Archives

  • [—]2021 (2)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第7戦もてぎ決勝 MOTUL AUTECH Zが2位表彰台でチーム選手権2位に浮上 (NISMO)

■「MOTUL AUTECH Z」が2位表彰台でチーム選手権2位に浮上

 晴天に恵まれた9月9日に栃木県茂木町のツインリンクもてぎ (1周: 4.801km)でSUPER GT第7戦決勝レースが行われ、予選4位の好位置からスタートした「MOTUL AUTECH Z」(#22 ミハエル・クルム/松田次生)が2位表彰台を獲得。チーム選手権ポイント2位に浮上した。

gt_r07_n_r_500_1  3万8,000人もの観客が見守る中、午後2時に300kmレースのフォーメーションラップがスタートした。セカンドローからスタートした松田の#22 Zは、序盤からレースリーダーの背後につけるべくオープニングラップに臨み、上位の#32 NSXがスピンアウトすると3位となり1周目のコントロールラインを通過した。その後、タイヤをいたわりながらも3位のポジションを堅守した松田は、28周目にピットインしてクルムに交代した。後半を受け持ったクルムは、先行する#38 SC430を追い、また背後からペースを上げて逆転を狙う#6 SC430を寄せ付けずに終盤を迎えた。このままレースはフィニッシュするかと思われたが、残り5周目に2位の#38 SC430がコース上にストップ。クルムは、2位に上がりそのまま63周目のチェッカーフラッグを受けた。

 予選11位からリチャード・ライアンのドライブでスタートした「XANAVI NISMO Z」(#23 本山哲/ライアン)はオープニングラップのアクシデントを冷静に切り抜け、一気に6位まで順位を上げた。24周目にピットインして本山に交代。本山はチャンピオン争いで最大のライバルである#8 NSXとの接近戦を繰り広げ、先行させることなく5位のポジションをキープ。しかし、43周目に#8 NSXが仕掛けてきたところで接触してしまい、両車はともにグラベルベッドにはまってストップした。その後両車はレースに復帰し、#23 Zは残されたチャンピオンシップ獲得のチャンスに賭けた。しかし、大会審査委員会はこのアクシデントで#23 Zにドライビングスルーペナルティを課した。その後も、2台はバトルを続けたが、最終的には#23 Zが13位でレースを終えた。これにより#23 Zはドライバー選手権で4位、チーム選手権も4位に順位を下げたが、2位に入った#22 Zはドライバー選手権3位、チーム選手権2位に上がった。

 予選5位スタートの「YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z」(#3 セバスチャン・フィリップ/柳田真孝)は、5位のまま序盤を周回したが、12周目にGT300車両にヒットされてコースアウト。大きく順位を落とした。一時は14位まで後退したが、その後コンスタントに周回、最終的には11位で完走した。

 星野一樹がレースをスタートした「カルソニック インパルZ」(#12 ブノワ・トレルイエ/星野)は、12位を走行中の10周目に前方で発生したアクシデントに巻き込まれてクラッシュ。その後火災が発生し、オフィシャルによって直ちに消し止められたが、ここでレースを終えた。16位スタートの「WOODONE ADVAN Clarion Z」(#24 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)は、序盤の混乱やアクシデントに巻き込まれることなく自身のペースで走り続け、5位でチェッカーフラッグを受けた。

ニスモ飯嶋嘉隆監督
 「23号車はリチャードがスタート直後にポジションを一気に11位から6位に上げ、良い位置で本山にクルマを渡してくれました。後半追い上げる作戦でしたが、#8 NSXとのバトルではどちらも引くことができず、2台が絡んでコースアウトしてその後ペナルティを受けたことはとても残念でした。一方、22号車は力強い走りで2位に入れたので、良かったと思います。特にチーム選手権ではトップと10ポイント差の2位に上がり、大いにチャンピオンの可能性があるので、次のオートポリス戦は万全の体制で臨みたいと思います。応援ありがとうございました」
#22 ミハエル・クルム
 「勝ちにいくつもりだったので、ちょっとだけ残念です。しかし、レースはとってもタフで、熱いバトルでした。コースサイドで声援を送っていただいたファンの皆さんにお礼を言いたいです。ありがとうございました」
上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text & Photo: ©NISMO



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース