Archives

  • [—]2020 (49)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第6戦 もてぎGTチャンピオンレース ポールシッターコメント


(Photo:Motorsports@nifty)

■GT500クラス #36WOODONE トムススープラ

土屋武士
「一言で言って『嬉しい』。昨日はNSX勢が速かったので、こっちはベストを出して
やっと届くかどうかだろうと思っていた。
午前中は曇りだったので、ここでタイヤを2セット使ってタイム出し、午後は決勝の
セットアップに専念しようと思った。1セット目のときはまだ埃っぽかったし、
2セット目もauの撒いた砂利が残っていたが、いいタイムを出すことが出来た。
今年はエリックさんと組めたし、チームはチャンピオンの経験があり、勝てる要素が
集まっているから、ミスしないように行けば勝てるはずだ。」

エリック・コマス
「クルマは非常にコンペティティブだと思う。昨日は満タン状態で48秒が出せたし、
今日の午後もコンスタントに50秒台で走れたからね。
予選と決勝ではコンディションが違うけど、今年は武士が予選アタックを担当して
僕は決勝セットに専念、と役割分担が出来ているので。明日も自信があるよ。
レースでの走行順はいつもどおり(武士→コマス)の予定だ。
上位はタイムが接近しているのでスタートは混戦になると思うが、武士はきっとトップ
のままでボクに渡してくれると信じているので、ボクもトップを守りきって勝ちたい」

■GT300クラス #43ARTA Garaiya

新田守男
「今年になってから一番素直に笑えた日。まだ色々問題はあるし、ストレートが遅い
のに富士で3回も開催されたりで今までは大変だったけど、もてぎに照準を合わせて
チーム、タイヤメーカー一丸となって取り組んできた。
まだガライヤは開発段階なので、予選のためのセットアップは今までやってこなかった
が、ここでポールが取れて嬉しい。
決勝もいい形で終われたらいいと思う。」

高木真一
「今日はとても暑かったので、明日がどうなるか心配だ。昨日はトラブルが多くて
ロングランが出来なかったけど、前回の合同テストでみっちり走りこんでいるので
対策は出来ている」


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース