Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

全日本F3第20戦もてぎ決勝 上位3人のコメント

051023_10

パオロ・モンティン(優勝)
すごく嬉しいよ。スタートで正しいラインを通ったのが決め手だったね。グリッドがアウト側だったのもラッキーだったけど、アウト側の乾いたところを選んで走り、トップに立ったんだけど、1コーナーの立ち上がりでナオキに抜かれてしまったんだ。それからはナオキがミスするのをじっと待って、バックストレートで前に出たんだ。セーフティーカーが外れてからはハードにプッシュしたけど、JPもムトウもすごく速かったから、ポジションをキープするのは大変だったよ。

ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(2位)
昨日の記者会見で『次は楽しんでレースをする』って言ったけど、実際楽しめたよ。多くのクルマをパスできたし、ハードに攻めることもできたからね。
ムトウとチームメイトのイケダを抜くのは大変だったけど、リスクを犯さないように気をつけて走り、なんとか抜くことが出来たよ。
最後の5周はどんどんラップタイムがあがっていくのが判ったので、モンティンに近づくことが出来たけど、近づくのと抜くのはまた別の話で、抜くことは出来なかったね。

武藤英紀(3位)
スタートはいつもどおりで決して悪くなかったんですが、1コーナーでいきすぎてしまって、横溝選手に抜かれてしまいました。濡れた路面ではコントロールに苦労しましたが、乾いてからは自分の走りができました。
今後の課題がたくさん見つかったレースでした。
クルマはバランスが取れていたので、1コーナーさえミスしなければ、逃げ切って勝てたかもしれませんね。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース