Archives

  • [—]2019 (470)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第2戦岡山 レクサスSC430が追い上げ4位フィニッシュ (TOTOTA)

レクサスSC430が追い上げ4位フィニッシュ
3台のレクサスSC430がトップ10入りを果たしポイント獲得
08sgt_rd2_1
10番手スタートから追い上げ4位フィニッシュを果たしたレクサスSC430
(No.36 PETRONAS TOM\'S SC430)

 SUPER GTの第2戦「OKAYAMA GT 300km RACE」が4月12日(土)、 13日(日)の両日、岡山県の岡山国際サーキットで開催された。今大会にはGT500クラスに16台、GT300クラスに23台の計39台がエントリー。トヨタ勢はGT500クラスに6台のレクサスSC430、GT300クラスに2台のトヨタMR-Sと1台のトヨタ セリカが出場した。

◆予選◆

 12日(土)曇り空ながら時折太陽が覗く天候の下で予選が行われた。レクサスSC430勢は苦戦を強いられ、PETRONAS TOM'S SC430 36号車が予選1回目10番手で唯一スーパーラップに進出。10番手グリッドを確保した。ENEOS SC430 6号車が11番手、ZENT CERUMO SC430 38号車が12番手、宝山 KRAFT SC430 35号車が13番手。DENSO DUNLOP SARD SC430 39号車が15番手、ECLIPSE ADVAN SC430 25号車は16番手グリッドとなり、決勝レースでの巻き返しを図ることとなった。  一方、GT300クラスではDOUBLEHEAD avex apr MR-S 31号車が予選1回目に8番手タイムをマークし、スーパーラップに進出。スーパーラップでも素晴らしい走りで6番手グリッドを獲得した。ウェッズスポーツセリカ19号車は11番手、TDPの若手コンビが駆るライトニング マックィーン apr MR-S 95号車はタイヤのマッチングに苦しみ、15番手グリッドとなった。

◆決勝◆

 13日(日)午後2時、空は雲に覆われ、降雨が心配されるコンディションで、82周で競われるレースのスタートが切られた。

 後方スタートを強いられたレクサスSC430勢だったが、時折小雨が路面を濡らす難しいコンディションとなり、スピンやクラッシュも多発する波乱の展開の中で、着実に走行。10番手スタートの36号車は終盤には5位までポジションアップを果たし、更に前を行くNSXを猛追。テール・トゥ・ノーズのバトルを展開し、73周目にはついにこれをパス、4位に浮上した。その後も36号車は2戦連続の表彰台獲得を目指し、ハイペースで更に上位を狙って行ったが惜しくも届かず、4位フィニッシュとなった。

 6位に13番手グリッドから追い上げた35号車、これに38号車が続き、レクサスSC430は3台がトップ10フィニッシュを果たし、ポイントを獲得した。

 GT300クラスでは、31号車が11位、95号車が12位でレースを終えた。

トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 林博美のコメント:
 不利なウェイトを課せられ、金曜日から大苦戦を強いられたが、決勝レースでは波乱に巻き込まれることなく、精一杯の結果を出すことが出来た。次戦の富士は得意のホームコースなので、表彰台を目指して全力を尽くす。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース