Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第9戦 鈴鹿 決勝


クインタレッリ脱落の幸運もあったが、この日のオリベイラはとにかく速かった(Photo:Motorsports@nifty)

全日本F3選手権第9戦の決勝が7月3日午後3時25分より鈴鹿サーキットで行われ、2番手
スタートの#10ファオ・パオロ・デ・オリベイラ(Honda・M-TECF106)が2位に8秒以上の
差をつけて優勝した。
2位には#3横溝直輝(INGING F303)、3位には#2武藤英紀(Honda・戸田FIGHTEX)が入った。
武藤はこれがF3で初の表彰台である。
なお、ポールスタートの#4ロニー・クインタレッリ(INGING F302)は3周目のデグナーで
コースオフし、惜しくも順位を4位まで落とした。

定刻にスタートしたF3第9戦は、まずポールポジションのクインタレッリが危なげなく
1コーナーを制し、早速後続を引き離しに掛かる。しかし2位のオリベイラも2周目の
1コーナーでスリップを使ってインを伺うなどして、しぶとく食い下がる。
その後方ではスタートで6位にジャンプアップした#7山本左近(DYNACITYトムスF304)が
2周目のデグナーで飛び出してクラッシュ、戦列を去る。
このときにコース上に撒かれた砂に、こともあろうに3周目に差し掛かったクインタレッリ
が乗り上げてしまった。姿勢を乱したクインタレッリは4位にドロップ、2位のチーム
メイト横溝とともに3位の武藤を挟み撃ちにする格好になった。
ここからは2位横溝から6位#1リチャード・アンティヌッチ(WOODONEトムスF304)までが
一団となって激しく順位を争う展開となり、その間にペースを上げたオリベイラは2位
以下を大きく引き離し、最終的にはその差を8秒3として独走優勝を遂げた。

第8戦の決勝は6月6日午前11時5分より、20周で行われる。
2004年7月3日 鈴鹿サーキット(三重県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
全日本F3 -RIJ- (2004/07/03) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 9 鈴鹿サーキット 5.807 km
PNoDriverCarEngineLapTime
110ファオ・パオロ・デ・オリベイラLOLA-DOME F106/03M-TEC204C1223'57.403
23横溝 直輝DALLARA F3033S-GE128.336
32武藤 英紀LOLA-DOME F106/03M-TEC204C128.436
44ロニー・クインタレッリDALLARA F3023S-GE1210.150
51リチャード・アンティヌッチDALLARA F3043S-GE1210.599
68中嶋 一貴DALLARA F3043S-GE1211.340
712ファビオ・カルボーンDALLARA F303SR20VE1218.472
832小早川 済瑠LOLA-DOME F106/033S-GE1235.697
914柳田 真孝DALLARA F302SR20VE1237.566
1033池田 大祐LOLA-DOME F106/033S-GE1238.632
1150磯崎 元彦DALLARA F3043S-GE1253.987
-------- 《以上完走》 --------
-36番場 琢DALLARA F3043S-GE84 Laps
-19柴田 裕吉DALLARA F3023S-GE75 Laps
-7山本 左近DALLARA F3043S-GE111 Laps
ファステストラップ:No.10 ファオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'59.312(6/12Lap)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース