Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン第4戦 ツインリンクもてぎ 決勝


寿一を追い立てる本山。しかしこの後、予想だにしない事態が!(Photo:K.Takeshita)

全日本選手権フォーミュラニッポン第4戦は、アクシデントが相次ぐ荒れた展開を乗り
切った#22脇阪寿一(TEAM 22)が今季初優勝を遂げた。

最初のアクシデントはスタート直後の3コーナー手前で起きた。
スタートに失敗して後方に沈んだ#1小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)が#20ブノワ・トレルイエ
(IMPUL)のリヤに乗り上げて宙を舞い、#28野田英樹(MOHN)を巻き込んでコースアウト。
このアクシデントにより赤旗が提示され、スタートやり直しとなった。
このスタートでは脇阪はスタートに失敗して#19本山哲(IMPUL)に抜かれ、#8土屋武士
(LeMans)と2位を争う状況であったが、この赤旗に救われた格好となった。

二回目のスタートでは本山がホイールスピンをおこしたために脇阪-土屋-本山の順で
1コーナーへ。
トップグループはしばらくこのままの順位で走行を重ねる。
10周目に本山がピットイン。続いて11周目には脇阪と土屋が相次いで入ってきたが、
これにより本山が土屋の前に出ることに成功、更にペースを上げて脇阪の追撃に
かかる。
このときのラップタイムである1分39秒640が結局この日のファステストラップと
なった。
しかし脇阪には「後半は自分のほうが速く走れるはず」との確信があり、落ち着いて
本山の追撃をかわしていく。

38周目に#11松田次生(COSMO OIL CERUMO)が90度コーナーでスピン、コースイン側に
クルマを止めた。これを排除するため、41周目にセーフティーカーが入った。
セーフティーカーランは4周に及んだが、あろうことか本山が3コーナーでスピンして
しまい最後尾に落ちてしまう。
この結果、土屋が2位に繰り上がり、3位には16位スタートから着実に順位を上げて
いた#12井出有治(COSMO OIL CERUMO)が上がってきていた。
45周目にリスタート、土屋、井出が果敢に脇阪を追うが、なんとここでも土屋が90度
コーナー立ち上がりでオーバーランしてしまい、井出と#40リチャード・ライアン
(DoCoMo DANDELION)の先行を許してしまう。

結局、このままの順位でレースは終了し、脇阪寿一が今季初、通算4勝目を上げること
となった。
2003年6月8日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
P.-No.Driver-----------Team-------------------Car------------Lap-Time--------
 1 22 脇阪寿一         TEAM 22                Lola B351/無限  55 1:36'53.571
 2 12 井出有治         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  55 -    3.199
 3 40 R.ライアン       DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  55 -     3.874
 4  8 土屋武士         LeMans                 Lola B351/無限  55 -     4.545
 5  5 道上  龍         5ZIGEN                 Lola B351/無限  55 -     7.078
 6  2 A.ロッテラー     PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  55 -     7.364
 7  7 金石年弘         LeMans                 Lola B351/無限  55 -     9.242
 8  4 D.シュワガー     Olympic KONDO          Lola B351/無限  55 -     9.907
 9 19 本山  哲         IMPUL                  Lola B351/無限  55 -    10.602
10  9 黒澤治樹         PLANEX EBBRO NOVA      Lola B351/無限  55 -    27.288
11 41 服部尚貴         DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  55 -  1'12.017
12 10 藤澤哲也         カッチャオ TCPRO NOVA  Lola B351/無限  54 -     1Lap
-----------------------以上 規定周回数完走(規定周回数49)------------------
    3 立川祐路         Olympic KONDO          Lola B351/無限  38 -    17Laps
   11 松田次生         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  37 -    18Laps
    6 福田  良         5ZIGEN                 Lola B351/無限  30 -    25Laps
   20 B.トレルイエ     IMPUL                  Lola B351/無限  21 -    34Laps
 *  1 小暮卓史         PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限         DNS
   28 野田英樹         CARROZZERIA MOHN       Lola B351/無限         DNS
-----------------------------------------------------------------------------
ファステストラップ  #19本山哲  1'39.640(12周目)

ペナルティ
* Car No.1  国際モータースポーツ競技規則付則L項 第4章2項C違反により、厳重戒
             告(始末書提出)とした。
            また、2003年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則書 第30条
             1.1)により、ペナルティポイント3点を課した。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース