Archives

  • [—]2020 (145)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第1戦鈴鹿公式予選 安田が復帰初戦でポール獲得!

f3_r01_q_12

f3_r01_q_5

f3_r01_q_1

f3_r01_q_23

f3_r01_q_8

f3_r01_q_20

フォーミュラニッポンに続いて全日本F3選手権も5月14日、快晴の鈴鹿サーキットで開幕を迎え、第1戦では#12安田裕信(ThreeBond)がポールポジションを獲得した。

今季のF3はCクラス5台、Nクラス7台の計12台となった。
Cクラスには2年ぶりに安田が復帰したほか、Nクラスから蒲生がステップアップ。ドイツF3からやってきたリチャード・ブラッドレーとともにトムスから参戦する。
NクラスにはFCJからチャンピオンの中山雄一と野尻智紀がステップアップしており、今シーズンも見どころは尽きない。

そんな中、第1戦の公式予選は午前9時50分より15分間で行われた。
最初にトップに立ったのはブラッドレー。しかし2周目のアタックで昨シーズン中盤から参戦している#5山内英輝が1分54秒825でトップに。これを安田が3周目のアタックで上回って1分54秒559でトップに立った。
蒲生も4周目のアタックで1分55秒046までタイムをあげて3番手に食い込んできた。

Nクラスは#23千代勝正と#8野尻がトップ争いを展開、ここでは千代に軍配が上がった。
FCJ王者の中山は4番手に終わっている。

第1戦決勝はこのあと午後3時05分より12周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース