Archives

  • [—]2020 (95)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第7戦 ツインリンクもてぎ 決勝


コートニーの追撃をしのぎきったモンティン(Photo:K.Takeshita)

まさに歴史的な勝利。
全日本F3選手権第7戦は、PPからスタートしたパオロ・モンティン(ダラーラ/ニッ
サン)がコートニーの追撃を振り切って今季初優勝を遂げた。
この優勝はニッサンエンジンにとっては実に15年ぶりの勝利である。

フォーミュラニッポンの予選終了後、F3第7戦の14周の戦いがスタートした。
ホールショットはポールシッターの#12パオロ・モンティン。#7コートニーがテール
・トゥ・ノーズで追いすがる。更にその後方で、#36片岡、#1細川が一団となって続
いていく。
オーバーテイクの難しいもてぎでは各ドライバーとも中々順位を上げることが出来
ず、先頭から最後尾までほぼこう着状態のままレースは後半戦に。
9周目のヘアピンでコートニーのインに片岡がノーズをねじ込んでいくが、前に出る
ことは出来なかった。その後も片岡は激しくコートニーを攻めたてるが、コートニー
も必死で逃げる。
今回、コートニーはオーバーテイクのしやすさを意識してか、ウィングを寝かせた
セッティングで決勝に臨んでいた。このため、フロントタイヤの消耗がすすみ、ブ
レーキングが厳しくなっていたのだ。
コートニーと片岡がバトルを繰り広げる中、モンティンは着々とリードを広げてい
き、一度もトップを明け渡さないままフィニッシュ。
2位には何度もオーバーテイクを試みる片岡を抑えきったコートニーがはいった。

今回のスリーボンド・ニッサンSR20VEエンジンの優勝は、1988年9月11日、西仙台
ハイランドでのM.S.サラ(CA18DE)以来である。


2003年6月7日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:曇り/コース:ドライ
-P.-No.-Driver------------------Car------Engine-----------Time-------Gap-----
 1  12  パオロ・モンティン    D F303  NISSAN SR20VE  25'25.163
 2   7  ジェームス・コートニー  D F302   TOYOTA 3S-GE         2.155  2.155
 3  36  片岡龍也                D F302   TOYOTA 3S-GE         2.898  0.743
 4   1  細川慎弥        L-D F106 MUGEN MF204C         5.089  2.191
 5   4  ロニ・クインタレッリ    D F302   TOYOTA 3S-GE        11.340  6.251
 6   3  横溝直輝        D F303   TOYOTA 3S-GE        11.923  0.583
 7  33  吉本大樹        L-D F106 TOYOTA 3S-GE        15.664  3.741
 8  11  柴田裕紀               D F302   MUGEN MF204B        17.043  1.379
 9   2  佐藤晋也         D F302   MUGEN MF204B        18.612  1.569
10  32  番場 琢          L-D F106 TOYOTA 3S-GE        31.368 12.756
11   8  小早川済瑠        D F302   TOYOTA 3S-GE        32.063  0.695
12  18  小川貴広         D F302   TOYOTA 3S-GE        34.406  2.343
13  19  柴田裕吉        D F302   TOYOTA 3S-GE        35.011  0.605

-----------------------------------------------------------------------------

ファステストラップ
#12パオロ・モンティン 1'48.176(8周目)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース