Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO決勝 ENDLESS ADVAN Zが優勝してST1のチャンピオン!

st_r06_r_start

st_r06_r_pace_car

st_r06_r_endless_z2

st_r06_r_bmw

st_r06_r_lancer

st_r06_r_oasis_z

st_r06_r_dc5

st_r06_r_aoki

st_r06_st1_champion_crew

 宮城県仙台市近郊のスポーツランドSUGOで、スーパー耐久第6戦が行われた。

 ST2クラスの#11ランサーに続いて、最終戦を待たずして#3 Zの影山正美、青木孝行組が見事に優勝! これで#8をおさえてシリーズチャンピオンを獲得した。

 午後3時、気温19度、路面温度26度の暖かさの中で、35台のマシンがフォーメーションラップからスタート。

 序盤はポールスタートの#50 PETORONAS SYNTIUMBMW Z4M COUPE(柳田真孝/Farique Hairuman組)の柳田が46周目までトップに立つ。ピットストップでいったんは順位を落とすが、92周目のピットインで#3 ENDLESS ADVAN Z影山正美/青木孝行組)がトップを奪う。#50はこれで後退し、トップ争いは#3と#23 CAR-CHANNEL アドバンZ33(田中哲也/星野一樹/山田英二組)にかわった。

 101周目には#23がトップに立つ。ここで2回目のSCランに。104周目の再スタート後#50も再びプッシュ。だが、111周目のへアピンで#30と接触し#50はクラッシュ。しかし、#50にダメージは少なかったようでコースに復帰するが、これでトップとは1周の差に。

 117周目、わずかなミスをとらえて#3が再度トップに立った。119周目から123周目まで3回目のSCランとなる。ここでも#3は見事なリスタートで逃げ切り、シリーズタイトルを手にした。

 クラス2も#11オーリンズランサーEVO MR(木下隆之/中谷明彦組)が優勝。クラス3は#74アラビアンオアシスZ(小林敬一/安田裕信/菅原修一組)が初優勝。クラス4は#34 AUTOBACS ADVAN WORLD ONE インテグラ(北川剛/守内庸介/田ヶ原章蔵組)が優勝をとげた。

#3影山正美
 「#8の前でゴールすればうちが1~3位でもチャンピオンがとれるし、自力だと1~2位、3、4位でもいいから#8の前でゴールすればいいと考えてました。予選も(#8が4番手で)3番手になれてすごくラッキーで、決勝のペースも50周くらいまでは抑え気味でタイヤ温存で行こうという作戦でした。今回チャンプをとれたけど、最終戦のもてぎはもう1勝して6勝にしたいですね。勝ってチャンピオンはもちろん理想的だったけど、こんなにうまく行くとは思ってなかったです(笑)。Zで2年間苦労して勝利の女神が微笑んでくれたんですね(笑)最後は#23とおなじ柔らか目のタイヤを4本選択しました。2本交換でも勝てるかもしれないと思ったんですが、社長がチャンピオンをとることを最優先で無理しなくてもいいという作戦になったんです。この1年間いいクルマをつくってくれて、3年間頑張ってくれたエンドレスに感謝したいです。日産、ニスモにチャンピオンをとれた喜びを伝えたいです」
青木孝行
 「何があるかわからないのがレースですから、早くチャンピオンを決めたかった。勝ってタイトルをとれたんで、守りのレースをしたわけじゃないです。最終戦も手を抜かず面白いレースを見せますよ」

st_r06_st1_podium st_r06_st3_podimu st_r06_st4_podium st_r06_st1_podium

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース