Archives

  • [—]2021 (208)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SUPER GT第5戦菅生フリー走行 サードスープラがトップタイム

2006オートバックスSUPER GT第5戦「SUGO GT300km RACE」の決勝前フリー走行が7月23日朝、スポーツランド菅生で行われた。
GT500クラストップは#66triple aサードスープラGT(アンドレ・クート/平中克幸組)、GT300は#7雨宮アスパラドリンクRX-7(山野哲也/井入宏之組)がトップタイムを記録した。

060723_001a

060723_002a

決勝日を迎えたスポーツランド菅生は朝から濃い霧が垂れ込めていたが、フリー走行の開始時刻が迫るにつれ、徐々に霧は晴れていった。
上空は相変わらず曇っているが、少し明るくなってきており、雨は降っていない。
一応競技団からはウェット宣言が出ているが、路面は乾き始めており、スリックでの走行が可能な状態だ。
その分ラップタイムも上がり、決勝前のフリー走行にもかかわらず既に昨日の立川のポールタイムをGT500クラス全車が上回った。

トップタイムを記録したのは#66triple aサードスープラGTのアンドレ・クートで1分17秒786。
昨日の予選でクラッシュした#3イエローハットYMSトミカZもジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが1分17秒935と2番手タイムをマークし、復活をアピールした。
ポールシッターの#1ZENTセルモSCも3番手につけて必勝を期す。

GT300クラスでも前回優勝の#7雨宮アスパラドリンクRX-7の山野哲也が1分24秒638を記録し、昨日のアピチェラのタイムを大きく上回った。
2番手は#46吉兆宝山DIREZZA Z、3番手には#2Privee Zurichアップル紫電がつけた。

スーパーGT第5戦決勝は午後2時から、81周で戦われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO Photo:Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース