Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久 第8戦 もてぎ/SUBARU WRC エクスプレス

スーパー耐久シリーズ2003 第8戦
「もてぎスーパー耐久500」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2003年11月8-9日
■開催場所:ツインリンクもてぎ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 全戦でポイント獲得したFUJITSUBO IMPREZA
  わずか1.2秒差でV2ならず

スーパー耐久第8戦(最終戦)は、11月9日にツインリンクもてぎで決勝レース
が行われ、2年連続チャンピオンを目指した吉田寿博/清水和夫組の#2 FUJ‐
ITSUBO IMPREZAは2位でゴール。
年間総合得点ではトップだったが、今シーズン採用された有効ポイント制(全8戦
中上位7戦分の合計)により有効ポイントで逆転され、残念ながら2年連続のチャ
ンピオンはならなかった。
またチームメイトの村山智之/松田晃司組の#22 avex・インプレッサは3
位でゴールして、シリーズ3位を守った。

11月8日午後の予選2回目、残り4分となった時点で、2台のインプレッサはタ
イムアップを狙ってコースイン。1周だけのアタックで#2インプレッサの吉田は
コースレコードを塗り替える2分2秒179のタイムでクラスポールを獲得。これ
で、タイトル争いの直接のライバルである#11ランサーの前というポジションを
得た。
#22インプレッサはタイムアップならず4位のままとなった。

9日、12時に105周(約500km)決勝レースのローリングラップがスター
トした。雨はまだ降り続きウェットコンディションのままで、気温は12℃と肌寒
い。グリーンランプとともに飛び出したのは予選クラス2位の#11ランサーで、
これに#2インプレッサの吉田、#22インプレッサの松田が続き、総合3位争い
のグループとなった。速さで勝る#2インプレッサは31周目、#22インプレッ
サは32周目に#11ランサーをかわすとインプレッサの1-2態勢に。さらに34
周で総合トップのスカイラインGT-Rがピットインすると、2台のインプレッサ
は堂々総合トップと2位に躍進し、スバルファンを喜ばせた。

しかし、逆転チャンピオンを狙う#11ランサーは、63周目に#22インプレッ
サをかわしてようやく2位に浮上。また、2回目のルーティンピットでトップの#
2インプレッサは#11ランサーに40秒のリードを許してしまうことになった。
#2インプレッサの清水は毎周1~2秒ずつタイムを切り取り、終盤90周目には
20秒差、101周目には10秒差まで追い上げる。一方#11ランサーは終盤エ
ンジンにトラブルを抱えペースが上がらない。
わずか4秒差でファイナルラップに入った清水は、猛烈な追い上げで#11ランサー
に迫るも、わずか1.202秒届かず2位でフィニッシュ。78周目にピットイン
して村山がドライブした#22インプレッサは3位でチェッカーを受けた。

この結果、シリーズ全戦でポイントを獲得して7回表彰台を得た#2インプレッサ
は合計132点、#11ランサーは125点。しかし、今年のみ採用された有効7
戦のベストポイント制のため、#2インプレッサの有効得点は120点となり、2
年連続チャンピオンは幻となってしまった。#22インプレッサはシリーズ3位を
守り、インプレッサはシリーズ2位と3位という成績で03年シーズンを終了した。
なお、来年は再び全戦の合計ポイント制が採用されることになる。

■Race Results(クラス2)
Pos.  No.  Driver  Car Name  Laps  Time/Diff
1 #11 中谷明彦/木下隆之  ジアラーランサーEVO VIII         104  3:46'28.641
2 #2  吉田寿博/清水和夫  FUJITSUBO IMPREZA                104       +1.202
3 #22 村山智之/松田晃司  avex・IMPREZA                    103      1Lap
4 #6  冨桝朋広/関 豊  ファルケン☆ランサーEVO VIII       101      3Laps
5 #57 大橋正澄/松浦俊之/松井猛敏 グラムライツランサー    101      3Laps
6 #70 三上和美/藤澤哲也   リニューカーTCPROアドバン       101      3Laps
7 #26 朝倉貴志/細野智行 エンドレスアドバンTMCランサー     100      4Laps
8 #20 小川日出生/小林且雄/伊藤勝一 RSオガワADVANランサー 100      4Laps

◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース