Archives

  • [—]2020 (49)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第6戦 もてぎ 予選/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第6戦 
「MOTEGI GT CHAMPION RACE」  公式予選
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2003年9月13日
■開催場所:ツインリンクもてぎ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■#22「モチュールピットワークGT-R」、フロントローを獲得!
  予選1回目から変わらず、#12は6位、#23は7位

公式予選の行われた13日(土)のツインリンクもてぎは、曇り空。前日までの猛烈な
残暑と、本州西側を北方に抜けた台風の影響もあり、湿度が高く気温は29℃と真夏
並みであった。

予選1回目、#22「モチュールピットワークGT-R」のアタッカーは、リチャード
・ライアン。#23とタイミングをずらしてコースインしていった。こちらのハンデ
ィウェイトは50kg。ライアンは占有時間が終了する間際に1分47秒292のベストタイ
ムを出して、リーダーボードの2番手につけた。
#12カルソニックスカイラインは、占有時間にブノワ・トレルイエがタイムアタッ
ク。ベストタイムは1分47秒520で予選1回目の6位につけた。
#23GT-Rは7位。なお、予選1位となったのは#36スープラで、#22とのタイム差はわ
ずかに0.015秒であった。

公式予選2回目は、午後2時40分から開始した。気温は34℃、路面温度は60℃にまで
上昇した。湿度も70%と今年のJGTCレースで一番の酷暑となった。当然、クルマや
タイヤに対する影響も大きく、各車ともタイムアップは難しい状況であった。
#22「モチュールピットワークGT-R」は、GT300との混走枠を影山正美がロングラン。
決勝レースも同様に暑いことが予想されるため、タイヤの磨耗具合を確認しておく
必要がある。この日最後のタイムアタックショーは、20分のインターバルをおいた
午後3時20分頃からスタート。
温存していたフレッシュタイヤを装着し、リチャード・ライアンがアタックランを
開始した。ライアンは、渾身の力で1分47秒870を出すが、タイムアップはならず。
しかし、他チームも同様にタイム更新ができず、この時点で#22の2位フロントロー
は確定した。

一方の#23「ザナヴィ ニスモGT-R」は、タイムアタックは行わずひたすら走りこん
でセットアップを進めていった。順位の変動はなく、こちらも予選7位が確定した。
#12「カルソニックスカイライン」も6位で公式予選を終えることとなった。

予選総合トップは#36スープラ。ミシュランタイヤを装着するこのクルマは暑けれ
ば有利という見方がある。ポイント争いで本山/クルム組に迫っている#1スープラ
は、5番手にいる。前日の練習走行では、NSX勢が速さを見せていた。ライバル勢も
明日のレースの戦い方を練ってくるに違いないが、総合力を誇るNISMOが決勝レー
スでも注目の的になることは疑いない。

■公式予選結果
Pos.  Car Name   No.  Driver    Laps
 1 WOODONE トムススープラ  #36 土屋武士 / エリック・コマス         1'47.277
 2 モチュールピットワーク GT-R  #22 影山正美 / リチャード・ライアン1'47.292
 3 G'ZOX-NSX  #16 伊藤大輔 / トム・コロネル                        1'47.392
 4 auセルモスープラ  #38 竹内浩典 / 立川祐路                       1'47.478
 5 エッソウルトラフロー スープラ  #35 脇阪寿一 / 飯田 章          1'47.490
 6 カルソニックスカイライン  #12 ブノワ・トレルイエ / 井出有治     1'47.520
 7 ザナヴィ ニスモ GT-R  #23 本山 哲 / ミハエル・クルム           1'47.584
 8 Mobil 1 NSX  #64 松田次生 / アンドレ・ロッテラー                1'47.792
 9 ZENT トムススープラ  #1 黒澤琢弥 / マルコ・アピチェラ           1'47.822
10 デンソーサードスープラGT  #39 ドミニク・シュワガー / 織戸 学   1'47"923

◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース