Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン 第7戦 富士 予選記者会見


富士の現コース最後のレースを制するのは誰か(Photo:Motorsports@nifty)

本山 哲
昨日から調子が良く、チームとしても、富士のセットはいいものを持っているので、
他に比べてアドバンテージがあると感じていた。それを維持できるように、セット
を変えたりしながら予選に臨んだ。
タイム的にはあんなものだと思う。2回目は若干気温が高くなったり、ストレートで
向かい風だったことが影響したと思う。

(富士の現コース最後のレースについて)
富士には、悪い思い出もあるが、いい思い出の方が多い。最後は勝って気持ちよく終
わりたい。

ブノワ・トレルイエ
予選前にセッティングが決まっていたが、こんなことは初めてだと思う。2回目は
ちょっとグリップが落ちてしまった。エンジンにも少しトラブルを抱えているが、
レースまでには直ることを祈っている。
勝ちたいのはもちろんだが、チームメイトが速いのでそれは難しい。でも、最低で
も2位はキープして、チャンスがあれば狙いたい。

富士は、去年まではいい事がなかったが何とも思わなかったが、今年はいい事が多
いので、このコースがなくなるのは惜しい。

脇阪寿一
最後のアタックではBコーナーで2速ギアがなくなり(壊れて)チャンス失った。
でも、17秒台は見えていなかった。
インパルに追いつくために色々試したが、オーバー、アンダーを繰り返し、ようや
く最後になっていいセッティングが見つかった。

他のサーキットで調子悪くてもここでは勝てたりしたので、特別な思いがある。明
日も運が向くことを祈っている。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース