Archives

  • [—]2020 (2)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula DREAM

Fドリーム第1戦鈴鹿レポート 柴田まず1勝!


開幕戦で入賞した柴田、高崎、武藤。(Photo:FDO)

         
柴田裕紀、まず1勝目。2002年度FDは激戦の予感。
 曇天ながら気温18℃/路面温度21℃と上々のコンディションの中、午後1時ちょう どに第1戦 リゲイン アワードレースがスタート、11周に渡って熱戦が繰り広げられ た。  開幕前のテストで、常に好タイムをマークしていた柴田裕紀がポールポジションか ら好ダッシュ、以後もハイペースで独走して見事なポール・ツー・ウィンを飾った。 2番手争いは、予選2、3番手の武藤英紀と高崎保浩の間で繰り広げられた。武藤のミ スに乗じて高崎が2位に進出、その後接近戦を繰り広げた2人だが、順位は最後まで変 わることなく、チェッカーが振り下ろされた。  激しい2位争いの後方でも、格闘が展開した。中でも光っていたのが6番手スタート の阿部翼。スタートこそグリッド順だったが3周目の130Rでインから岡本章平を下 し、さらに猛チャージを掛けて7周目にはやはり130Rでインから大瀧賢治を抜き去っ て4位に入賞、柴田とともに2分06秒台の自己ベストタイムをマークして気を吐いてい た。7番手以降でも予選10位の平出英敏がグリッド10番手から8位へ進出したのを軸に 好バトルが相次いだ。今回のレースでは全車が大きな問題を起こすことなく、首位の 柴田から13位の平野亮二までの差わずか36秒236で完走した。2002FDでは、例年以上 の熱戦が期待できそうだ。 Report : FDO 詳しくは公式サイトで http://www.f-dream.gr.jp/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース