
21  61 300  5中谷 明彦   T.B.N      FTO E-DE3A       2'14.976  テイボン・トランピオ・FTO
22   9 300  6羽根 幸浩   徳田 照幸  PORSCHE 993RSR   2'15.049大黒屋プロキダイポルシェ
23  72 300  7石川  朗    平野  功   RX7 FD3S         2'15.305           オークラRX7
24 910 300  8余郷    敦  砂子  智彦 PORSCHE 993RSR   2'16.215        ナインテンポルシェ
25  21 300  9一ツ山  康   T.B.N      BMW E36          2'16.732     BP-トランピオ-BMW
26  99 300 10吉富  章    日置 恒文  PORSCHE 993RSR   2'17.671    大黒屋ぽるしぇ
27  14 300 11古在  哲雄  小宮 延雄  SILVIA S-14      2'17.996 ホイールショップアルタシルビア
28  70 300 12石橋  義三  P・V・スクート   PORSCHE 911GT2   2'21.790 外国の外国屋ポルシェ
29  26 300 13青砥  浩史  山岸    大 PORSCHE 911RSR   2'22.028    TAISANポルシェRSR
30  81 300 14福山  英朗  大八木 信行SILVIA S-15      2'24.043      ダイシン  シルビア
                           提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

鈴鹿GT公開テスト 3/4(AM)

99-03-04
GT公開テスト                                             WEATHER  : Cloudy
N-GT                          SESSION-1           COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P. No. Cls.  Driver1      Driver2   Type                 Time          Team/Car
-------------------------------------------------------------------------------
1  16 500  1中子  修     道上  龍  NSX E-NA2        2'01.210    Castrol無限NSX
2  18 500  2脇阪 寿一    金石 勝智 NSX E-NA2        2'01.420     TAKATA童夢NSX
3   1 500  3エリック・コマス     本山  哲  SKYLINE BNR34    2'02.430   ペンズオイル・ニスモGTR
4 100 500  4高橋 国光    飯田  章  NSX E-NA2        2'03.260       RAYBRIG NSX
5  64 500  5トム・コロネル      山西 康司 NSX E-NA2        2'03.780     Mobil  1  NSX
6  12 500  6星野 一義    影山 正美 SKYLINE BNR34    2'03.880      カルソニックスカイライン
7   2 500  7鈴木  亜久里 ミハエル・クルム  SKYLINE BNR34    2'04.200   ARTAゼクセルスカイライン
8   0 500  8土屋 圭市    影山 正彦 SUPRA JZA80      2'04.340               TRD
9  35 500  9P・A・ラファネル    山路  慎一SUPRA JZA80      2'04.830  マツモトキヨシ・トムススープラ
10  36 500 10関谷 正徳    T.B.N     SUPRA JZA80      2'05.990  カストロール・トムス・スープラ
11   3 500 11長谷見 昌弘  田中 哲也 SKYLINE BCNR33   2'06.440  ユニシアジェックススカイライン
12  38 500 12竹内  浩典   立川 祐路 SUPRA JZA80      2'06.600   FK/マッシモセルモスープラ
13  32 500 13木下 隆之    近藤 真彦 SUPRA JZA80      2'07.150 cdma  Oneセルモスープラ
14  55 500 14松田  秀士   T.B.N     VIPER GTS        2'07.200 STPタイサンバイパーGTSR
15  30 500 15山田 洋二    岡田 秀樹 McLAREN 19R GTR  2'07.650  綜警 McLaren GTR
16  88 500 16和田    久   古谷 直広 DIABRO ZA90DE068 2'10.670    JLOCディアブロGT1
17  19 300  1織戸  学     T.B.N     CELICA ST205     2'13.690     ウエッズスポーツセリカ
18  25 300  2新田  守男   菊地  靖  MR2 SW20         2'14.290   モモコルセ・アベックスMR2
19  61 300  3中谷 明彦    T.B.N     FTO E-DE3A       2'14.330  テイボン・トランピオ・FTO
20  71 300  4城内 政樹    黒澤 治樹 PORSCHE 911GT2   2'14.930        シグマテック911
21   7 300  5松本  晴彦   山野  哲也RX7 FD3S         2'15.650  RE雨宮マツモトキヨシRX7
22  72 300  6石川  朗     平野  功  RX7 FD3S         2'16.950           オークラRX7
23 910 300  7余郷    敦   砂子  智彦PORSCHE 993RSR   2'17.000        ナインテンポルシェ
24  26 300  8青砥  浩史   山岸    大PORSCHE 911RSR   2'17.470    TAISANポルシェRSR
25   9 300  9羽根 幸浩    徳田 照幸 PORSCHE 993RSR   2'18.130大黒屋プロキダイポルシェ
26  14 300 10古在  哲雄   小宮 延雄 SILVIA S-14      2'19.840 ホイールショップアルタシルビア
27  99 300 11吉富  章     日置 恒文 PORSCHE 993RSR   2'19.900    大黒屋ぽるしぇ
28  21 300 12一ツ山  康    T.B.N     BMW E36          2'20.590     BP-トランピオ-BMW
29  70 300 13石橋  義三   P・V・スクート  PORSCHE 911GT2   2'22.130 外国の外国屋ポルシェ
30  77 500 17小林 且雄    谷川 達也 IMPREZZA GC4     2'29.310    クスコスバルインプレッサ
                           提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

GT:99GTC開催概要発表(暫定エントリー表)

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1999  GT INSIDE REPORT
NETWORK EDITION
 -------------------------------------------------------------------------
99AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズの記者発表が行われる
「GT RUN&ATTACK」と「地域交流宣言」でより身近なレースを目指す
 2月25日、東京・渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで1999年AUTOBACS CUP 全日本
GT選手権シリーズの記者発表会が行われた。
 99年度も、前年度に引き続き、シリーズ・スポンサーとして株式会社オートバック
スセブンを迎え、シリーズ戦全7戦を「オートバックス・カップ全日本GT選手権シリ
ーズ」として開催。また、シリーズパートナー・スポンサーとしては日本信販株式会
社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社の協賛を得
ることが発表された。
 GTアソシエイション(GT-A)は、1994年シリーズ初年度より過去5年間においてレー
ス内容はもちろんのこと、「ファンの満足度」の高い大会を目指し、各種イベント、
プロモーション活動を行ってきたという。また、同時に地域社会への貢献としてチャ
リティ活動にも取り組んできた。
 今年度はそれをさらに充実する方向で進めるという。特にファン、および自動車愛
好者のサーキット、レーシングチームに対するイメージアップとして、「GT RUN&
ATTACK」を開催。「地域交流宣言」を行い、各地方自治体に対し全日本GT選手権が持
つ資産を提供して地域社会との交流を来ないモータースポーツとの理解、共生、交通
安全の向上などを目指していくという。
■1999GTCレース&テスト スケジュール
大会  サーキット        レース     合同テストディ
--------------------------------------------------------------------------
第1戦 鈴鹿サーキット     3月20,21日   3月4日(木),5日(金)
第2戦 富士スピードウェイ   5月1,2日   4月2日(金),3日(土)
第3戦 スポーツランドSUGO   5月29,30日   4月13日(火)、14日(水)
第4戦 MINEサーキット     7月10,11日   6月16日(水)、17日(木)
第5戦 富士スピードウェイ   8月7,8日   7月20日(祝)、21日(水)
第6戦 TIサーッキト英田    9月25,26日   8月31日(火)、9月1日(水)
第7戦 ツインリンクもてぎ   10月23,24日   9月14日(火)、15日(祝)
*GTオールスター戦は開催を予定しているが開催日時、場所に関しては未定
*テストディ共通走行時間(予定)
     1回目      2回目
 レース週金曜
     9:00~10:30   14:00~15:30
 合同テストディ走行時間
 1日目 9:30~11:00   14:00~15:30
 2日目 9:00~10:30   12:30~14:00
■99シリーズ暫定エントリーリスト(2/25現在)
 注)レースイベントにより参加チーム、ドライバーは変更になる場合があります。
[GT500]
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
1  ペンズオイル・ニスモGTR      エリック・コマス(F)  本山 哲         NISMO             BS
2  ARTAゼクセルスカイライン      鈴木亜久里   ミハエル・クルム(D)      NISMO             BS
3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也         ハセミ・モータースポーツ     BS
6  ESSO Tiger Supra     舘 信吾     TBN         ESSO Tiger Team LeMans BS
11  エンドレスアドバンGTR      和田孝夫     木下みつひろ     ENDLESS SPORTS    YH
12  カルソニックスカイライン         星野一義     影山正美         TEAM IMPUL        BS
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍         無限×童夢Project BS
18  童夢無限NSX          脇阪寿一     金石勝智         無限×童夢Project BS
30  綜警McLaren GTR      山田洋二     岡田秀樹         TEAM TAKE ONE     BS
32  cdma Oneセルモスープラ     近藤真彦     木下隆之   cdma One TOYOTA 
TEAM CERUMO with Key's BS
35  マツモトキヨシ・トムススープラ     山路慎一   ピエール・ラファネル(F)     マツモトキヨシTEAM TOM'S MI
36  カストロール・トムス・スープラ    *関谷正徳   TBN        TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI
37  カストロール・トムス・スープラ    *鈴木利男   片山右京   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   立川祐路         TOYOTA TEAM CERUMO  BS
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   影山正彦           TOYOTA TEAM SARD  YH
55  STPタイサンバイパー        松田秀士   TBN                TEAM TAISAN       YH
64  Mobil1 NSX           山西康司   トム・コロネル(NL)   Mobil1 NAKAJIMA RACING BS
88  JLOCディアブロGT1       和田 久   古谷直広           JLOC              TY
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章     チーム国光 with MOONCRAFT  BS
[GT300] 
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     松本晴彦   山野哲也           RE雨宮レーシング      YH
9  大黒屋プロキダイポルシェ   羽根幸浩   徳田照幸           TEAM大黒屋        DL
10  アビリティ・マリオポルシェ      麻生英彦   檜井保孝           アビリティモータースポーツ   DL
14  ホイールショップアルタシルビア    古在哲雄   小宮延雄           アルタレーシングチーム
15  ザナヴィARTAシルビア      土屋武士   井出有治           NISMO             YH
19  ウェッズスポーツセルカ        TBN        TBN           RACING PROJECT BANDOH
21  BP-トランピオ-BMW        一ツ山康    TBN               HITOTSUYAMA RACING TY
25  モモコルセ・アペックスMR2      新田守男   菊池 靖           アペックス            YH
26  TAISANポルシェRSR       青砥浩司   山岸 大           TEAM TAISAN Jr.   YH
61  ライボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   TBN                チーム・ライボン・ラリーアート  TY
70  外車の外国屋ポルシェ    石橋義三   パトリック・バン・スクート(B) TEAM GAIKOKUYA    YH
71  シグマテック911           城内政樹   TBN                シグマテックレーシングチーム
72  オークラRX7          石川 朗   平野 巧           オークラロータリーレーシング   YH
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   谷川達也           クスコレーシング         YH
81  ダイシンシルビア           福山英朗   大八木信行         TEAM DAISHIN      YH
86  AE86ターボ           TBN        TBN                KRAFT
99  大黒屋ぽるしぇ       吉富 章   日置恒文           TEAM大黒屋        DL
111 JIM GAINER F355      井倉淳一   真希遊世           TEAM GAINER       TH
355 イエローマジックF355GT      TBN        TBN                CLUB:YELLOW MAGIC YH
910 ナインテンポルシェ           余郷 敦    砂子智彦           910 RACING        DL
○略号
 TBN:未定  *:ドライバー組合せ未定
 タイヤ BS:ブリヂストン、DL:ダンロップ、MI:ミシュラン、TY:トーヨー、
     YH:ヨコハマ
 国籍 B:ベルギー、D:ドイツ、F:フランス、NL:オランダ
■地域交流宣言
<GT-A発表リリースより抜粋>
            99年度 GT-A地域交流活動
           -GTCと地域社会の交流宣言-
                          1999年2月25日
    『地域交流宣言』
   ---------------------------
    我々GT-Aは、99年度、『地域交流を通じてGTCの制限を
    提供して地域振興に貢献すること』をここに宣言し、
    交流を実施希望される団体を募集します。
   ---------------------------
<交流宣言の趣旨>
■GTCは、1994年より本格スタートし、5年間で日本のモータースポーツのトップ・
カテゴリーににまで成長しました。98年の実績では日本の国内レースイベントとして
1レース当たりの観客動員数は、国内最大を記録するまでになりました。
開催されるサーキットも全国6ケ所にわたり、各地の人々にモータースポーツを楽し
んで頂いております。
95年より、GT選手権として、地元交流・社会還元を目指し、「ポラロイドチャリテ
ィ」として、ピットウォーク時にドライバーとファンのポラロイド写真サービスを行
ない、その収益をレース開催サーキットを通じて、地元自治体を中心に寄附して参り
ました。
■本年度は、本格スタート後5年という1つの節目を終え、新しい成長期を迎えるに
当たり、新たな取り組みをスタートさせる時であると考えます。
その新しい取り組みの1つとして、GT関係者やレーサー達、チーム関係者を中心に地
域社会との交流で、GTCの資源を活用した地域振興を望んでおります。
その活動を通じて、「スポーツ・ドライビングの理解」と「周辺環境との共生」の促
進、また、自動車社会での交通安全の向上が起こることを目指しています。
■我々はこの活動が。「地域社会」に喜ばれ、相互に有効な継続的活動として、定着
していくように努力したいと考えております。
そして、日本での「新しいモータースポーツと地域社会とのあり方」として、先駆者
的役割を担えるものと信じております。
*この地域交流宣言に対して詳しい資料が必要な方は、
 古屋(QYB04322)までメールでお知らせください。
 折り返し、連絡先等をお伝えいたします。
以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN:3/8-9第1回公式走行会(鈴鹿)

     '99フォーミュラ・ニッポン第1回公式走行会
       3月8~9日鈴鹿サーキットで開催
          ニューマシン走り初め!!
 いよいよ、今シーズンのフォーミュラ・ニッポンが動きだす。ニューマシン
が導入され予測が困難なシーズンを占う上で重要な走行会が、開幕戦の行われ
る鈴鹿サーキットで開催される。
日  時:3月8日(月) 10:00~12:00/14:00~16:00
3月9日(火) 10:00~12:00/14:00~16:00
****1999年フォーミュラ・ニッポン第1回公式走行会エントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI TEAM NOVA       9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
10 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    55 金石勝智       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
56 脇阪寿一       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
IMPUL                   19 影山正美       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
20 野田英樹       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 脇阪薫一       レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 T. B. N.       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
TAKAGI B-1              36 玉中哲二       ローラB99-51 /無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 P.ダンブレック レイナード99L/無限MF308(シエラ)
63 OSAMU          レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
※MIRAIおよびDoCoMo DANDELIONの69号車は不参加。
 5ZIGENの6号車はドライバー未定。
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

検索

最新ニュース