Archives

  • [—]2020 (36)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula DREAM

Fドリーム第2戦鈴鹿レポート 武藤、雨の鈴鹿を制す!


初めての鈴鹿で優勝した武藤英紀 (Photo:FDO)


    
武藤英紀、雨の鈴鹿を制す。ポールポジションの柴田はリタイア。
 シリーズ第2戦、昭和シェル石油 アワードレースは、前夜から降り始めた雨の下で 行われた。鈴鹿では、2000年シリーズ第5戦のウォームアップ以来約2年ぶり、参加選 手にとっては初めてのウェットコンディション走行である。  ポールポジションから柴田裕紀が好ダッシュ。これに武藤英紀、高崎保浩、山崎信 介、大瀧賢治らが続く。後方集団では阿部翼がスタート直後に雨に足をすくわれコー スアウトするハプニングもあったが、残る12台は、ほぼ順調に1コーナーを立ち上 がっていった。 デグナーカーブのアプローチで3番手につけた高崎が姿勢を崩しコースオフ、その後2 周目の2コーナーでは首位を走る柴田がオーバーランでそれぞれ順位を落とし、レー スは首位の武藤と2位の大瀧が引っ張る形で進んだ。  武藤と大瀧は、ベストラップを書き換えながら一進一退の接近戦を続けた。しかし 武藤の背後に迫った大瀧は10周目のデグナーでオーバーランして遅れたため、武藤は 残りのレースを危なげなくまとめ、チェッカー旗を受けた。レース後半の軸となった のは、山崎と岡本章平の間で繰り広げられた3位争いだった。2台は最終ラップまで激 しく争ったが、何とか逃げ切った山崎が、初めての表彰台に上がることとなった。 Report : FDO 詳しくは公式サイトで http://www.f-dream.gr.jp/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース