Archives

  • [—]2021 (4)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 7/5


全日本F3選手権シリーズ 第6戦 決勝結果
鈴鹿サーキット・7月5日(日)

伊藤大輔、ベストタイムをマークするも今季初優勝ならず

 快晴に恵まれた決勝日、久しぶりのポールシッターの座についた伊藤大輔は落
ちついてスタートを待った。斜め横に金石選手、2列目にはトムスのふたりダン
ブレック選手と舘選手が虎視眈々とジャンプアップを狙っていた。決してスター
トは悪くなかった。しかしそれ以上に2列目のふたりのスタートが勝っていた。
シフトアップの度にダンブレック、舘両選手のマシンがミラーに大きくなってい
き、1コーナーまでに彼らは1-2体制を作り上げてしまった。
 伊藤は金石選手を従えて3番手で1コーナーに突入し、前のトムス勢を追った。
しかし序盤戦、伊藤はペースを上げられない。むしろ金石選手の追撃を受け、防
戦一方となってしまったため前との差が徐々に開き始めてしまう。9周目の1コー
ナー、金石選手がついに伊藤の前に出て、伊藤は4番手にドロップ。その後、約
2秒の差を金石選手につけられて後半に入ったが、ラスト7周頃から伊藤のラッ
プタイムが上がりはじめる。レースに参戦している他の誰よりも速い自己ベスト
を更新しながら、グイグイと金石選手との差が詰まっていった。
 15周目にはレース中のファステストラップとなる2分04秒019という圧
倒的なタイムをマークし、金石選手との差をジャスト1秒まで削り取った。必死
に追い上げる伊藤だが、中盤戦に作ってしまった2秒というギャップは大きすぎ
た。結局、優勝はおろか表彰台をも取りこぼす4位でチェッカーを受けることに
の食いつきが良かったから、
本番のスタートはやや控えめにクラッチミート。タイミングも悪くなかったんだ
けど、それ以上にピーターと舘クンのスタートが良かった。序盤、少しオーバー
ステアが出ていてドライビングが慎重になってしまった。でもそれはコンディショ
ンのせいさはいつも以上だ。ただ、鳴りを潜めていた伊藤
のバカッ速さが蘇ってきた。その部分が次への希望となってモチベーションをつ
なぎ止めている。次は夏真っ只中の菅生ラウンド。今度こそ表彰台の真ん中を狙
う。


伊藤大輔
「フォーメーションラップのスタートで意外とタイヤの食いつきが良かったから、
本番のスタートはやや控えめにクラッチミート。タイミングも悪くなかったんだ
けど、それ以上にピーターと舘クンのスタートが良かった。序盤、少しオーバー
ステアが出ていてドライビングが慎重になってしまった。でもそれはコンディショ
ンのせい「序盤のペースの遅さがすべてとなってしまいました。決定的な弱点が露呈して
しまった。これまで応援してくださった方々、そして新たに応援してくれること
になった方々に対して申し訳ない気持ちで一杯です。光が見えて、それがまた消
えて……、なかなかうまくいきませんね。これにめげずにチームが一丸となって
後半戦を闘いますので、今後も応援のほどよろしくお願いいたします」


                          SKILL SPEED 深尾栄一



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース