Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久 第8戦 もてぎ/ラリーアートニュース

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
                  スーパー耐久シリーズ2003  第8戦(最終戦)
              中谷明彦組三菱ランサー(クラス2)が今季4勝目を挙げ
                        逆転チャンピオンを決定!
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■

<結果>
〈クラス2〉*クラス2は完走10台

順位    ドライバー  車  両
タイム(周回数)    予選順位

1  中谷明彦/木下隆之  三菱ランサーエボリューション
3時間46分28秒641(104周)    2

2  吉田寿博/清水和夫  スバル・インプレッサ
3時間46分29秒843(104周)    1

3  村山智之/松田晃司  スバル・インプレッサ
3時間46分17秒650(103周)    4

4  富枡朋広/関豊  三菱ランサーエボリューション
3時間46分03秒057(101周)    7

5  大橋正澄/松浦俊之/松井猛彦    三菱ランサーエボリューション
3時間46分16秒764(101周)    8

6  三上和美/藤沢哲也  三菱ランサーエボリューション
3時間46分24秒800(101周)    9

--------------------------------------

【開催概要】
■開催日      11月8日(土)予選・9日(日)決勝
■開催場所    栃木県芳賀郡茂木町「ツインリンクもてぎロードコース」
■周回数      105周(1周4.801379km)
■参加台数
51台(決勝レース出走  45台、完走  32台)
クラス1  (3501cc~)8台
クラス2  (2001~3500・)4WD  13台(三菱ランサー10台)
クラス3  (2001~3500・)2WD    9台
クラス4  (~2000・)                15台
グループNプラス・クラス                    6台
※スーパー耐久シリーズ・技術規則第8条に従った車両

  観客数    3,000人(予選日)/8,000人(決勝当日)

--------------------------------------

  スーパー耐久シリーズ  2003の第8戦(最終戦)「もてぎスーパー耐久500
」が、11月8日(土)~9日(日)に栃木県芳賀郡茂木町の「ツインリンクもてぎ
ロードコース」(1周4.801379km)で開催された。同大会には51台のエ
ントリーがあり、クラス2にも13台が参加。このうち三菱ランサーは10台を占め
た。8日の天候は晴れ。気温も22℃とシーズン終盤らしい気候のもとで予選が行わ
れた。今季のスーパー耐久では1回目の30分はA、およびBドライバーが出走し予
選通過基準タイム達成の可否を判断。続く2回目は決勝グリッド決定のためにAまた
はBドライバーが出走する。この結果、クラス2では、ランキング2番手から逆転チ
ャンピオンを目指すジアラレーシングwith  PUMAの中谷明彦選手組(三菱ラ
ンサーエボリューションVIII)が2位グリッドを獲得。村田信博選手(CMSC
栃木)/サトウカイチ(CMSC座間)組(三菱ランサーエボリューションVIII
)が3位、小川日出生選手(CMSC山形)組(三菱ランサーエボリューションVI
II)が5位で続いた。ポールポジションはランキング首位の吉田寿博選手組(スバ
ル・インプレッサ)が獲得した。なお、シリーズポイントは吉田選手組が中谷選手組
を12点リードしているが、有効7戦によるポイント制度のために、両者の勝った方
がチャンピオンを獲得するという、まさに一騎打ちの勝負となる。

  9日は天気予報どおり朝から小雨が断続的に降るあいにくの空模様。路面は完全ウ
ェットで気温12℃と肌寒い。12時に500kmレース(105周)のスタートが
切られると、中谷選手組三菱ランサーは好ダッシュを決め、1コーナーまでにポール
ポジションの吉田寿博選手組インプレッサを捕らえてトップで周回を開始した。序盤
から積極的に逃げる作戦の中谷選手組だがまもなく雨が上がって、乾きかけた路面に
タイヤが予想以上に摩耗。31周目には吉田選手組に首位を譲り、36周目に3番手
で1回目のピットへ。だが、中谷選手組はその後も果敢に攻め、67周目にはクラス
トップに復帰。2回目のピット作業ではタイヤ交換を前輪のみで済ませるとトップの
ままコースに復帰し、見事な逃げ切りで前戦SUGOに続く2連勝を果たした。この
結果により、有効ポイントにおいて中谷明彦選手組三菱ランサーは吉田選手組を逆転。
2年ぶりにクラス2チャンピオンの奪還に成功した。また、三菱ランサーは富枡朋広
選手組が4位、大橋正澄選手組が5位に入り、決勝に出走した9台中7台が完走。な
お、総合優勝は竹内浩典選手組のポルシェ911  GT3R(クラス1)であった。

*CMSC(コルトモータースポーツクラブ)は、三菱車愛好者を中心としたJAF
登録クラブで、東京の本部(会長:木全  巖)および全国23支部(各々独立JAF
登録クラブ)から構成され、現在約700名の会員が活躍しています。

--------------------------------------

★第8戦終了時のシリーズポイント(全8戦中7戦有効)  〈クラス2〉

1位    中谷明彦組  (三菱ランサー)        125
2位    吉田寿博組  (スバル・インプレッサ)120
3位    村山智之組  (スバル・インプレッサ)  69
4位    大橋正澄組  (三菱ランサー)          63
5位    小川日出生組(三菱ランサー)          55
6位    三上和美組  (三菱ランサー)          42
7位    村田信博組  (三菱ランサー)          41
8位    松本達哉組  (三菱ランサー)          39
9位    富枡朋広組  (三菱ランサー)          29

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ラリーアートニュースの詳細は下記をご覧ください。
ラリーアート Web Site



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース