Archives

  • [—]2020 (182)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿決勝 浦田裕喜が大荒れのレースを制して初優勝!

 スーパーFJ鈴鹿シリーズ第2戦は27日、同地の西コースで決勝を行い、ポールポジションからスタートした浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)が一時順位を落とすもセーフーティーカーが入る荒れたレースを制して初優勝を飾った。

sfjs-rd2-r-start

sfjs-rd2-r-sc

sfjs-rd2-r-restart

sfjs-rd2-r-7vs34

sfjs-rd2-r-34

sfjs-rd2-r-7

sfjs-rd2-r-77

sfjs-rd2-r-winner

 決勝スタートは午後2時。上空に雲が広がり夕刻は雨予報と天候は下り坂だが、レースを通して雨が落ちることはなかった。

 スタートはポールポジション、浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)の動き出しが鈍く、無難なスタートを決めた予選2位の大井偉史(スキルスピード10V)、同3位の大石裕基(大石工務店イーグル)にパスされ3位に落ちる。

 トップに立ったのは大井だが、大石と浦田の3台はテールトゥノーズ。2周目にはスプーン進入で浦田が前を走る大石に並びかけ2位に上がることに成功。しかし、その後方では、中段争いを繰り広げていた5台がスプーンで絡むアクシデントが発生。早くもセーフティーカー(SC)が導入されることとなった。

 処理する台数が多いためSCは9周を回ってようやくピットイン。10周目から残り5周でレースが再開されることとなった。

 再開後は、トップ大井と2位浦田が僅差での行き詰まる攻防を繰り広げる。3位大石と4位に上がってきたHIROSHI(ミスト・セキグチ・制動屋)も接近戦。

 そして最終ラップ。2位の浦田がスプーンを立ち上がったストレートで前を走る大井のスリップに付き、ついに130R手前で前に出ることに成功。その後も大井の追撃を振り切り、初優勝を飾ることとなった。

 その後方で3位争いを繰り広げていた大石とHIROSHIは最終ラップに入った直後のストレートで接触。コースアウトしてここでレースを終えることとなった。これで3位に繰り上がってきたのが、SC後に前を走る2台を抜いて5位まで上がっていた勝木崇文(Daka M Project FORMスキル)だった。

 4位には板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆10V F)、5位に加納亨介(テイクファースト・オミッターズ10V ED)、6位に村瀬和也(ミスト・関口・制動屋・勝男武士号)が入った。

 第3戦は7月3日、鈴鹿サーキット東コースで行われる。

sfjs-rd2-r-podium

優勝 浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)
 「スタートをしくじりましたが、それ以外は前回より良かったと思います。SCの時は、早く退いてくれないかなと思っていました。ずっとブロックされてて抜くのはスプーン2個目か、130Rと思っていました。ストレートでスリップに付き、130R手前で前に出ました。今年はこのシリーズに1年間出てチャンピオンを狙います」
2位 大井偉史(スキルスピード10V)
 「課題は多いです。130R手前で前に出られてしまいました。あと1周少なかったら……。次は負けません」
3位 勝木崇文(Daka M Project FORMスキル)
 「スタートはポジションキープでした。デグナーで飛び出してしまい順位を落としましたが、SC後に2台をパスしました。最後はクラッシュがあったのでぼくには幸運でした。巻き込まれなくて良かったです」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース