Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTC_Rd.3:仙台 決勝レースレポート

        '98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round3
             ハイランドGT選手権レース大会

       NSXまたしても速さを結果に結び付けられず
      ペンズオイル・ニスモGTRが開幕戦に続き連勝!

 梅雨の合間、蒸し暑さも風のおかげで和らいでいる。6月28日、全日本GT
選手権は仙台で第3戦を迎えた。といっても前戦富士はアクシデント、悪天候の
末中止となっており実質は2戦目。
 今季開幕から優勝候補筆頭となっているものの、開幕戦の鈴鹿では惜敗したN
SXがテクニカルな仙台ハイランドで念願の初優勝を遂げるのか。それともスカ
イライン、スープラがそれにストップをかけるのか注目された。
 また、混戦のGT300では強豪を抑えて#15ザナヴィシルビアがPPを奪取
しており、こちらの戦いも見逃せない。

 予定どおり午後2時10分。ゆっくりとしたペースから1周のローリングの後
スタート。#16NSX、#23GTR、#5スープラと予選順に1コーナーをクリ
ア。

1周目 最終コーナー、5位走行の#18NSXスピン、再スタート。
4周目 最終コーナー、GT300クラストップの#15シルビアを#7RX7がかわ
    しトップへ。#15シルビアは5周目さらに順位を落とす。
5周目 #38スープラ、#64NSX、#100NSX、#50GTR……と続く7位
    集団の争いが熾烈だ。7周目、この集団から2台のNSXが抜け出す。

12周目  トップ快走中の#16NSXがスロー走行、ピットイン。そのままガレー
    ジへ。#64NSXもピットイン。両車とも駆動系のトラブルの模様。早
    くもNSX勢に暗雲が垂れ込める。
16周目 #50GTR、ペナルティのピットイン(不正スタート)。
17周目  #100NSXの追い上げが激しい。前車を次々に抜き現在4位。
19周目  #100NSX、#2GTR抜き3位へ。
20周目 トップ#23GTRは2位#5スープラを17秒引き離し連勝へ向け快走。
    しかし、#100NSXがトップをラップ1秒以上上回るペースで追い上
    げている。

●20周目順位
 No.Cls--Car----------------------Drivers----------
 23 500  ペンズオイル・ニスモGT-R コマス/影山正美  
  5 500  5ZIGEN SUPRA             グーセン/桧井    
100 500  RAYBRIG NSX              高橋国光/飯田    
  2 500  ZEXELスカイライン        亜久里/影山正彦  
 39 500  デンソーサードスープラGT 土屋圭市/谷川    
 12 500  カルソニックスカイライン 星野一義/黒澤    
  3 500  ユニシアJECSスカイライン 長谷見/田中      
 36 500  カストロールTOM'Sスープラ関谷/フォンタナ  
 37 500  カストロールTOM'Sスープラ鈴木利男/バート  
  6 500  ESSO Tiger Supra         ラファネル/高木  
 38 500  FK/マッシモセルモスープラ竹内/野田        
---------------------------------------------------
 25 300  つちやMR2                鈴木恵一/舘     
  7 300  RE雨宮マツモトキヨシRX7  山路/松本       
 81 300  ダイシンシルビア         福山/大八木     
 44 300  アペックスDLモモコルセMR2新田/水野       
 15 300  ザナヴィシルビア         近藤/青木       
---------------------------------------------------

23周目  #100NSX、#5スープラ抜き2位へ。トップとの差21秒。
25周目  #23GTRと#100NSXの差16秒。
26周目  序盤の遅れを挽回して10位走行中の#18NSX、コントロール失いクラッ
    シュ。ダメージひどくその場でリタイア。
27周目  ルーティンのピットインが始まる。まずは#12GTR。
28周目  #23GTRと#100NSXの差13秒。
29周目  #23GTRのペースが落ち、#100NSXの差8秒
30周目  #23GTRと#100NSXの差5秒。追いつくのは時間の問題だ。
    #2GTRと#39スープラの3位争いが激しい。
33周目  #100NSXついに#23GTRのテールにつくと、あっさりと抜き去りト
    ップへ。ラップタイム差3秒では抑えきれない。
    3位#2GTRピットイン(ルーティン)。正彦から亜久里へ。
35周目  2位#23GTRピットイン(ルーティン)。コマスから正美へ。
36周目  3位#6スープラ、ピットイン。しかし、コースに戻った途端に他車と
    接触しスピン。大きく遅れる。
40周目 トップ#100NSXようやくピットイン。飯田から国光へ。ピット作業に
    手間取り。#23GTRの先行を許す。

●40周目順位
 No.Cls--Car----------------------Drivers----------
100 500  RAYBRIG NSX              高橋国光/飯田    
 23 500  ペンズオイル・ニスモGT-R コマス/影山正美  
  2 500  ZEXELスカイライン        亜久里/影山正彦  
 36 500  カストロールTOM'Sスープラ関谷/フォンタナ  
 39 500  デンソーサードスープラGT 土屋圭市/谷川    
  3 500  ユニシアJECSスカイライン 長谷見/田中      
 12 500  カルソニックスカイライン 星野一義/黒澤    
  5 500  5ZIGEN SUPRA             グーセン/桧井    
 37 500  カストロールTOM'Sスープラ鈴木利男/バート  
 50 500  ARTAスカイライン         本山/土屋武士    
---------------------------------------------------
 25 300  つちやMR2                鈴木恵一/舘     
 44 300  アペックスDLモモコルセMR2新田/水野       
 15 300  ザナヴィシルビア         近藤/青木       
  7 300  RE雨宮マツモトキヨシRX7  山路/松本       
 91 300  コーセイ&バ-ディクラブMR2松永/藤原        
---------------------------------------------------

41周目 #3GTRが他車(#12?)と接触してコースオフ。コース復帰に手間
    取るがどうにかピットに戻る。
45周目  1コーナー。2位#100NSXと#6スープラが絡んでコースアウト。
    かなり激しく当たったため、2台共その場でリタイア。
    どうやら国さんのミスらしく、車を降りて高木に謝っている。
    これでNSXの優勝は次戦以降に持ち越しとなった。
47周目  5位#12GTRがペナルティのピットイン(プッシング)。
50周目  順位GT500(TOP10) #23-#2-#36-#39-#12-#5-#37-#50-#88-#30
            GT300(TOP 5) #25-#15-#7-#910-#44
        トップ#23GTRは連勝へ向け独走態勢を固めつつある。
51周目  #50GTR、#37スープラ抜いて7位へ。
53周目  #50GTR、GT300の#91MR2を抜こうとして接触。コースオフして
    ガードレールに接触。リタイア。
56周目  GT300の2位#15シルビア、他車と接触したらしく右フロントを傷めて
        タイヤと干渉している。
57周目  #36スープラと#39スープラの3位争いが激しい。#39(谷川)が盛ん
    に仕掛けるが#36(フォンタナ)も巧みにブロック。

●フィニッシュ(63周目)順位(TOP15)
 No.Cls--Car----------------------Drivers----------
 23 500  ペンズオイル・ニスモGT-R コマス/影山正美  
  2 500  ZEXELスカイライン        亜久里/影山正彦  
 36 500  カストロールTOM'Sスープラ関谷/フォンタナ  
 39 500  デンソーサードスープラGT 土屋圭市/谷川    
 12 500  カルソニックスカイライン 星野一義/黒澤    
 37 500  カストロールTOM'Sスープラ鈴木利男/バート  
  5 500  5ZIGEN SUPRA             グーセン/桧井    
 30 500  綜警 PORSCHE             山田/岡田        
 88 500  ディアブロGT-1           和田久/古谷      
 25 300  つちやMR2                鈴木恵一/舘     
 15 300  ザナヴィシルビア         近藤/青木       
  7 300  RE雨宮マツモトキヨシRX7  山路/松本       
910 300  ナインテンポルシェ       余郷/小林        
 21 300  ダンロップ-BP-BMW        一ッ山/加藤      
 44 300  アペックスDLモモコルセMR2新田/水野       
---------------------------------------------------

 安定した速さを保った#23GTRが開幕戦鈴鹿に続き連勝。
 GT300クラスも#25MR2が連勝。

(結果は暫定。レポート中の周回数はトップのものです)

                          *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース