Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン第6戦 SUGO 決勝


トップフォーミュラの名に恥じない名勝負。激しく、そしてフェアな戦いだった。(Photo:K.Takeshita)

悪天候で土曜の予選がキャンセルされ、第2戦富士と同様に急遽ワンデーレースとして
開催された全日本選手権フォーミュラニッポン第6戦スポーツランドSUGOは、予選2番手
からスタートした#19本山哲が先行する#2アンドレ・ロッテラーを熾烈なサイドバイサイド
の末に攻略し、今季4勝目を飾った。
2位にはロッテラー、3位には#22脇阪寿一が#20ブノワ・トレルイエの猛追をしのいで入った。

スタートではロッテラーが無難に抑え切ってホールショット。
以下、#19本山、#11松田次生、#20ブノワ・トレルイエが続く。
後方では#8土屋武士が#1小暮卓史と接触してコースアウト。すぐにコースに復帰する
が大きく順位を落とす。また、野田英樹がストールして最後尾に。

本山は激しくロッテラーを追いたてるが、中々前に出ることが出来ないでいる。
その後方では松田、トレルイエ、ライアンの3台が三つ巴の戦いをしているが、徐々に
ライアンは引き離されていき、脇阪、小暮の集団に飲み込まれてしまう。

10周目辺りから中団グループのピットストップが始まるが、トップを争う2台のうちで
最初に動いたのは本山で、19周目のことだった。アウトラップから一気にペースアップ
して主導権を握りたい本山だったが、目の前には野田と#10五十嵐勇大が立ちはだかり、
思うようにペースを上げることが出来ない。続いて20周目にロッテラーが入り、テール
エンダー2台を挟んで本山の前でピットアウト。
しかし本山も諦めずに追い上げ、再びテールトゥノーズの状態に持ち込む。
そして35周目。レースが動いた。
ピットストップを引き伸ばしてトップに立った土屋に、追いついてきたロッテラーと
本山が3台並走の状態で1コーナーへアプローチ!ブレーキングで土屋は引いたが、
ロッテラーと本山は並んだまま2コーナーを立ち上がっていく。ロッテラーがイン、
本山はアウトだが、次の3コーナーでは本山がインになる。そして3コーナー進入で本山
が目論見どおりトップを奪い、そのまま勢いに乗ってロッテラーを引き離しにかかる。

本山は最終的にはこの差を12秒4まで引き離して、今季4勝目を上げ、シリーズポイント
を40として後半戦を折り返すこととなった。

2位ロッテラーの後方では、脇阪とトレルイエの息詰まるバトルが展開されたが、71周目
のS字手前でトレルイエが痛恨のハーフスピンを犯して決着した。

2003年7月27日 スポーツランドSUGO(宮城県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
P- No- Driver--------------- Team-------------Lap-Goal Time---BestTime
 1 19  本山 哲              IMPUL             72 1:32'00.930 1'14.840
 2  2  アンドレ・ロッテラー  PIAA NAKAJIMA     72 -    12.421 1'15.469
 3 22  脇阪 寿一            TEAM 22           72 -    52.932 1'15.748
 4 20  ブノワ・トレルイエ    IMPUL             72 -    55.286 1'15.378
 5 40  リチャード・ライアン  DoCoMo DANDELION  72 -    58.398 1'15.649
 6 11  松田 次生            COSMO OIL CERUMO  72 -    59.021 1'15.857
 7  8  土屋 武士            LeMans            72 -  1'00.017 1'14.872
 8  7  金石 年弘            LeMans            72 -  1'04.017 1'15.700
 9 41  服部 尚貴            DoCoMo DANDELION  72 -  1'04.997 1'15.943
10 12  井出 有冶            COSMO OIL CERUMO  72 -  1'13.386 1'16.019
11  4  ドミニク・シュワガー  Olympic KONDO     71 -     1Lap  1'15.896
12 10  五十嵐勇大            TEAM NOVA         71 -     1Lap  1'16.729
-----------------------------以上完走---------------------------------
    5  道上 龍              5ZIGEN            59 -    13Laps 1'15.743
    3  立川 祐路            Olympic KONDO     54 -    18Laps 1'15.930
   28  野田 英樹            CARROZZERIA MOHN  47 -    25Laps 1'15.742
    1  小暮 卓史            PIAA NAKAJIMA     34 -    38Laps 1'15.690
    9  黒澤 治樹            PLANEX EBBRO NOVA 28 -    44Laps 1'16.564
----------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #19 本山 哲 IMPUL  1'14.840  24/72Lap

シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース