Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN:第1戦富士決勝 松田が独走状態でポール・トゥ・ウィン!

4月6日、富士スピードウェイで開催された2008年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第1戦の決勝は、 ポールポジションからスタートした#1松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)が後方の混乱をよそに終始独走状態で65周を走りきり、1年8ヶ月ぶりの優勝をもぎ取った。
2位には#48立川祐路(CERUMO/INGING)。こちらは実に6年5ヶ月ぶりの表彰台となった。 3位にはルーキーの#67ロベルト・ストレイト(STONEMARKET・BLAAK CERUMO/INGING)が入った。

(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数19,500人)

fn_r01_r_matsuda

fn_r01_r_tachikawa

fn_r01_r_streit

fn_r01_r_matsuda2

fn_r01_r_matsuda3

決勝レースは午後2時30分スタート。
セカンドグリッドのルーキー、#56伊沢拓也が好ダッシュを決めてトップで1コーナーに飛び込むが、 ポールスタートの松田は冷静に伊沢のライン取りを読み、立ち上がりでラインをクラスさせてトップを奪い返した。
3番手には同じくルーキーの#67ロベルト・ストレイト、4番手にはスタート上手の#36アンドレ・ロッテラーが上がってきた。 朝のフリー走行で好調だった#3横溝直輝も#31ロイック・デュバルを抜いて5位。 抜かれたデュバルは2周目に順位挽回を図ろうと目論んだが、逆にダンロップコーナーでオーバーランを喫し、大きく順位を落とす。

ロッテラーはすぐにストレイトを捉え、11周目には遂に伊沢をも攻略して2位に浮上してきた。横溝もすぐに伊沢の背後に迫ってきた。
その後方では、予選で振るわなかった#7本山哲や#32小暮卓史、#2ブノワ・トレルイエといった実力派も着実に順位を上げていく。

ところがここで、今季から採用されたパドルシフトのトラブルが彼らを見舞う。
まず15周目に横溝がスローダウン。そのままガレージに突っ込んで修復作業に入ると、18周目には本山、 そして24周目には2位ロッテラーまでもがミッショントラブルでレースを失うこととなった。

こうした波乱の中、立川、クインタレッリ、小暮、トレルイエらは次第に順位を上げていく。立川は37周終わりでストレイトを捉え、 そのまま38周目の1コーナーまでにパス。更に伊沢をも39周目の1コーナーで同じように抜き去った。
丁度38周終わりでトップの松田がピットストップを行ったため、立川はここで暫定トップに立った。
伊沢も39周終わりでピットイン。既に9周目にタイヤ交換のためにピット作業を済ませていたデュバルのすぐうしろでコースに戻った。

40周終わりでストレイト、小暮も相次いでピットへ。
ここで短時間で作業を済ませた小暮はデュバルの前でピットアウト。
冷えたタイヤでペースの上がらない小暮にデュバルは盛んに仕掛けていくが、小暮も巧みに押さえ込んでいく。
そのため、痺れを切らしたデュバルはダンロップコーナー入口でブレーキを我慢しすぎてオーバーラン。 ところがこれを回避しようとラインを変えた小暮に伊沢が追突、拳を振り上げて怒りを露にする小暮だったが、 競技団の判定はレースアクシデント。
ここで初表彰台の夢を断たれた伊沢に比べれば、順位を落としつつもレースに戻った小暮やデュバルのほうがまだ幸運だったかもしれない。

ピットストップを思い切り引っ張る作戦に出た暫定トップの立川は48周終わりでピットイン。これによりトップは再び松田のものに。
立川はストレイトの後ろ、3位でコースに復帰した。

後方の混乱をよそに序盤からハイペースで飛ばし続けた松田はこの時点で既に2位ストレイトに40秒以上のマージンを築いていたが、 53周目に僚友のストレイトを攻略した立川がここからファステストを連発しはじめる。
Q2で予選を終えた立川には温存されていたニュータイヤがもう1セット存在したのだ。

次第に松田との差を詰めていく立川だったが、10周あまりという残り周回数では、このギャップをどうすることもできず、 そのまま松田1位、立川2位で65周をフィニッシュするしかなかった。3位はルーキーのストレイト。 2位の見えていた状況では手放しで喜べないかもしれないが、デビュー戦としては上出来でもある。

昨年シリーズタイトルを獲得しながらも、遂に1勝も上げることのできなかった松田だが、 2008年は開幕戦で見事な圧勝劇を見せてくれた。これは彼にとって2008年8月のオートポリス以来、1年8ヶ月ぶりの勝利、 通算3勝目だ。
2位立川も久々の表彰台。こちらは2001年11月の鈴鹿以来、実に6年5ヶ月以来の表彰台となった。

第2戦決勝は5月11日、鈴鹿サーキットにておこなわれる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース