Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第7戦富士公式予選 #50関口が3連続ポール達成!Nクラスは#8野尻がポール

f3_r07_q_50

f3_r07_q_12

f3_r07_q_1

f3_r07_q_8

f3_r07_q_37

f3_r07_q_22

第6戦に続いて行われた全日本F3選手権第7戦の公式予選もポールポジションは#50関口雄飛(B-MAX)。タイムを1分36秒136に上げ、見事3連続ポールを達成した。
Nクラスは#8野尻智紀がトップ。こちらもHFDPが連続ポールを獲得した。

第6戦の公式予選終了から10分間のインターバルをおいて第7戦の公式予選が8時45分より開始された。
ここでも最初にトップに立ったのは#1蒲生尚弥だったが、開始5分過ぎに#12安田裕信が1分36秒404でトップに立つ。これを残り2分のタイミングで関口が打ち破り1分36秒352でトップに浮上するが、安田も次のアタックで1分36秒160までタイムを縮めてきた。
これに対し、関口は残り1分のところで1分36秒136と第6戦のポールタイムをも上回って再びトップに。
これがこのセッションのベストタイムとなり、関口は第5戦から3戦連続でポールポジションからスタートすることとなった。
2位は安田、3位蒲生と、終わってみればトップ3は第6戦と全く同じ顔ぶれとなった。

一方Nクラスは第6戦の#7三浦和樹と同じHFDP勢の#8野尻が1分37秒590とCクラスと遜色のないタイムでポールを獲得。#37中山雄一が2番手と、ルーキー二人がフロントローを占める結果となった。

第7戦決勝は明日朝10時40分より21周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース