Archives

  • [—]2020 (99)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第6戦 TIスーパーF3レース 決勝


スリックに賭け今季2勝目のクインタレッリ (Photo: K.Asakura)

 明けて翌9日、予報どおり夜半から降り始めた雨は、TIサーキットの路面を濡らしたが、しかしその雨も正午前にはやんだ。特別に設けられたフリー走行が終わった午後3時前の段階では、依然として路面はウエットコンデッション、加えてサーキットには霧も出てきた。この微妙な状況のなかでスリックタイヤを選択したのは、横溝直輝、ロニー・クインタレッリ、ファビオ・カルボーン、リチャード・アンティヌッチ、磯崎元彦の5名。残りのドライバーは、今シーズンから投入されたブロック剛性が高くてドライに近い感覚で走れるといわれるブリヂストンの新スペックのレインタイヤを履いてレースに臨む。

 スタートで飛び出したのはポールスタートのファオ・パオロ・デ・オリベイラ。予選2位のアンティヌッチは同3位のクインタレッリにかわされ3位に。レインタイヤのオリベイラは、後続を引き離しにかかる。スリックを履くアンティヌッチは2周目に山本左近に、3周目には池田大祐にもかわされ5位まで落ちた。池田は予選9位からの大躍進で4位まで上がってきた。

 逃げて2位以下とのマージンを稼ぎたいオリベイラだが、2位クインタレッリとの差が開かない。「フリー走行ではレインタイヤのほうがタイムが良かったが、レース後半スリックのほうが速くなると思った」というクインタレッリの思惑通りその差を徐々に詰められることになる。一時3秒近くあった差は、7周を終わってついに1秒を切った。10周目のバックストレッチでオリベイラの背後につけたクインタレッリはヘアピンで並びかけ、ついにリボルバーコーナーで前に出た。

 一方、5位まで後退したアンティヌッチも路面の状況が良くなると前車への追撃を開始。8周目から9周目にかけて池田と山本を相次いで抜きポジションを3位まで回復。一時は10秒近くあった2位に落ちたオリベイラとの差をこの時点でのファステストラップを連発しながらその差を縮め始めた。しかし17周目オリベイラとの差を2秒近くまで縮めたところで勢い余ってアットウッドカーブでコースアウト。コースに復帰するも池田にかわされ4位に落ちた。

 結局、優勝したのは2位以下を10秒近く離したロニー・クインタレッリで今季2勝目。レインタイヤで苦戦したが「自分の力は出せたので結果には満足している」というファオ・パオロ・デ・オリベイラが2位。3位は「予選順位は悪かったけど、全力でプッシュし続けた」という池田大祐。予選9位からの大健闘でF3初表彰台だ。4位は出入りの激しいレースを演じたリチャード・アンティヌッチ、5位に一時は3位まで上がった山本左近。6位に後半、小早川済瑠の追撃をかろうじてかわした中嶋一貴が入った。

2004年5月9日 TIサーキット英田(岡山県) 決勝 天候:曇り/コース:ウェット
TIスーパーF3レース -RIJ- (2004/05/09) Race Results Weather:Cloudy Course:Wet
All Japan F3 Championship Round 6 TIサーキット英田 3.703 km
PNoDriverCarEngineLapTime
14ロニー・クインタレッリDALLARA F3023S-GE2540'26.667+
210ファオ・パオロ・デ・オリベイラLOLA-DOME F106/03M-TEC204C259.264
333池田 大祐LOLA-DOME F106/033S-GE2517.991
41リチャード・アンティヌッチDALLARA F3043S-GE2519.847
57山本 左近DALLARA F3043S-GE2530.859
68中嶋 一貴DALLARA F3043S-GE2541.461
732小早川 済瑠LOLA-DOME F106/033S-GE2541.842
819柴田 裕吉DALLARA F3023S-GE2558.195
93横溝 直輝DALLARA F3033S-GE2559.328
1036番場 琢DALLARA F3043S-GE251'02.125
1114柳田 真孝DALLARA F302SR20VE251'10.631
1250磯崎 元彦DALLARA F3043S-GE241 Lap 
-------- < 以上完走 > --------
-12ファビオ・カルボーンDALLARA F303SR20VE124 Laps
-2武藤 英紀DALLARA F304M-TEC204C失格


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース