Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第2戦岡山決勝 優勝ドライバーのコメント

GT500クラス #23XANAVI NISMO GT-R
ブノワ・トレルイエ
最高の結果です。連続で勝つことは殆ど不可能だと思っていましたが、 今日は歴史に残るレースになりましたね。
難しいコンディションでしたが、1スティント目で使ったタイヤが当たりでした。序盤から2位以下との間にギャップを広げる狙いでしたが、 カーナンバー1も速いクルマだったので、一時はサイド・バイ・サイドになりました。 それでもトラフィックをうまく使って抑えることができました。トラフィックの処理は難しかったけど、面白いレースでしたね。

本山 哲
フルウェイトということで、正直5位か6位、7位に入れれば上出来だろうと、 そうすればシリーズポイントの上でも有利になるな位に思っていましたが、金曜に走り出してすごく良い状況になってきました。 ここまでクルマを仕上げてくれたチームにすごく感謝しています。
僕のパートになってから雨が降ってきましたが、一番気をつけていたのはドライタイヤで走る間に絶対コースアウトをしないことと、 レインに換えるかどうかの見極めで、これがすごく難しかったです。
厳しい状況でも勝てたのは、GT-Rというクルマが岡山にあっていたからだと思いますから、富士以降はまずないでしょうね。 それでもポテンシャルはあると感じています。

 

GT300クラス #43ARTA Garaiya
新田 守男

正直ほっとしています。こんなに早く優勝のチャンスが回ってくるとは思っていませんでした。
ポールからスタートできたおかげで良い位置でレースできるなと思っていましたが、同じタイヤを履く46号車を気にしていましたが、 彼らのペースが上がらないのでこっちのタイヤまで心配になってきました。それで、 後ろがバトルしている間にギャップを広げてやろうとペースを上げたんですが、思いがけないクルマが迫ってきて、 ポルシェに抜かれてしまいました。
それでもメカニックさんたちのおかげで良い位置でコースに送り出してくれ、雨の中で真一も頑張ってくれましたから、 それが勝因だったと思います。

高木 真一
今日は亜久里さんが来ているということでプレッシャーを感じていましたが、勝てたので良かったです。
ピットアウトして暫く走っていても誰も前に現れなくて、そのうち無線で「10秒以上のマージンがある」と告げられました。 ピット作業が早かったことと、僕自身が最初からプッシュしていったことが良かったのかなと。
目の前でスピンするクルマが居ても無事避けられたので、運も良かったんでしょうね。
今回はミシュランも良いタイヤをもってきていました。タイヤでも新しい試みをしているので、今後もそれが重要な要素になると思います。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース